脱走防止柵

 里親としていなりを引き取るにあたって、保護されているぽちさんからの条件のひとつとして「完全室内飼育で、窓などに脱走防止対策を施すこと」と言われていた。
 それについては全く異議無し。我家はマンションの二階なので、室内飼いにせざるを得ない所もある。ぽちさんとしても、いなりに平和で幸せに暮らして欲しいという願いゆえの条件であろうし。

 ぽちさんのお宅にお見合いに伺った時に教えてもらった物は、「百円ショップで売っているワイヤーネットなどで簡単に対策ができる」との事なので、もう少し仰々しい「脱走防止柵」を想像していた俺は、まず一安心(笑)。
 そんな訳で、いなりが引越してくる前に、脱走防止対策を実行。俺は工作は得意なのだ、任せておきたまえ!(笑)。

 いなり——になる前の仮名・ニム——とのお見合いの帰りに、さっそく百円ショップに寄って、材料を物色。しかし、その店には、ぽちさん宅で見たようなワイヤーネットは売っていなかった。
 なにか代用できそうなのは……と、見つけたのが、バーベキュー用の網。30センチ×50センチと大判の物。これを縦横に2枚ずつの都合4枚を結束バンドでつなげて、高さ約95センチ×幅60センチの、真ん中で折畳める柵を作った。足はブックスタンド。それを1箇所。ここは人間が出入りするため、移動できるようにした。
121029_inari_1
 通常は少ししか開けない他の2箇所の窓には、横1枚で幅30センチの物を。ここは高窓で人間の出入りがないので、固定してしまった。
121029_inari_2

 さて、そのいなり。
 昨夜は一度立てこもりから出て来て、いつも俺が座っているソファの隣にやってきた。喉や頬を撫でてやると、ゴロゴロスリスリしてきたよ。かわいい!
121029_inari_3
121029_inari_4
 でも、今日、仕事から帰宅したら、また、パソコンデスク下のラックの奥に潜んでいた。
121029_inari_5
 それでも、撫でるとスリスリするんだけどねぇ(笑)。

 いやぁ、いなりはホント、かわいいよ。

コードレス電話機

 家の固定電話用の電話機が壊れたようなので、新しいのを購入。
 家電《いえでん》はほとんど使わないので、子機がコードレスで簡単な留守電機能さえあれば、高機能のものはいらない。
 って事でAmazonで探して見つけたのが、これ。Uniden デジタルコードレス留守番電話 メタリックレッド UCT-002(R)。

Uniden デジタルコードレス留守番電話 メタリックレッド UCT-002(R)
B000LF0D88

 届いた箱を空けて、まず「小さっ!」と思った。
 親機は留守録再生を聴くことはできるが、通話機能はない。つーか、それ以外の機能は解くにない。ただの充電台みたいなもんだ(笑)。
 今まで使っていた電話機のコードレス子機は、普通の受話器みたいな形状だったが(そういうのが大半だろうけども)、これは、小さくて、見た目は昔の携帯電話みたい。

 キッチンカウンターの隅に置こうと思ったで、小さいのを選んだのだが、よくよく考えたら、我家の固定電話はNTTではなくインターネットプロバイダのIP電話なので、設置場所が限られる。プロバイダからのレンタルであるIP電話対応ターミナルアダプタに電話機を繋がないといけないからね。
 結局、夫婦寝室として使っている和室に親機を置いて、当然そこで充電。充電が完了した子機をキッチンカウンターに置くということにした。ちょっと面倒くさいけど、充電台に置きっ放しよりはバッテリーへの悪影響がないだろうし、これでいく。ニッケル水素充電池で、満充電まで15〜20時間かかるってのも、なんか昔の家電品みたいだな(笑)。

 色はレッドを選んだが、Amazonの写真より実物の方が渋くていい感じ。

 しかし、デジタルコードレス電話機が5千円弱で買えるとは、凄い時代になったもんだ。
 安かったので3年も使えればいいかなと思っている。

スタイラスペンを自作(改定追補版)

 7月に書いたiPad用スタイラスペンの自作に関する記事。その後、もっと簡単かつ導電スポンジの切れ端ロスも少ない方法で作っているので、遅ればせながら、それを紹介する。

iPadスタイラスペン自作
 材料は、導電スポンジ、鉛筆補助軸、綿棒、銅線(今回は0.2ミリを使用)。

iPadスタイラスペン自作
 導電スポンジを、1センチ×5センチに切り出す。ペン1本あたりにこれを2枚使う。

iPadスタイラスペン自作
 導電スポンジ2枚を、十字に重ね、中央部分を平につぶす。

iPadスタイラスペン自作
 それを綿棒の一方の先に包むように装着、端に銅線を巻いて固定。これはペン軸に詰め込む時に端が開かないように固定するためなので、輪ゴムでもセロテープでもいい。ただし、導電スポンジとペン軸の接触面積が大きい方が指の電気をデバイスに通しやすくなるので、セロテープを大きく巻くのはよくない。

iPadスタイラスペン自作
 上記をペン軸に詰めて、口の金具を締めて出来上がり。

 どうだろう。前回の方法よりもだいぶ簡単でしょ?

RGガンダム素組完了

 約1ヶ月もかかったが(笑)、RGガンダムの素組が完了。
 全身にメラミンスポンジをかけて、墨入れを施した。
(写真はクリックで拡大表示)

RGガンダム

 シールはどうしようかな。1/144にあれだけ大量にシールを貼るのは、あまり格好良いとは思えず好きじゃない。小スケールの全身に大量にマーキングがあってもうるさいだけ。同じ理由で、初期のハイコンプロも嫌いでザク以外は買わなかった(笑)。

 このRGガンダムは、お台場から静岡へ行った例の「1/1ガンダム」の模型、つまりガンプラ初のスケールモデル(笑)ではあるわけだ。
 実寸大の18メートルなら見上げる格好になるので、このバランスはあり。実際、お台場で見た時は、感動したものだ(笑)。しかし、こうして1/144になると、足先が小さくて頭やランドセルが大きいと感じてしまう。
 たぶん、そういう意見もあることは想定の上で、あえて「1/1ガンダムの模型」にしたんだろうけど。

 それと、指の第二関節まで動く可動手首と動かない握り手がついてるけど、はっきりいってこの可動手首はいらん。扱いにくい。ビームライフルを握った状態の指がすげーかっちょわるいんだけど……。
 ライフル持つ用の固定手首もつけてほしかった。
 本体の意匠は素晴らしいだけに、残念だね。

 次回のシャアザクには期待してるよ、バンダイさん。

FC2ブログ投稿用iPhoneアプリを試してみる

 FC2公式の、記事投稿用iPhoneアプリがリリースされていたので、試験投稿。
 メールによるモブログ投稿だと、本文の変な所で改行されたりしたが、それがなくなるだけでも嬉しい。
 さらに、写真の挿入位置も自由になる。(本文にimgタグが挿入されるので、コピペで好きな位置に移動できる)

 投稿(公開)日時が指定できるのもいいね。
 あとは、タグも付けられるとなおいいな。

 追記。あー、写真のサイズは固定でサムネイルなしなのかな。
 モグログ設定と共通のサムネイルサイズに反映して欲しいところだな。

通常の8倍

 iPhone 3G/3GS用カメラキット「PIP-CK1シリーズ」新発売

 プリンストンから、iPhone用の光学8倍ズームレンズが発売される。

「PIP-CK1シリーズ」は、iPhone 3G/3GS搭載のカメラで光学8倍ズーム撮影や三脚で固定しての撮影が可能になる望遠レンズキットです。
本キット付属のiPhone 3G/3GS用ケースには、ズームレンズを取り付ける事が出来るレンズ穴が装備されており、ズームレンズを簡単に脱着することができます。ズームレンズは、フォーカスリングをまわしてピントを調整するだけで、標準では撮影ができなかった遠景を撮影する事が可能です。
小型アルミ製三脚と固定用ホルダーも付属しており、iPhone 3G/3GSを平坦な場所に設置して集合写真や夜景を撮影することも可能です。また、様々なカメラアプリケーションと組み合わせる事で、撮影できる幅がさらに広がります。

 これだけのパーツがついているキットが、実売3980円ってのが、どうなのかね。安っぽいかもしれない。でも、安いんだからしかたがない。まぁ、プリンストンなら、iPod/iPhone用の周辺機器をたくさんリリースしていて定評があるし、大丈夫だとは思う。
 こういうバカな周辺機器って、大好き。欲しい。

転送不要

 引越に伴い、Bフレッツ及びOCNを解約。それより数年前に固定電話も解約しているので、NTT関連とはスッパリ契約がなくなった。
 でも、未だにNTTコミュニケーションズからメールが来るんだよね。以前のOCNの時のメールアカウント宛で、それがGmailアカウントに転送されて。
 メルマガの類いは、もしかして自分で購読登録したのかもしれない。でも、解除できないのよ。OCNメールアカウントでログインして解除しなきゃいけないんだけど、そのアカウントなんて既に無いし。
 なんか解約後90日間はOCNメールアドレス宛のを、指定した別アドレスへ転送してくれるらしいので、解約前に一応それを設定した。でも、なんかスパムメールとNTTからの広告メールしかこないから、転送設定しなくてもよかったと、ちょっと後悔している。
 まぁ、あと1ヶ月で転送処理終了だよね。我慢するか。

iPhoneのためのフォトログサービス

 まだ、FC2ブログではiPhoneからの写真添付モブログがうまく投稿できない状態が続いている。
 その代替という訳ではないが、iPhoneで楽しめる写真投稿コミニュケーションサービスを試してみた。

 Big Canvas PhotoShare は、いわゆるフォトログサービス。無料のユーザー登録をすれば、準備完了。ユーザー登録はパソコンからでもiPhoneからでも可能だが、画像投稿はiPhoneからのみのようだ。
 iPhone用のアプリは、アップルのAppStore経由で無料配布されているので、iTunesStoreにアクセスして入手する。
 iPhoneでPhotoShareアプリを起動し、右下のカメラアイコンをタップすると撮影モードになるので、その場で撮影、投稿できる。写真のサイズは、360*480固定。横向きで撮影しても、ちゃんと判別して横型画像として登録される。
 写真には、ユーザー同士でコメントがつけられる。決して多機能じゃないけど、必要十分という感じ。
 まだヘルプも整備されてなくて、保存容量とか、月当たりのアップロード上限とかが分からず、ちょっと怪しいけども(笑)、いやぁ、楽しい。
 iPhoneのカメラって、正直いって最近のケータイに比べるとしょぼいけど、そんな事を忘れて、気軽にスナップ撮影してサクサク投稿するのが、楽しい。
 基本的には参加者がみなiPhoneユーザーってのも、いいよね。

 PhotoShareは確かに楽しいしオススメではあるが、しかし、「統合整備計画」に反するのは本意ではないので、できれば、ここFC2ブログにモブログしたいのはもちろんだ。早くiPhoneからのモブログが正常にできるようにしてください、FC2さん。

作るかい?

 出荷日早々に、仕事が忙しいにもかかわらず残業1時間で退社し買っておいた、HGUCサザビー(1/144サザビーHG)。
 それをパチ組みしてみた。

HGUCサザビー
 プロポーションや色分けもさることながら、何この組みやすさ!
 巧妙なパーツ割りで合わせ目消しの必要が不要。さらに、ほとんどのゲート切断跡は組み立て後には目立たない部分にある。それでもいくつかある目立つ部分のゲート跡も、広い凸面にあるので、ヤスリ掛けも簡単(コスト削減のためか、最近のガンプラはランナーやゲートが細くなってるから、なおさら簡単かと)。
 各ブロック、組み立て後に取り外し可能で、いわゆる「後ハメ可」。当然スナップフィットキットなのだが、接合ピンをカットしなくても、絶妙な接合強度で、数回の分解・再組立をおこなっても問題なさそう。そもそも、(通常はピンを切り飛ばし)何度も分解・再組立をやるような人は最終的には接着処理をするのだろうから関係ないかもしれないけど、接合ピンのカットと、それに伴う仮組み時のマスキングテープ固定っていう工程が不要ってのは、かなり楽。

 スカート先端のスラスターが一体成形で黄色になってないとか文句いう人がいるかもしれないけど、そんなの、ガンダムマーカーでちょちょいと塗ればいいじゃんね。贅沢だよ。旧キットを体験してから言え! って思うね(笑)。

 ってことで、このHGUCサザビー。ガンプラ入門用キットとしてもお薦めできる、素晴らしい製品だと思う。

HGUC 1/144 サザビー HGUC 1/144 サザビー

バンダイ 2008-06-28
売り上げランキング : 110
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ユニバース!

 腰痛&肩痛のため、ガンプラ製作にも気合いが入らない近頃。
 それでも、少しずつ、MGターンエーガンダムを組んでいた。気合いが入らない時期なのでこれを選んだというつもりはないのだが、結果的にはそうなってしまったかも(笑)。

 このターンエーは、MG 100作目ということで、そのキットとしての出来は素晴らしい。

MG ターンエー(∀ ターンA)ガンダム
 俺は、ターンエーの作品そのものは好きでも嫌いでもない。いや、10段階で一番好きを10とすれば6くらいかな。
 キットは、アニメ劇中とはプロポーションが違う。デザイン原案であるシド・ミードさんの画稿を解析し、カトキハジメさんが模型用画稿を起こしたそうで、お二人の三次元認識能力(っていうかよく解らないけど(笑))の高さが反映され、本当に「美しいフィギュア」となったと思う。これは、ガンダムとしての評価とか、既成概念、固定観念とかを抜きにして、素直に見ると、なおさらそう感じる。

 ってことで、目のまわりがミードさんデザイン準拠の黒(アニメ設定では白)となっているので、胸にはやっぱり白十字だろ。ここはこだわりたい。今は体調不良なので、アニメ設定通りに目の回りを白で部分塗装するのが面倒というのが半分本音だが(笑)。

 劇中では、あまり武器を使わず、素手で格闘戦が多かったような気がする。だから、ターンエーは武器を持たせずに立たせるのが好きだ。
 あ、全身に施されているスジ彫。これもミードさんの画稿を再現したが故で、まったく異論はないのだが、これら全てにスミ入れを施すのも、今回は放棄(笑)。

 くどいようだが、これ、ガンプラとしては素晴らしい製品だ。MG100作目を体験するという意味でも、オススメ。
 ちなみに、月光蝶のエフェクトパーツはついてない。

 ユニバース! みんな作れー! これは素晴らしいガンプラだぞー!

MG 1/100 ターンエーガンダム MG 1/100 ターンエーガンダム

バンダイ 2007-08-10
売り上げランキング : 10
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools