Air Sharing

Air Sharing

 Air Sharing。iPhone/iPod touch用の、ファイル転送ソフト。Macから(WindowsとUMIXからでも可)文書ファイルや画像、音楽などをiPhoneへ転送し、見るという、いわゆる”on the go”系の閲覧ツール。
 これ系のソフトはApp Storeにもたくさんあるが、どれも有料で試用もできないので、ためらっていた。このAir Sharingは、最初の公開から2週間限定ながら無料(日本公開9/8)。2週間経過後はUS$6.99とApp Storeとしてはお高めなので、ちょっとでも気になる人は、いまのうちにダウンロードしておこう。すぐに使わなくても、iPhoneに同期せずiTunesにストックしておくだけでもいいじゃん。

 さて。Air Sharing。その名の通り、MacからiPhoneへの転送は無線LANで行うのだが、操作は至極簡単。初回に僅かな項目設定をした後は、iPhone側ではAir Sharingを起動しておくだけ。
 Mac側で、iPhoneのAir Sharingdデータ用ディレクトリ?にサーバ接続すれば、マウントされ、Finderに表示されるので、そのフォルダに転送したいファイルをドラッグ&ドロップする。そうすると、リアルタイムでiPhoneに反映されていく。フォルダ作成もMacのFinder上で可能。

 まずは、JR東京近郊路線図と、東京メトロ路線図(共にPDF)を入れてみた。iPhoto経由で「写真」に入れて見るより表示も早いし綺麗。俺としては、これだけでもAir Sharingの利用価値ありだわ。
 ちなみに今までは、路線図は、JPEGに変換して(JRのはPDF加工・変換にプロテクトがかかっているので苦労した(笑))iPhotoに入れてiPhoneの「写真」で見ていたが、これだと自動的に縮小されて駅名がよみにくかったんだよね。iPodだと、写真の同期設定に「フル解像度で転送」みたいなチェック項目があるのに、iPhoneにはない。

 それと、テキストファイルの転送も試す。Jeditで書いたプレーンテキストを転送したが、文字化けがひどい。エンコードと改行コードを色々設定してためしてみたら、エンコードはUTF-8、改行コードはLFで、「先頭にBOMを付加して保存」に設定すると、文字化けがなくなった。これは俺の環境だけかもしれないけど、一応メモしておく。

 対応フォーマットも多いし(有名どころはほぼ網羅されている)、母艦はMac、Windows、UNIXが利用可能という懐の広さ。
 とりあえず、無料のうちにゲットしておきましょう。


テスト/moblog

iPhoneから、写真付きのモブログを送る。
全角スペースの入力のしかたが解らない。行頭字下げができなくて、イラ
イラする(笑)。

–Apple-Mail
Content-Disposition: inline; filename=photo.jpg
Content-Type: image/jpeg; name=”photo.jpg”
Content-Transfer-Encoding: base64

/9j/4AAQSkZJRgABAQAAAQABAAD/2wBDAAICAgICAQICAgICAgIDAwYEAwMDAwcFBQQGCAcICAgH
CAgJCg0LCQkMCggICw8LDA0ODg4OCQsQEQ8OEQ0ODg7/2wBD
AQICAgMDAwYEBAYOCQgJDg4ODg4O

(この間、延々と文字化けがあったが、鬱陶しいので中略削除)

sxXfKqxlcvgEYP0B6VooyetvxInRduaN35dCArdbQzky8AL04qMFDM
UmDxEjqPXn1qd44w8iAjAP
B6ZoMv7giN1EgPCA+5rmk5p2aKlyt+9t5WY1lhijQl5GYsVIYj5cDpih3
ZhlCVbHPGP61IqBijsP
nwcjOcZz709YmClpHDAA53YxgHjHGK3c1KNopXNI0KcutkReUJU3


見ないで描く、ガンダム! 第1回「ランバ・ラル」

 不定期にやっているうろ覚え似顔絵からのスピンオフ企画。
 企画協力(笑)somedayさん。

 見ないで描く、ガンダム!♪ちゅるる〜ん ででで〜ん〜
 みんなでガンダムを描こう。しかも、本物を見ないで。
 思いっきり参加者が限定されそうな企画だが(笑)。

 記念すべき第1回のお題は「ランバ・ラル」。

 各自でラル隊長の絵を描いたら記事にして、ここにトラックバックを送ってください(※当記事への言及リンクがない場合は、トラックバックが受け付けられない事があります)。
 各種お絵書きソフトで描いた物はもちろん、肉筆をスキャナ読み込みしたり、デジカメ撮影したりしても可。本物を見ないで描けば、何でもいいです。
 大丈夫、俺の画力を見れば、みな自信もてるでしょう(笑)。

 まずは、びといんが描いた「ランバ・ラル」(jpeg 640*480)。
 まずご自身が描いてから見る事を推奨します。似てないので大丈夫だけど(笑)、色々な意味で影響されないように、ね。

 よろしくご参加ください。


ケータイ用PCサイトビューア「ぐるっぽ」

 パケット課金をあまり気にしなくなったのはいいが、俺のケータイV903SHにはフルブラウザは搭載していない。
 いろいろ探したら、無料のパケット節約/PCサイトビューアを見つけた。

 ぐるっぽ

 アプリではなく、処理サイト経由の提供で、さらに、厳密に言えばフルブラウザではないが、なかなか快適。
 将来は有料になるのかもしれないけど、今のところ無料。

 ぐるっぽの機能
・PCサイトビュー
PC用サイトを見ることが出来ます
・表示モード選択
お使いの携帯に合ったた表示モードを選択できます
・表示文字数制限
お使いの携帯メモリーに合った文字表示数を選択出来ます
・JPEGサイズ変更
JPEG画像を指定されたサイズにリサイズして表示します
・JavaScript/スタイルシート選択
有効無効を切り替え可能です
・通信履歴保存
From入力にも対応しています。認証されたユーザーのみアクセス可能です
・QRバーコード表示
QRバーコード表示を利用すると簡単にサイトへアクセスできます
・携帯エミュレータ
3キャリア選択してPCから携帯サイトが見れます
・個人用ブックマーク
登録はボタンクリックするだけ/編集機能付きブックマーク
・共有ブックマーク
登録者のお勧めサイト集
・ミニチャット
ページを見ながらぐるっぽ利用者同士でチャットできます
・セッションクッキー発行
クッキー非対応端末でもBBSやブログに書き込み出来ます
・JavaScript一部対応
AタグのonClickイベント「window.open」に対応しています

 表示モードがいくつかあって、容量が大きくてケータイ内蔵のWebブラウザでは表示できないサイトも、タグ整理処理をして、分割表示してくれる。

 このぐるっぽは、パソコンからも使える。
 で、裏技として、LANなどでキーワードによりアクセス規制されているサイトも、ぐるっぽ経由だと表示される(笑)。
「掲示板」カテゴリでブロックされてしまう多くのブログにもアクセスできるというわけだ。
 これ、密かに便利。


ジオン公国章ステッカー作成の副産物

 先日作ったステッカー用に起した画像を再利用して、壁紙画像を作成してみた。
 ドローデータで一度作ってしまえば、様々流用できるので、便利だね。

 全て、1024*768のjpeg画像。
 記事内の画像はサムネイルになっているので、クリックすると別に本来の大きさのが表示されます。
 よろしければ、どうぞ。自己責任で利用してください。
 ジーク・ジオン!

続きを読む


萌えペイント?

 相変わらず不調のCLIEだけど、これ用のペイントソフトを見つけた。
 MoePaintというのが、それ。萌えペイント?
 俺の持っているCLIE NX60には、Photo Editor っていうソニー純正のツールがついていて、これでも簡易にお絵書きはできるけど、ペン、消しゴムしかなく、まぁ、JPEG写真の上にちょびヒゲ描いたりハゲヅラにしたりする程度。それに、既存の絵が読み込めない。つまり、一度保存したら修正できないという物。
 で、フリーのペイントツールを色々使ってきたんだけど、今回見つけたMoePaintは凄い。
 データ保存は独自形式だけど、BMPファイルの読込みと書き出しができるので、問題なし。メモリの関係もあり、せいぜい320*320くらいの絵しか書かないし、メモリースティックにBMPで保存しておけば、事実上は不自由なし。BMPなら、Macへの転送・再利用も容易だし。
 さらに凄いのは、これ、PalmOS用としては珍しく、レイヤーが使える! フリーソフトなのに!
 当然、スタイラスペンで直接書けるし、最高だね。
 んー、もうちょっと使えるぞ、CLIE。
 っていうか、無理して使わなきゃ(笑)。


2002/11/28

OCNは、契約アカウントでFTP接続しないと、web更新ができない。
つまり、自宅のADSLか、出先ではダイヤルアップでアクセスする必要がある。
嫁さんと娘は、フリーアカウントのサービスに設置しているので、webブラウザでアクセスできれば、どこでも更新可能。その点だけは、少しうらやましい。

CLIE NX60では「書道」の動作が怪しいので、使用を段念。
代わりにNX60標準搭載のPhotoEditorで書く(描く)。
こちらの筆モードも良くできている。保存形式がJPEGだし、再利用にも有効。気に入った。
「書道」で書きためた作品は、近日公開しようと思う。