みやびさん、お疲れさま

 いなりとのご縁を頂いた元保護主さん宅の猫・みやびさんが9歳で亡くなったそうだ。
 そもそも1年前に重病で体重2kgの状態で、そのまま看取るのも覚悟のうえで保護した子との事。
 家族として猫10頭と犬1頭、他に常に2〜3頭の猫を保護して、家猫修行をさせ、しっかりとした里親さんを見つける活動をしていらっしゃる方。

 いなりとのお見合いで先方に伺った時に「子猫だとすぐに里親がみつかるが、(いなりのような)大人猫をかわいいと言って里親になってくれる人の方が信用でいる」とおっしゃってくれた。
「(保護活動は)できる範囲でしかやっていない」と言われるが、生半可な気持ちでできる事ではない。あえて下衆な事を言えば、そこいらの“外猫に無責任に餌をやるだけのネコジイやネコバア”とは大違いだ。
 まぁ、どういう対処にせよ、俺も含めて人間の身勝手ではあるのもまた事実だろう。なにしろ、現在の人間は、猫族の言葉が理解できないのだから。ドラえもんのホンヤクコンニャクが欲しいと、常々思うよ。マジに。

 閑話休題。
 さきほど、お悔やみと、いなりの近況報告もかねて、ちょっと電話でお話しをしたが、あらため素敵な方だと思ったよ。前述のような活動をされている方なので、猫さんを看取る事も少なくないのだろう。でも、それを事務的に処理するのではなく、生前は親身になって世話をする。そんな当り前の事とはいうけど、当り前の事をするのって、意外と大変なんだよね。今の俺の心身状態からも、それは痛感する。
 でもね、犬や猫くらい人間になつくと、家族だよ。我家では溺愛も、もちろん虐待もしない。家族だからね。家族として躾けて、好き放題にはさせない。入っちゃ行けないところはダメだとかね。
 あ、俺の事はどうでもいいや(笑)。

 最後にみやびさんこれだけは言いたい。「良い人に保護されてよかったね。最後の1年間は幸せだったでしょう」と。「お空で、にゃあに会ったら、よろしくね」と。

 慎んで、みやびさんのご冥福をお祈りします。

玉木宏樹さん、お疲れさま。

 作曲家の玉木宏樹さんが亡くなったのか。
 初めて知ったのはリアルタイムではなく再放送だけれど、「怪奇大作戦」や「大江戸捜査網」の曲は、いまだに心に残っている。
「大江戸捜査網」の主題曲なんか、時代劇のそれなのにクラシック音楽っぽくて素敵だった。安藤実親さんの「銭形平次(こちらはジャズっぽくて素敵)」に並ぶ、名曲だと思う。

 死して屍拾う者なし。

 ご冥福をお祈りします。

 追記。
 初出では、故人のお名前の漢字記述を間違えて記述していました。
 訂正して、お詫び申し上げます。

スティーブ・ジョブズさん、お疲れさま

 10月5日、アップルの前CEO、スティーブ・ジョブズさんが亡くなった。
 正直に言えば、8月末に体調不良を理由にCEOを辞任した時に——いや、もっと前からの病気療養の頃から——とても心配していた。でも、アップルへの完全復帰は無理としても、今後の生活をのんびりと過して欲しいと願っていた。

 いくら大好きな企業とはいえ、俺の今までの人生において、その会社の社長・会長の訃報に対してこれほどまでに感慨にひたる事は、皆無に近い。というか、企業トップのお名前を知らない企業がほとんどだ(笑)。
 もちろん、ジョブズさんと話をした事も会った事もない。イベント等でお姿を拝見した事すらない。

 俺が初めてMacを購入したのは、たしか1993年頃。ColorClassicだった。当時のCEOはジョン・スカリーさん。それ以前のジョブズさんについては「伝説」として知っている程度だった。偉大な創業者だとは認識していたが、功績などを聞いても実感が湧かなかったな。
 しかし、前世紀末に経営的にどん底だったアップルに復帰してからのジョブズさんについては、リアルタイムで知っている訳で。
 俺としては、Newtonやクラリス社を切ったのは、いまだにちょっと許せないけれども(笑)、それを加味してもなお、ジョブズさんの功績は偉大だと思う。俺ごときが言うまでもない事だが(笑)。

 ともかく、我家では18年間ずっとMac一筋。子供たちなんか、物心ついた時にはすでにMacがある生活だよ。小学校当時のパソコンの授業は「画面の文字が汚くて気持ち悪い」とか「なんでマウスにボタンが2個もあるの?」とか、苦痛だったらしい(笑)。誤解されるのを承知であえて極論を言えば、これがMacの素晴らしさなんだよな。

 なんだかジョブズさんとは関係ないグダグダの文章になってしまったが、ご容赦願いたい。

 ジョブズさん、お疲れさまでした。でも、また新しい世界で何かスゲー物を発明しているかもしれませんね。いずれ俺がそっちへ行った時には、またそちらでもワクワクできる物がそろっているんでしょうなぁ。

 ご冥福をお祈りいたします。

藤田まことさん、お疲れさま。

 去る2月17日朝に、俳優の藤田まことさんが逝去された。
 昨日、ツイッターのタイムラインでその訃報を目にした時は、「ソース(信用できそうな情報元)出ないでくれ……」と願ってしまった。まじに。

 俺にとって、藤田さんといえば、もう中村主水につきる。物心ついた頃から……と言ったら大袈裟だが、小学生の頃から見ていた「必殺シリーズ」の代名詞と言っても過言ではないキャラクターの主水は、格好良かった。
 昨年前半の「必殺仕事人2009」にも出演され、確かにかつての「キレ」は無くなっているなぁというのは否めないながらも、痛々しさというのは無く、やはり「必殺」の顔として、大きな存在感を持っていたのが嬉しかった。

 ともかく、好きな役者さんが、また逝ってしまった……。

 ご冥福をお祈りします。

田の中勇さん、お疲れさま。

 1月13日、声優の田の中勇さんが亡くなられた。
 いや、もう、「田の中勇」さんというより「目玉の親父」だよ何度かのアニメ化鬼太郎やねずみ男の配役が変っても、さらには、実写版においても、目玉の親父の声は、あの声だったし、それ以外には考えられないよ。

 今後、どうするんだろ。

 田の中さんのご冥福をお祈りします。

黒川紀章さん、お疲れさま

 建築家黒川紀章さん死去 参院選にも立候補 73歳 (2007.10.12 asahi.com)

 東京・六本木の国立新美術館など「共生の思想」に基づく作品で国際的にも知られた、建築家で文化功労者の黒川紀章(くろかわ・きしょう)さんが12日午前8時42分、心不全のため東京都新宿区の病院で死去した。73歳だった。連絡先は東京都港区赤坂1の12の32、アーク森ビル13階。葬儀は親族のみで行う。妻は俳優の若尾文子さん。9日から入院していた。

 黒川紀章さんの突然の訃報。
 近年は都知事選挙や国政選挙へ立候補して、増してやその選挙活動の手法により、変人扱いされる面もあったが、氏は決してそんな変人ではない、と思う。
 正直いって、建築家としての黒川氏はあまり好きではない。でもそれは、俺としては他の建築家の作品の方が好みに合うというだけであり、黒川氏が世界有数の偉大な建築家のひとりである事には違いない。そして、もちろん、同じ業界の大先輩としては、素直に敬意を表していた。
 ご冥福をお祈りします。

逢坂浩司さん、お疲れさま

 ファミリー劇場で再放送している「機動戦士Vガンダム」を録画して、その先週放送分を今日観たのだが。
 冒頭に、逢坂さんの訃報をしらせるテロップが流された。

 逢坂浩司さん。去る9月24日にガンのため逝去。享年45歳。
 Vガンや、Gガン、0083等のガンダム作品をはじめ、多くのサンライズ作品を中心にご活躍されたアニメーターだ。
 サンライズ作品のファンとして、ひじょうに残念でならない。

 ご冥福をお祈りいたします。

植木等さん、お疲れさま

 植木等さん 仲間の待つ天国へ旅立ち (2007.03.28 Yahoo!ニュース)

 戦後の高度成長期を代表するコメディアンでクレージーキャッツのメンバー、植木等(うえき・ひとし)さん=本名同じ=が27日午前10時41分、呼吸不全のため都内の病院で死去した。80歳。三重県出身。本人の遺言により、近親者のみの密葬にし、来月初めにも「お別れの会」が執り行われる。肺気腫を患いながら仕事を続けてきたが、昨年、盟友の宮川泰(享年75)、青島幸男(享年74)の両氏を相次いで亡くし、憔悴(しょうすい)していたという。

 クレイジーの全盛期や、植木さんが主演した映画「無責任シリーズ」の公開当時、俺は生まれていない。
 しかし、子供の頃、ドリフターズが人気絶頂の中、俺の親父が、事あるごとに「ドリフの先輩はクレイジーなんだよ」と言って、テレビで「無責任シリーズ」が放送されると一緒に見たりして、いつしか脳裏に刷り込まれ、俺もクレイジーキャッツ、特に植木等さんを好きになっていた。
 今思うと、ちょっと下品なドリフの芸風に対してクレイジーのちょっとシュールなナンセンスは大人っぽくて、オシャレだった。もちろん、ドリフも大好きだ。

 植木さん、昨年からだいぶ体調が悪かったという報道は見聞きしていたが、自らの体調絶不調にもかかわらず、青島幸男さんの葬儀に参列し、車椅子から立上り毅然とお焼香する姿には「漢」を感じていた。

 4月に発売される、植木さん自らが監修したフィギュアを、1月に予約したばかりだが、その頃に体調悪化で再入院されたらしい。虫の知らせかなぁ……。
 亡くなったという実感がまだ全然ないのだが……。

GOLDENSTAR ゴ-ルデンスタア 日本一の無責任男 植木 等
B000LXESHW

 嫌な事を忘れられる、植木さんのあの笑顔が、もう見られないのかと思うと、寂しい。
 これでクレイジーのメンバーも過半数が天国に行ってしまったね……。

 ご冥福をお祈りします。

来春コンビ復活じゃなかったのかよ!

 カンニングの中島忠幸さん死去 (2006.12.20 デイリースポーツonline)

 今月初めに、「カンニング来春コンビ復活」ってニュースがあって、喜んでいたのに!
 竹山さんもコンビ復活を願って(「カンニング竹山」名義のまま)ずっと頑張ってきてたってのが、テレビを通して伝わってきてただけに、これはキツいニュースだ。

 んー。

 ご冥福をお祈りします。

実相寺監督、ご逝去

 訃報 実相寺昭雄さん69歳=映画監督 (2006.11.30 Yahoo!ニュース)

「ウルトラマン」「帝都物語」などで知られる映画監督の実相寺昭雄(じっそうじ・あきお)さんが29日午後11時45分、胃がんのため東京都内の病院で死去した。69歳。葬儀は12月2日午前10時半、文京区湯島4の1の8の麟祥院。自宅は非公表。喪主は妻で女優の原知佐子(はら・ちさこ=本名・実相寺知佐子)さん。

 特撮好き、ウルトラマン好きの俺としては、もうたまらなく悲しいぜ。

 斬新なカメラワーク、不条理な演出。さらにはその特撮番組においての約束事をも破る演出。
「慌ててカレーライスのスプーンを取り出してウルトラマンに変身しようとしたハヤタ」は「ヒーローに間抜けな事をさせるな」と叱られ、「アパートの一室(貧乏臭い和室)に潜むメトロン星人とちゃぶ台を挟んで座り対談するモロボシダン」は「海外への輸出を念頭に置いているので、なるべく日本風な描写はするな」と叱られた、などは有名なエピソードだ。
 だが、叱ったのは番組関係者で、上司にあたるような立場の人達であり、上記のエピソードは、俺たちファンの脳裏には焼き付いて離れない、印象的なシーンだ。もちろん、何度見ても楽しい。

 実相寺監督の作品としては、Vシネでリメイクされた「シルバー假面(かめん)」が遺作となってしまった。

 数日前の27日には、「ウルトラQ」「ウルトラマン」などの作曲を手がけられた宮内國郎さんも亡くなった。

 今ごろ、お二人で、新作の主題歌についての打合せでもしているのだろうか。

 ご冥福をお祈りします。