スジャータ……!?

 地元ダイエー、いつも買っているトップバリュの豆乳が最近売切れなんだよね。
 で、今日は、違うのを買ってきた。
スジャータ豆乳
 安さだけで選んでしまったけど……。
「スジャータ」ブランド。スジャータって、あのコーヒーに入れるミルクのスジャータか!?

 で、飲んだ印象……。
 普通の成分調整豆乳よりさらに飲みやすいのは確かだが、豆乳っぽくない。
 不味くはない。豆乳よりは飲みやすいが——もちろん好みはあるだろうけど、そもそも牛乳や豆乳って好みがはっきり分かれるもんな——くどうようだが、豆乳の味ではないんだな。

 うまく言えないけど、しいていえば……スジャータっぽいのかな。

iPhoneのカバーを取替えた

クリスタルカバー
 iPhoneにずっと装着していた、パワーサポート社のクリスタルエアジャケット。1年半も着けているのでさすがに傷だらけになっている。もちろん、これのおかげでiPhone本体には大きく目立つ傷がつくこともなく、役割を果たしてくれているわけだが。
 しかし、そろそろ新しいのに取替えようと思い店に行ったら、定番のパワサポ製の強力なライバルと前評判が良い新製品が置いてあったので、今回はそちらを購入。
 シンプリズムのブランドでおなじみの、トリニティ社製のクリスタルカバー。「傷が付きにくいアンチスクラッチコーティング」らしい。
 クリスタルカバーも、エアジャケット同様にiPhoneの外観を損なうことなく、背面全体を保護できる。
 iPhoneと密着するエアジャケットと違い、このクリスタルカバーは、iPhoneの背面との間がほんのわずかに浮いている。もちろん、周囲はガッチリと保持されていて外れにくくなっているので大丈夫。だが、この浮いている(カバーの上から背面を押すとペカペカいう(笑))感じが微妙。たぶん、妙な密着模様が現れるエアジャケットの欠点を補うための工夫なんだろうね。さすが、よく研究されていると思う。ペカペカ感は、気にせず慣れるしかないな。
 透明度はエアジャケットに勝とも劣らず。これでアンチスクラッチコーティングの効果で透明度がどのくらい続くのか、期待したいところ。

リボルテックエキスポに行ってきた。

 10/31に秋葉原UDXで開催されていたリボルテックエキスポに行ってきた。
リボルテック
 有名メーカーのエキスポとは言っても、全国展開の会社ではなく、しかもその中の特定のブランドの展示発表会なので、会場の規模は小さい。
 しかしながらも、さすが海洋堂のリボルテック。かなりの混雑だったよ。
リボルテック
 新シリーズの「特撮リボルテック」では、ブースカやジャイアントロボ、大魔神、ガメラなんかがあった。
 ブースカは、嫁さんに買ってあげたいな。
リボルテック
 個人的に楽しみなのは、満を持して登場の、完全変形バルキリー。山口可動のリボルテックでなおかつ変形するVF-1って、すげーよ!
リボルテック
 入場者プレゼントで、特色のリボコンテナをもらった。
 あと、持っているリボプライヤーがへたっきたので、新しいのを買ってきた。イベント限定色のうち、ピンク。通常200円を100円で売っていたし。
 リボルテックを格好いいポーズにするには、リボプライヤーは必須だよね。

iPhone用リモコンと補助電源

 iPhoneのリモコンと補助バッテリーを購入した。どちらも、トリニティのsimplismブランドのもの。
iPhone
 この3ボタンリモコンは、iPod/iPhone3GS用のアップル純正リモコンイヤホンと同様の曲コントロールが可能。これに好きなイヤホンを接続できるもの。マイクは内蔵されていないので、iPhone3GSでの音声通話はできないけど、それ以外はまったく同じに操作できた。
iPhone
 乾電池式、補助充電アダプタ。これに単4乾電池3本を入れて、iPod/iPhoneのDockコネクタに接続して、充電を行う。
 エネループを入れて、iPhone3GSに充電してみたら、バッテリ残量26%の状態から80%まで充電できた。54%充電できたということか。説明書によると、完全放電のiPhone3Gにエネループで60%まで充電できるとあるので、3GSでこれってことは、まぁ、仕様どおりなんだろうな。使ったエネループも、たぶん充電してから半年くらい置いてあるものだし。
iPhone
 iPhoneへの接続も、違和感がない……っていうと嘘になるけど、同じようなデザインになっているので、及第点だろう。
 しかしね、この充電アダプタ。入れた電池を取り替える時、固くて外しにくい! 不良品かもしれない。メーカーに問合せ中。
 コンパクトだし、この電池の固さ以外は気に入ってるんだけどな。

ジャムマガ

ジャム&マーガリン
 ヤマザキのコッペパン ジャム&マーガリン。これ、大好きなんだ。
 某コンビニの独自ブランドでも同じようなのが売っているけど、なんか違うんだよね。ヤマザキじゃないとだめ。さすが、超ロングセラー。
 時々、無性に食いたくなる。で、仕事帰りに途中のダイエーに寄ったが売切れ。ここは、遅くにいくといつも数個しか残ってないんだけどね。その後2件のコンビニでも売切れ。コンビニ3件目で、やっと買えた。

MacBook、今度はHDDが故障

 うちのMacBook(家族共用にしている2006年前期モデル)がまた故障。
 昨夜、娘が使っている時に、突然のフリーズ。しかたないので電源ボタン長押しで終了したら、以後、起動しなくなった。右パームレスト付近の中から「カツン、カツン……」と嫌な音がする。HDDが逝ったな。
 たまたまTimeMachineの自動バックアップが終了した10分後くらいで、失ったデータはなかったのが不幸中の幸い。やっぱありがたいねぇ、TimeMachineは偉い!
「MacBook HDD故障」でググったら、同じような症状がたくさんあるようだ。
 初代MacBookに搭載されたアップル純正HDDのうち、特定の期間に製造されたSeagate社ブランド(中国製)のHDDで、突然無起動になる不具合が多発しているそうだ。うちのHDDも、まさにそれだった。
 ヒートシンク、液晶ユニット、パームレストの欠損に続いて、4回目の入院となるか。
 うーむ。土曜にアップルケアに電話するか。

ザウルスの生産停止

 PDAの草分け「ザウルス」生産停止、高機能携帯に押され (2008.12.13 YOMIURI ONLINE)

 シャープが、1990年代に大ヒットした携帯情報端末(PDA)「ザウルス」の生産を停止していたことが13日、わかった。

 日本のPDAでは草分け的存在だが、パソコン並みの機能を備えた携帯電話「スマートフォン」の登場などで、役割を終えた。在庫がなくなり次第、販売も中止する。修理などのアフターサービスは続ける。

 俺も、昨年19月まで、リナザウことLinux搭載ザウルスSL-C1000を愛用していた。そのだいぶ前……今から10年以上前にも、当時のザウルスを使っていた。
 途中、NewtonやらPalmPilot/WorkPad/CLIEやらを渡り歩いて、現在はiPhoneという遍歴の中、ブランドでくくるとすれば、「シャープのザウルス」の使用期間が一番長いんじゃないかなぁ。PDA以前の電子手帳やポケコンなんかも、シャープ製もよく使っていた。
 言うまでもなく、シャープは、このジャンルの製品ではリーダーたる企業のひとつだった。

 アップルが大好きで、あれだけ思い入れ深く愛着もって使っていたNewtonの終局時よりも、もはや使わなくなって1年以上たったザウルスの生産終了を聞いた今回の方が、感じる寂しさが大きいような気がする。
 やっぱり日本の企業が頑張ってくれるのは嬉しいもんね。

 シャープは現在、携帯電話機の国内市場シェア(占有率)でトップ。担当者は「ザウルスの機能は携帯電話に受け継がれている。ザウルスのブランドを冠した新たな商品を投入することも検討している」と説明している。

 ザウルス、お疲れさま。
 そして、シャープには、ますます頑張ってほしいですな。

エネループもパナソニックから発売になるのだろうか?

 パナソニック、三洋電機を買収か? (2008.11.01 CNET Japan)

 11月1日、パナソニックが三洋電機を買収する方針にあると、複数のメディアが報じた。

 パナソニックと三洋電機は、4月にも資本提携に関する報道がされたが、両社は報道を否定している。

 三洋電機はここ数年、業績回復のため再建に向け取り組んできた。2007年10月には携帯電話事業を京セラに譲渡。一方で太陽電池、リチウムイオン電池といった得意の電池事業に力を入れ、2009年3月期第1四半期の決算では、前年同期比で6.5%増の4797億円の増収へと結びつけている。

 うはー。別にパナソニックは嫌いではないが、エネループとザクティを愛用する者としては、この買収話が事実なら寂しい限りだわ。仮にパナソニック傘下になったとしても、サンヨーブランドはずっと残してほしいなぁ。ビクターみたいに。

猫砂

猫砂
 愛用の猫砂。スーパーのプライベートブランドの物なんだけど、そのブランドが廃止になるのに伴い、この猫砂も製造終了し店頭在庫限りだというので、売り場の棚にあった3袋を買い占め。見つけたらまた買い占める。
 しかし、いくら紙製だと言っても、7リットル入り3袋もあると、重たいね。