初汲みの彗(シャア)


 数年前から気になっていて、一度飲みたいと思っていた日本酒、「彗(シャア)」
 彗星の〝彗〟と書いて〝シャア〟と読ませる。飲みたいと思ったのは、単純にまぁそういう事だ(笑)。
 新発売当初も、ちょっとした話題になった。

「彗」の銘柄の中にいくつも種類が展開されているが、今回は、やはり赤いラベルの「初汲み純米吟醸 DONATI」を購入。ドナティ彗星だね。シリーズの全てに彗星の名前がついている。


 老舗の遠藤酒造場の社長さんがガンダムファンで「一文字でキレのある商品名」を考える中で浮かんだ名前だそう。

 彗はガンダムのシャア少佐にちなんで命名されてはいるが、アニメとのコラボ商品ではない。しかし別に怪しいものでもなく、色々なコンテストで受賞もしているまっとうなお酒。

 とはいえ、俺自身も半分はネタとして飲んでみたかったのだが、いやいや、しっかりとした日本酒でした。ごめんなさい。
 フルーティなワインのような口当たり。飲みやすくて美味しかった。
 今度は、もう少し辛口のも飲んでみたい。

彗 -シャア- DONATI 初汲み 純米吟醸 720ml [Amazon]

夜ナッツをつまみに作戦


 ほぼ毎日、深夜に30分から小一時間程度、ガンプラ(ガンダムのプラモデル)を作っている。
 ふと、以前の兄貴のTwitter投稿を思い出した。
 以下、引用させていただく。

常に忙しそう、つか時間が無さそうなのにも関わらずプラモ作りやPC周りをいじったりと、仕事ではなくあくまでも趣味の範疇でいわゆる「工作」系の作業を毎日のようにやっている友人が何人かいる。ネット越しで知る限りだが。
なんか凄えな、と思う。
ぐうたら一代の俺からすっと、信じられない。
おそらくだが、彼らにとってはそうした一文にもならない手作業が、自身の生命や心を維持する原動力なのだろう。一緒に生活した時間はほとんど無いところの画家であった亡父も、常にスケッチなど手を動かしていたらしい。文化・芸術、そして何より表現というものは、そうしたものなのだろうな。

 プラモ作り云々は、俺の事だよね、おそらく。
 生命や心を維持する原動力などというたいそうなものだという意識はないが、確かに「リセット」の役目はあると認識はしている。
 でもホント、別に凄くはないよ。ガッツリと夢中になってというより、酒を飲みながら、テレビ番組の録画や配信動画を観ながらだし。
 だらだら……ほどではないが、まったりと作っている。
 なので、酒のつまみも用意する。深夜に食うのはよくないとは思うものの、癖になる。人間ってなんて弱い生き物なんだろう。

 最近は——さすがに体重が気になるので——ミックスナッツを少量(片手に乗るくらいの量)で我慢している。ナッツも結構なカロリーだろう。深夜に食うのをやめろと言われるのはごもっともだが、そうはいかない。人間ってなんて弱い生き物なんだろう。
 以前はビーフジャーキーやドライソーセージ、カップ麺なんかだったのだから、100Kcal分のミックスナッツなら、かなり減った方なのだ。だいぶ我慢しているのよ。人間ってなんて弱い(以下略)。

 数粒のナッツを何度も噛む。満足感があり少量で済む。健康的になったなぁ(と錯覚する)。
 咀嚼は脳への刺激にも良いらしい。ガンプラ作りもはかどる(と錯覚する)。

 なにより、また明日もがんばろう! という気分になる。
 仕事をしないとガンプラも買えないしね。

MG シャア専用ザク Ver.2.0を作る 190708


 MGシャアザクver.2.0、素組みに部分塗装、墨入れ&陰影表現程度のウォッシングを施して完成。モノアイはシールではなく定番改造のHアイズ化してあるので、光が当たらないと明るく見えない代わりに、光によっては輝いて見える。

 自分なりに結構気合いを入れて作ったので、久々に撮影用ブースも用意して撮影……しようと思ったら、小さいのしか持ってなくて、これじゃMGは入らず、急きょMサイズを購入(笑)するという、更なる気合いの入れようだ!
エツミ 簡易スタジオ ドームスタジオ ネオ Mサイズ ホワイト/グレーリバーシブルスクリーン/ケース付属 VE-6823


 10年以上前に購入したキットの「積みプラ崩し」だったのだが(当時、量産型の06Jを作っただけで満足し、このシャアザクは積んだままだった)、今でもまったく見劣りしない良キットだと思う。
 個人的には、アニメ本編風かVer.Kaみたいにゴテゴテするかのどちらか極端なのが多い最近のガンプラ界隈においては、むしろこのキットくらいのアレンジ加減の方が心地よく感じる。
 もちろんそれは好みの問題だが。

ガンプラ MG 1/100 MS-06S シャア・アズナブル専用 ザクII Ver.2.0 (機動戦士ガンダム)

MG シャア専用ザク Ver.2.0を作る 190622


MGシャアザクver.2.0、フレームが終わった。
組立図の順番ではなく先にフレーム(骨組み)を足から上へと組んでいくと、MSを建造している気分になるよね。
で、定番のモノアイ改造も。

ROBOT魂 ザクII改

 久々のガンダムネタ、フィギュアネタだ。前回(先月)の「GUNDAM CENTURY」についても一応ガンダムネタではあるけれども、どちらかというと好きな書籍を再版購入したって報告だしね。
 まぁ、そもそもこのブログの更新頻度が激減していてツキイチがせいぜいだが。それでも15年間続けているというのは、我ながら凄いとは思うが。

 以下、ROBOT魂のレビュー記事ではありませんのであしからず。

 ROBOT魂。その評判の良さは知っていたものの、「絶対欲しい」というアイテムもなく、新製品を追うこともしていなかった。
 が、一昨年だか去年だかに、ROBOT魂のガンダムシリーズが0080に突入していたと。
 あるじゃないかMS-06FZ「ザク改」が!
 ザク改は、俺の好きなモビルスーツの堂々第2位ですよ! ちなみに1位「MS-06J(地上型)」、3位「MS-06F(宇宙型)」。全部ザクですよ! 何か問題あります?

 ザク改はいつのまにか公式にも「ザクII改」などと呼ばれるようになったけれども、俺は今でも「ザク改」もしくは「ポケザク」と呼びたい。
 このザク改は「ガンダムを倒した(相打ちだけど)ザク」として有名なんだよね。しかも量産機でパイロットはエースパイロットでもない新米に近い伍長。
 余談だがこのザク改の活躍が見られる作品「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」(通称「ポケ戦」)も大好きで、なので、このブログのタイトルも「統合整備計画」にしている(ポケ戦に登場するMSは、ジオンの統合整備計画によって生み出された機体、という(後付けだが今や公式の)設定。

 だめだザクの話になるときりがない。

 で、ROBOT魂のザク改。みつけた時に即買いした。その後にネットでのレビューや評価を見たのだが、どれも絶賛しているものばかり。
 自分でいじってみて、それを実感した。まずプロポーション。設定画とアニメ本編中のをうまく融合させて、どちらと比べても違和感がほとんどない。
 現時点のザク改のキット/フィギュアでは一番のプロポーションじゃないかな。ガンプラ(HGUC 1/144)なんて細くてひどかったからね。
 そしてよく動く。BOROT魂、評判どおり凄いわ。

 ガンダムNT-1 アレックスも一緒に買った。もちろん、劇中の最終先頭シーンを再現するためだけに(笑)。

「ROBOT魂 MS-06FZ ザクII改(AAリンク)」は、ポケ戦好きは買うべきアイテムだと思う。

ROBOT魂 機動戦士ガンダム0080 [SIDE MS] MS-06FZ ザクII改 ver. A.N.I.M.E. 約125mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

伝説のムック「GUNDAM CENTURY」の完全復刻版が再版


 1981年に発行された伝説の超名著「宇宙翔ける戦士達 GUNDAM CENTURY」の完全復刻版(2000年発行)が昨年12月に再版されたというのをつい先日知った。しかも2000円+消費税の特別価格だというので、脊髄反射でポチった(笑)。
 2000円って言ったら、復刻当初の半額(実際、届いた本のカバーには4000円+税」と書かれているので、いつまでこの特別価格なのか分からない)で、81年当時の価格1800円とほとんど変わらない。
 初版ももちろん持っているが、当時何度も読み返したのでボロボロだったため、2000年の復刻の時も欲しかったのだが、ネット通販も盛んではなかったし(ウィキペディアによると、Amazonの日本版が登場したのが2000年らしい)、近所の書店では数部しか入荷せずあっという間に売切れてしまった。
 今回の再版では、カバーもオリジナルと同じというのも嬉しい。

 この本の凄いところは、アニメ本編の画像(いわゆる公式?)は一切使われず、主要スタッフのエッセイの二十数ページ(モノクロ)にキャラの設定画が少し載っているだけで、あとは膨大なオリジナルイラストにより、独自解釈の詳細な設定を記述されているという点。
 もちろん非公式だが、まるで本物のの兵器、歴史の解説書のような緻密さで、夢中で何度も読み返したものだ。

 本文の活字が現代風の書体になっている気がして(それでも復刻から既に19年経過しているのだが)、初版と見比べたら、やはり違う。
 が、奥付を見て納得。元の出版社が解散している等によりオリジナルの製版原版が処分されているため、本文は全て打ち直ししたそうだ。また、図版も極力原板を探したが、みつからなかった物は原本から複写したと。なるほど。
 確かに色味の違うカラーイラストもあるが、特に違和感もなく、文字も読みやすくなっている。
 これなら正規価格は4000円というのは理解できる。

 この復刻版は死ぬまで大切に読もう。

実物大ユニコーンガンダム立像を見てきた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 先日、ゴールデンウィーク中に1日休みをとり(ずっと仕事が詰まっているのだ(泣))、お台場のダイバーシティに昨年建造された、実物大ユニコーンガンダム立像を見に行ってきた。
 以前ここにあったRX-78-2ガンダムの実物大立像と入れ替わる形で登場したユニコーン。
 先代同様に迫力あるね!

 しかし、設定通りの変形をそのまま再現するのは困難なのだろう。各部の装甲がスライドして全高が伸び切ったサイズで、頭部以外はほぼデストロイモードで展示されていて、膝、腰、肩等一部の装甲がスライドし、元から開いていた箇所も含めての発光ギミックを再現している。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 頭部はちゃんとユニコーンモードからデストロイモードに変形。さすがにそれはやらないとね。角が展開するのはなかなか見ごたえがあった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 展示期間中に、また見に行こう。今度は夜のプロジェクションマッピング演出ありのも見てみたいし。