システム終了時、いちいちチェックを外さなくてよくなった

 先日、Mac OS X Lion の、10.7.4アップデートがあった。

一般情報 OS X Lion アップデート 10.7.4
10.7.4 アップデートはすべての OS X Lion ユーザに推奨され、お使いの Mac の安定性、互換性、セキュリティを改善する、以下のような一般的なオペレーティングシステムの修正を含んでいます:

“再ログイン時にウインドウを再度開く”設定が常に有効になっている問題を解決します
特定の他社製 USB キーボード(英国)との互換性を改善します
ファイルがサーバに保存されないことがある問題を解決します
ファイルを SMB サーバにコピーするときの信頼性を改善します

 マイナーアップデートだけど、一番嬉しいのは、「再度開く」の件。これ、毎回チェックを外すの面倒くさかったんだよね。やっと、状態を記憶してくれるようになった。

120512end_dialogue

上限があったのか?

 先日の記事でも愚痴った、ユーザータグの表示がおかしい件。
 管理画面で、どうでもいい無駄っぽいタグをいくつか削除したら、正常に「雑記」と「ガンダム」が上位に表示された。
 ちなみに、うちのユーザータグは1020個だった。そのうち30個ばかりを整理・削除したらなおった所をみると、上限1000個なのかな?

 元々は、サブカテゴリ的に使おうというつもりだったのが、だんだん、何でもかんでもタグ付けするようになってた。今後、少しずつでも整理して減らさないといけないな。めんどくせー!

どうしてもWin XP SP3がインストールできない件

 年末にMacBookの内蔵HDDをSSDに換装した時、それまで設定していたBootCampによるWindows XPパーテーションは作らなかったのよ。160GBのHDDから128GBに容量が減ったというのもあるけど、Winは数ヶ月間起動しなかったからね。必要になった時にあらためて入れればいいやって。
 元のHDDをUSB接続のケースに入れてあるので、本当はそっちから起動できればいいんだけどねぇ。残念ながらBootCampでは内蔵HDDからしか起動できず。
 閑話休題。
 ちょっと使いたいアプリがあり、先日、BootCampでWin XP を入れた。そしたら、なんかService Pack 3 のアップデートがどうしてもできず、はまっちまった。
 2日間くらい悶々としてたんだけども、アップルのサポート情報に、この問題に関する文書があった(アップル:Boot Camp 3.0:Windows XP Service Pack 3 をインストールできない)。

 なるほど。BootCamp3.0(Snow Leopard)だと不具合を起こす、というか、こういう仕様なのか。
 いろいろ難しそうな事が書かれているけど、要するに、SP3をインストールする前に AppleMNT.sys っつーファイルの名前を変更、SP3インストールしたら元に戻せばいいだけか。

 あとでやってみよ。

無線LANが遅くなる

 先日リリースされた、Mac OS X 10.5.8アップデート。MacBookにこのアップデートを適用した後、電源アダプタをつないでいる時はいいんだが、バッテリーのみで動かしている時の無線LAN速度が極端に遅くなる症状が出た。
 わが家は、TimeCapsuleにAirMac接続していて、通常は50〜60Mbps。それが、バッテリーのみの時は3Mbps前後に速度低下。低下なんてレベルじゃねーよ。
 定番の、PRAMクリアやSMCリセットを行ったが、改善せず。

 この問題は他でも報告されているようで、いくつかの対応策も出ていた。

 まず、こちらのサイトの情報の通り、PRAMクリア、SMCリセット、システム環境設定のネットワーク設定でAirMacを一度削除し再登録、10.5.8comboアップデートをインストール、を行った。しかし、症状変わらず。

 次に、アップルディスカッションにあったこの情報を参考にした。システムのエクステンションをいじるので怖いけど、3Mbpsのままじゃ我慢できないので、思い切って実行。
 俺は、TimeMachineバックアップから、System/Library/Extensions/AppleAirport.kext と /System/Library/Extensions/IO80211Family.kext を、一週間前(10.5.8アップデートをインストールする前)のファイルに復元した。そして再起動したら、速度が60Mbps前後に復活した!

 今の所、不具合は発生していない。

 なお、上記作業をためされる場合は自己責任で。起動中のシステムファイルを入れ替えるので、どんな危険があるかわからない。他の不具合が発生しても、当方は責任を負えませんし、この件に関する質問にもお答えできません。
 もしも運良くまだ10.5.8アップデートをインストールしていないのであれば、そのまま辻のアップデートを待つ方がいい。これだけ大きな不具合なので、すぐに修正版がリリースされると思う。

 2009.08.12追記。
 MacBook用AirMacクライアントアップデートがソフトウェアアップデート経由で公開され、この不具合は解消されます。よかった!

バックアップができない件、とりあえず解決

 10日くらい前に書いた「バックアップができない/moblog」という記事の、その後。
「iPhoneで購入したアプリが、iTunesで同期してもMacにバックアップされなくなった」という現象だが、まぁ、タイトルの通り、現在は問題なくバックアップされるようになった。
 何の事は無い。「復元」を施したら、正常になったのよ。
 まず、現時点でのバックアップ。復元を実行し、工場出荷状態に戻ったら、その最新版バックアップからの復元の後、「新しいiPhoneとして同期」(だったっけ?)を実行。音楽、写真、アプリ等の同期条件を以前の通りに設定して、同期開始。iPhoneの内容はすっかり元に戻り、同期の度に、iPhoneにしか入っていないアプリも、ちゃんとiTunesへコピーしてくれるようになった。
 何が悪かったのか、よく分からないが、とりあえず、解決。

Googleマップのストリートビュー

 日本でもサービス開始され、賛否両論な、Googleのストリートビュー。

 我が自宅がばっちり映っていたポイント2カ所について、不適切報告(削除依頼)をした。7日深夜に報告メールフォームから送ったのだが、8日午後には既に削除されていた。速っ!

 まぁ、プライバシー侵害とは言っても、「実際に家の前を通りすがって周囲を見た」のと変わりないからいいだろうってな意見もあるかもしれない。確かに、そういう意味では、実際には表札も晒している訳だしね。
 しかし、感情論でいえば不気味だし、それに加えて、かつて俺のGoogleアカウントでのアドセンスを突然剥奪したくせに、俺の自宅周辺を密かに撮影しにきてたってのが気に食わない。逆恨みかもしれないけどな。アドセンスの件は、未だに理由が分からないし、根に持ってるからな!

 不適切報告が殺到して、日本のストリートビューは全削除になればいいのに。

 パノラマ撮影できるようなカメラを備えた自動車で「公道」を走行して撮影したらしいが、我が家の周囲って、建売住宅とか路地も多く、そういう区画内は幅の狭い純粋な私道や位置指定を受けた道路なども多く、実際、位置指定道路も撮影されてるんですが?
 Googleは「公道」についてどの程度まで拡大解釈してるんだろうね。っつーか、「「公道」で撮影してるのにどう見ても幅4mないだろうってな路地も掲載してる」って自体が矛盾しているような気もする(笑)。知らないで撮影だけしてクレーム来たら削除ってスタンスですか? そうだとしたら、とてもじゃないけどプロの仕事とは思えないね。

FC2ブログモバイルの管理メニュー

 FC2インフォメーション:【ブログ】モバイル 簡単ログイン仕様変更のお知らせ

この度、ブログモバイルの簡単ログインの仕様が変更されましたのでお知らせ致します。

ブログモバイル(http://blog.fc2.com)の簡単ログインは、
FC2ID(http://id.fc2.com)と統合される事になりました。
FC2IDに移行されていない方は、通常ログインしますと自動で簡単ログインが設定されますので、
以後は「FC2ID未登録の場合」というボタンをクリックする事で簡単ログインできるようになります。

 ふむ。統合も簡単ログインの仕様変更も文句は無い。
 が、ソフトバンクのケータイでもちゃんと使えるようにしてくれ。ブログ管理メニューの「過去記事の管理」がソフトバンクの端末だとエラーでまったく使えない件、未だに直ってないのだが。

 ケータイから過去記事の編集って滅多にやらないけど、たまに、モブログした直後にミスに気付き、その場で訂正したり削除したい事がある。その度に「まだエラーだよ」と嘆くんだよね。
 確かにたまにしか使わない。しかし「使わない」と「使えない」は違う。更に「使えない」の中でも、「機能的に不満」というのと「全く動作しない」というのでも意味が違う。
 勘弁してほしいわ。

Firefox 3b4 についての忘備

 既知の問題だとは思うけど、自分用にFirefox 3b4 Mac版についてメモ。

 ブックマーク。
 2.xは bookmarks.html。
 3b4は places.sqliteで、バイナリファイルっぽく、テキストエディタで判読不能。bookmarks.postplaces.htmlというHTMLファイルが作られるが、これは3b4が終了する時に作成されるファイルで、バックアップ保存的な扱いのようで、起動中参照されることはないみたい。こちらに手を加えても、それは反映されない。2へ戻った時に簡単にブックマークも転送できるようにの配慮か。

 ブックマークバーに表示されるスマートブックマークを削除してしまった後にまた表示させたい時。
 高度設定画面about:configで、browser.places.createdSmartBookmarks項目の値trueをfalseして再起動。

 先日記事にした、全角スペースをいれると余分な半角スペースがついてしまう件。
 これは、うちの環境固有の問題かもしれない。が、とりあえず日本語入力をegbridge universalからことえりにしたら、その現象が起こらなくなった。
 egbridge universal2は正式にはMac OSX 10.5.2には対応していない(パッケージ販売が終了され、最終サポートは10.5.1まで)し、Firefox 3b4も当然正式対応はしていない。
 悩みどころだね。

ゴミ箱が綺麗になった

 昨日記事にあげた、ゴミ箱が空に出来ない件。
 ふと思い立ち、BootCamp用のWindowsXPボリューム(FAT32パーテーション)をアンマウントしてみると、ゴミ箱が空になった。再マウントするとゴミも復活。どうやら謎のゴミは、Windowsボリュームにできているらしい。
 まずはFinderからWindowsパーテーションにある”.Trashes”を削除しようとするが、できない。その中身をみると、いるいる! あの謎のゴミファイルが。
 ってことで、どうしようもないので、ディスクユーティリティでこのWindowsパーテーションを初期化。BootCampでWindowsXPを再インストール。わーい。スッキリ。2時間近くかかったけどな。
 しかし、なんでMacボリュームで削除したファイルがWinボリュームのゴミ箱(「ごみ箱」にあらず(笑))に入ったんだろう。まぁ、怪しい壊れたファイル……っつーか実体がないヤツだったんだから、これ以上詮索しても仕方がないや。

 納得はいかないけど、とりあえず復旧。

ダウン頻発……どころじゃねぇぞ

 昨日から愚痴っている、MacBookのシステムダウン。昨夜は治ったかのように見えたが、どうやら一時的だったらしい。
 いや、それどころか、遂にバッテリーのみでは起動すらしなくなった。
 で、新しいバッテリーを購入した。これだと問題なく起動したので、件はバッテリーの故障という事に疑いの余地はない。

 1年以上使って、300サイクル以上の充電をしているので劣化は当然で、新品当初の性能なんか期待していない。ただ、経験上、徐々に劣化するはずと思っている。
 ずっと継続使用してきたバッテリーが、例えば数10分とはいえ使えていたのがある日突然起動すらしないほどになったという事はない。劣化したまままったく使わず長期間放っておいたのと違うのだ。(何年も放置しているPowerBookDuoのバッテリーもかなり劣化しているが、これはDuoに付けたまま放置してあるにもかかわらず、現在でもちょっと充電すると、一応数分間は動くぞ)

 明日、もう一度アップルケアのサポートに電話して、ちょっと問答してみる。
 去年の9月に購入したものなので、不具合によるバッテリー交換プログラムに該当しているかもしれないし。