2004/01/05

 年明け初めての診察。脛骨と腓骨の骨折部は順調だが、足首関節の開きが改善去れていないとの事。しかし、ずれてもいないし、悪化もしていないので、このまま様子をみようと言われた。
 28日の週には、自分の足二本で立てる事を目指す(それでも、杖は必要だろう……)。

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/8559/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください