龍馬伝(第1話)を観た

 1月3日放送の、NHK大河ドラマ「龍馬伝」第1話。
 発表されてから1年以上、ずっと楽しみにしてたんだけど、結論から言えば、期待通りに面白かった。

 まぁ内野聖陽さんの方が似合ってはいたけども、福山雅治さんもなかなか龍馬にハマってたと思う。岩崎弥太郎役の香川照之さんは、安心して観ていられるし。
 今までの龍馬に感する小説やドラマ・映画だと龍馬たちの身分を「郷士」と言っていたのがほとんどだと記憶しているが、今回は「下士」と表現している。白札(武市半平太ら)、郷士(龍馬ら)、地下浪人(岩崎弥太郎ら)をひっくるめて下士と呼ぶようなので、ドラマの表現上では、その方が合っているのか。なるほどね。

 家の周囲の情景や役者のメイク、汚れ方なんかが、今までの大河とは違い、リアリティを感じる(史実に倣ったかどうかは別として)。

 それと、ちび龍馬。この子役が、福山さんにそっくりだと思った。
 配役はよく考えられているなぁ。福山さんは龍馬としては格好良すぎるけど(笑)。

 ともかく、1年間楽しみだ。

見られないって

 ソニーのブルーレイレコーダーBDZ-X95を購入し、楽しく便利に使っている。
 でも、ちょっとした不満点がある。「録画1」「録画2」と呼ぶ、ダブルチューナーなのだが、「録画1」で録画中は、他のチャンネルを見ることができない。
 まぁ、どうしても別のチャンネルを見たかったらテレビの方で見れば、それでいいわけだが(笑)、なんか、ダブルチューナーの意味がどうなんだろと思って。
 もちろん、2番組同時録画はできる。

iTunesカード 20%OFF

 現在(9/7まで)、ファミリーマートでiTunesカードを買う時にTカード(TSUTAYAのレタル会員カード)を提示すると20%OFFになるキャンペーンをやっている。(→ファミマの告知サイト
 家の近所にはファミマが3店舗あるが、3店舗中2店舗でiTunesカードを扱っていて、店舗によって対応、というか店員の質が違う。
 最初行った店ではレジにおばちゃんひとりだったので嫌な予感がしたんだよね。案の定、まず、話が通じない。「アイスのカード?」「いや、アイチューンズカード。アップルの、インターネットで音楽が買えるカード」なんてやりとりの末、「あぁ!」って感じでカウンター下の引き出しをガサガサやって出してきた。1500円が1枚しかなくて、とりあえずそれを購入。予想通り、1500円でレジ打ちやがった。2割引になると聞いて来たのだがと言うと、品出し中の別の店員(若い女性)を呼んで来た。その女性が俺のTSUTAYAカードを差して、無事20%OFFに。疲れた。
 別の店では、iTunesカードを注文したらすぐに「Tカードをお持ちでしたら、ただ今20%引きになります」と言ってくれて、すんなりと気持ちよく買えた。ここは3000円も1500円もまだ在庫豊富だったし。
 ってことで、計4500円分のiTunesカードを3600円で購入。

 よし、これで、iMandalArt を買うか。

思案中

 HDD/DVDレコーダー「スゴ録」。かれこれ1年くらい前からHDD→DVDダビング時にエラーが出る事があり、それでもなんとか使えていたのだが、最近はエラーが頻発するので、そろそろ我慢の限界に達しそう。
 2年半くらい使っているので、元々の不具合以上に弱っているのかもしれないね。でも、5年以上使っている別のスゴ録(アナログ放送専用)は、特に不具合もなく快調だけど。

 新しいレコーダーを購入しないとダメっぽい。
 買うとしたら、やっぱりBDレコーダーがいいんだろうか。

カードの解約

 最近は、メンバーカードなんかもクレジットカード兼用なのが多い。むやみやたらと作っているわけではないけど、使いもしないクレジットカードが数枚ある。
 某有料BS放送のメンバーカード。十数年前の加入時にほぼ必須条件として作ったものだが、現在ではその視聴料の支払は別の方法にしているので、このクレジットカードは使っていない。カードによるメンバー特典も、いつの間にかなにもなくなってるし。
 まずは、このカードから処理する。
 クレジットカード会社へ電話し、その電話のやりとりだけで、解約手続き完了。書類提出とかないんだね。
 簡単でいいわ。

死神博士と地獄大使が復活

 死神博士と地獄大使が36年ぶり復活! – 大杉漣「よもや自分がやるとは…」(2009.05.21 マイコミジャーナル)

8月8日に公開される『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』で、伝説の悪役「死神博士」と「地獄大使」が復活する。この2人がスクリーン登場するのは1978年8月18日と25日に放送された『仮面ライダーV3』以来、36年ぶりとなる。

 死神博士といえば、ショッカー日本支部の二代目幹部だが、もしかしたら初代幹部のゾル大佐よりも知名度が高い、強烈な印象が未だに忘れられない名キャラ。
 ちょっと前の「仮面ライダー THE FIRST」でも復活してたが、あの死神博士は過去映像のCG合成に新規に別の人が声をあてていたもの。
 今回は、そういうアプローチではなく、石橋蓮司さんが演じるんだと。石橋さん、現在放送中のディケイドでも写真館主人という「おやっさん」的な役で出演してるけど、それとの関連性もあるのかな、ってのは深読みか?
 天本英世さんのイメージしかない死神博士で、これを演じるのはかなり大変だと思われる。しかし、比較は無意味だし、頑張って、新たな死神博士像を作って欲しいね。
 地獄大使役の大杉蓮さん共々、楽しみ。

 あ、そういえば、この映画のタイトル「オールライダー対大ショッカー」ってのもナイスだね。「VS.」じゃなく「対」ってのが、昭和チックで良い。

チョコの山

 ヤマザキのコッペパン「ジャム&マーガリン」の買い置きが無くなったので、仕事の帰りにスーパーに寄った。あいにくの売切れだったけど、「チョコの山」を見つけたので、それを買ってきた。
チョコの山
 ちょっと前に発売されて、大反響を呼んでいるらしい。

「チョコの山」は、ひとくちサイズにカットしたパンのミミを、スイートなチョコでコーティングしています。特長は、一度食べたら後を引く、ザクザクした食感です。その秘密は、パンのミミをカリカリになるまでもう一度焼いているからです。

 パッケージの「ザクザク」の文字に惹かれたわけじゃないよ(笑)。
 袋を開けると、チョコ味の小さくカットされた「パンのミミ」が、固まりになっている。これが「山」なのね。
 それを軽く砕いていただく。確かに、後を引く食感だわ。それに、あまりしつこくない味。

 実はこれ、大ヒット商品「ヤマザキ ランチパック」の製造工程でカットされたパンのミミを加工しているのだそう。もともと別の製品の原料として再利用され、無駄にはしていなかったミミだが、今回「昔お母さんがパンのミミで作ってくれたおやつ」をイメージした商品として開発されたのだとか。
 なんか、そういうエピソードもいい感じだね。
 ちなみに、おかしコーナーじゃなく、菓子パンコーナーに置いてあった。
 安いし、ザクザクの食感で食べ応えあり満足感を得られる。おすすめ。

歯ブラシ

歯ブラシ

 歯ブラシの買い置き残り2本が全部同じ色。家族とかぶるとややこしいので、自分の替えは別のを買ってきた。
 安売りの80円だったので、これが一番安く、たまたまこれになっただけ。実は初めて買ったよ、ビトイーン。グリップに”between”って書いてあって、俺専用みたいだわ(笑)。

Newton MessagePad130発見

 Newton MessagePad130本体も残ってたよ。
Newton MP130
  お約束。iPhone 3Gと並べてみる。Newtonでかっ! MP130は、VHSビデオカセット程度の大きさ。そして重い(笑)。
Newton MP130
 ACアダプタはすでに別の箱に詰め込んでしまったので、エネループを入れて起動。バックライトが点灯せず。現在のMacとは接続できないので、何もインストールする事も出来ず、素の英語環境のまま。バックアップ等もできない。ってことで実用は不可能。
 でも、一応保存しておこうかな。

コメントが消える?

 なんだか最近、いただいたコメントが消失する事があるなぁ。
 回転寿司/moblog のあるてぃさんのコメントと、Newton用ソフトたち のkonigさんのコメントが無くなってる。うちはコメント等後者の編集・削除機能は切ってあるはずなんだけど(勝手に別のテンプレートを適用すればできないことはないけどもね)。