洋食レストラン「ハッスル」は、屋号の印象とは違っていた

20150803_hustle_3

 数年前、当時の勤務先で稲城方面の現場を担当していた時に、京王線とJRとの乗換で何度か利用していた分倍河原駅。事務所は九段下で、現場の用事が終日でなければたいていは昼時に移動時間を長めにとって、途中食事をしていた。
 その時から気になって、行ってみたいと思っていたが、昼時は席が一杯だし帰りは早く帰りたいしで今まで訪問かなわなかったお店がある。

 先日、オフ会で分倍河原で下車する機会があったので、その気になっていた「洋食レストラン ハッスル」に行ってきた。

20150803_hustle_1

20150803_hustle_2
 ハッスルは、京王線分倍河原駅を出てすぐ。いい雰囲気の路地を進んだ突き当り、飲食店がたくさん入居している雑居ビルの2階にあった。

20150803_hustle_8
 店構えがこういう雰囲気の店は、たいていアタリ(笑)。飾り気のない意匠の洋食屋とか、ドアも床も壁も油っぽいラーメン屋とか。

 ハッスル丼というのがとても気になったが、量が凄そうなので今回は保留。
 オムライスが評判だそうなので、それにするかな。でもハンバーグも美味そうだ。少し悩んで、ランチセットのハンバーグ&エビフライ(スープ、ライス付)と、トッピングでオムレツを注文。嫁さんはオムライス(スープ付)。

20150803_hustle_4

20150803_hustle_5
 ころもがサクサクしていて油くどさがないエビフライ。ハンバーグはほんのちょっと香ばしい香りがしている。
 トッピングのオムレツは200円だが、とろふわで価格以上の価値がある。
 どの料理も、素朴で温かい家庭料理みたいだ。  店内の雰囲気も屋号から受ける印象とはまるで違い(笑)、落ち着いた穏やかな感じで居心地がいい。

20150803_hustle_6

20150803_hustle_7

 いやぁ、これは大満足。分倍河原に行くときは、また寄ろう。

 それにしても、どのメニューもボリュームがあるからだろうか、若い人が多かった。
 ごちそうさまでした。

ユーミン

 昨日。ブラタモリに倣ってまちを歩く散策オフ会に参加してきた。場所は本郷。
 追々記事にしていくつもりだが、まずはこれを。
(写真はクリックで大きな物が表示されます)

 本郷の住宅街にひっそりと建つピンクの壁の建物がかわいらしい、喫茶店ユーミン。
喫茶店ユーミン
 営業していなかったのだが、しかしもう、この入口だけで突っ込みどころ満載だ。
喫茶店ユーミン
 A.C.Cジュースというのが看板メニューのようだ。A.C.Cジュース。どんなんだろう。気になったが、お休みだったので確認することもできず。それにしても安いな!
喫茶店ユーミン
 昭和っぽさ炸裂の呼び鈴。型も古いが、調子が悪いらしく、つよく押さないと鳴らないのかな……って、押すんじゃなくて、つよく……どうするんだ? この字、読めない。
喫茶店ユーミン
 持ち込み自由なんだね。商売っ気がないねぇ。いや、もしかしたらメニューはコーヒーとA.C.Cジュースのみなのかもしれないな(笑)。食事は各自持込みで。もちろん、想像。
喫茶店ユーミン
 営業は2月6日から。1か月以上正月休み。商売っ気がないねぇ。
 つーか、なんで「ユーミン」なんだろうって事も気になるが。これにて。

新しいランチョンマット

ネコのランチョンマット
 今まで和室で家具調こたつで食事してたので、実は自宅では使ったことはないんだけども。
 新居はダイニングテーブルでの食事となるので、新しいランチョンマットを買ったよ。
 猫の刺繍がかわいい。家族分4枚。

ワンセグ(BlogPet)

びといんの「ワンセグ」のまねしてかいてみるね

昼休みに食事ついでに外に外に食事ついでに便利だったのは、途中のは、先月までに食事ついでに出ていいっての電車待ちで受信地域設定を見たりする。

*このエントリは、ブログペットの「晋作」が書きました。

ワンセグ

 昼休みに食事ついでに外に出て、ケータイでワンセグを見る。帰宅途中の電車待ちでも、ニュース目的でワンセグを見たりする。
 いちいち受信地域設定を変更しなくていいってのは、これほどまでに便利だったんだね。

 通勤中だけでも、東京〜さいたま〜浦和〜前橋と、途中で受信地域を変更しなければ、視聴できなかったのよ、先月まで。

理解不能なニュース2件

 厚労大臣の「産む機械」発言。
 もう、議論の余地ないよな。大臣を辞任しろとか、そういう事はある意味ではどうでもいい。それ以前の問題だろ。
 すぐ謝罪したらしいが、それこそ機械的に「不適切だと思ってすぐ反省した」という雰囲気だ。
 この大臣、本気で女性を愛した事があるんだろうかね。70歳越えてるから古い考えだなんてことですまされないよな。「すぐに不適切だと気付いて謝罪する」ような発言ってのは、本音が潜むもんなんだと思う。
 一番むかつくのが、こういうバカのせいで諸外国から「これが日本人男性の大多数の気持ち」と思われてしまうおそれがあるということだ。
 ってことで、女性側だけの問題じゃないよな。いやいや、もちろん、そういう表面的な問題じゃなく。
 女性がたくさん子供を産めば、それだけで少子化対策になるのかよ、という単純な疑問を、普通の人は感じるだろう。

 給食費滞納問題。
 これも、俺は理解できないなぁ。
「義務教育だから給食費は払わない」という意見があるらしいが、そんな屁理屈以前に、食事ってのは自己負担だろ。生活苦のために給食費が払えないというのなら、補助制度もちゃんとあるはずだ。
 学校給食法を読めよ。
 未納連中の食費を、まっとうに納付している人が負担して自分の食べる分を減らしているか、他の経費から流用したりして賄ってるんだぞ。

 あー、この2件、ほんと、理解不能だわ。