ソフトバンクiPhoneのスマ放題で無料の留守番電話を使う

 iPhone。仕事で結構発信もするので(というかプライベートではほとんど通話しない(笑))、去年の8月からスマ放題にしていて、2700円/月で国内通話し放題ってのはいいんだけれど、それまでのホワイトプランでは無料でついていた留守番電話サービスがなくなって有料サービスのみになった。
 iPhoneには本体に簡易留守電機能もなく。
 圏外でなければ着信履歴は残るので、出られなかった時はこちらから折り返しでもまぁいいやと、ずっとそのままにしていた。
 が、ここにきて留守電が必要な事が発生し、300円の有料サービスを契約するのもシャクなので少し探したら、いいのをみつけたよ。

 FUSION IP-Phone SMART というサービス。
 050番号を付与してくれるIP電話サービスだが、基本料、登録料、留守番電話サービスが無料。少なくとも今現在の所は、こちらから発信しない限りは一切の費用はかからないみたい。

 契約にはメールアドレス(ここに着信通知が届く)とクレジットカードが必要。
 契約し開通したら(申し込みから開通するまで最長60分かかると案内されているが、俺の場合は15分程度で開通した)、通話に使うつもりはないので、マイページで「留守番電話設定」にチェックを入れ、「呼出時間」を即時に、「着信メール通知+録音デーファイル添付」をチェック。俺はメール送信後データ削除にもチェックした。10件溜まると録音できなくなるそうなので。

 次にMy SoftBankで上記IP-Phone SMARTの番号へ転送設定をすればいい。俺は20秒で転送にした。このくらいが無難だろう。
 なぜかiPhoneからのMy SoftBankだと転送設定終了確認ボタンが押せず完了できなかったので、Macでアクセスした。

 着信通知がメールで送られてくるし、留守番電話のメッセージがあった場合は、それを音声ファイル(WAV)で添付してくれる。いちいち留守番センターへ行きキー操作で再生したり削除したりという面倒なことをしないで済む。
 送られてきた音声ファイルはクリアでとても良い。
 ただ、強いて言えばひとつ難点が。この音声ファイルを聴く時は、いわゆる留守番センターの声を電話越しに聴くのではなく、メール添付の音声ファイルの再生になる。はい、iPhoneで音楽を聴く時の事を思っていただきたい。イヤホンを挿していないとiPhoneのスピーカからメッセージがダダ漏れになる。ミュートしていれば聴こえない。外ではイヤホン必須という事を心得てさえいれば、良好なサービスだと思う。

 ソフトバンクの留守番電話サービスは300円/月。年間で3600円の経費節約になる。
 ありがたいことです。


JAWBONE ICON HD を買った

 Bluetooth接続のヘッドセット JAWBONE ICON HD を購入した。

JAWBONE ICON HD
 JAWBONEの製品は、同じくBluetooth接続の小型スピーカ JAMBOX も愛用しているのだが、それと同じく、洒落たパッケージになっている。

JAWBONE ICON HD
 小さくて、かっちょいい。内側に通話時のノイズキャンセリング機能に使われる骨伝導マイクがついていて、それが頬にあてやすくなるように、ユニットが流線型になっている。それも、デザイン性を高めている感じ。

JAWBONE ICON HD
 充電中は、骨伝導マイクの回りが赤く点滅。

 ハンズフリー通話はもちろん、iPhone——他の端末は知らない(笑)——につないで音楽再生もできる。電源ボタンと通話ボタンしかなく、音楽操作も再生と一時停止、音量調節しかできない。それは承知で購入したのだが、それだけできれば大抵の場面では問題ないだろう。
 出先でとはいえ片耳で音楽を聴くというのは、最初は違和感を覚えたが、(自宅で)数十分試したら慣れた。
 そりゃ、ステレオヘッドホン/イヤホンには敵わないだろう。それでも、本来は通話のためのガジェットであるヘッドセットにしてはとても良い音で音楽も聴ける。この辺は、JAMBOXにも通じるコンセプトだね。
 片耳が空いているので、歩きながら装着・音楽再生していても、安全性が高いし。
 こんなに小さいのに、フル充電で連続通話4.5時間/待受け10日。

 明日、通勤時に使用するのが楽しみ。

 商品紹介サイト(トリニティ)

 Aliph 【日本国内正規品】【JAWBONE 骨伝導ノイズキャンセリングマイク搭載】 Jawbone ICON HD ブラックシンカー ALP-ICONHD-BT


コードレス電話機

 家の固定電話用の電話機が壊れたようなので、新しいのを購入。
 家電《いえでん》はほとんど使わないので、子機がコードレスで簡単な留守電機能さえあれば、高機能のものはいらない。
 って事でAmazonで探して見つけたのが、これ。Uniden デジタルコードレス留守番電話 メタリックレッド UCT-002(R)。

Uniden デジタルコードレス留守番電話 メタリックレッド UCT-002(R)
B000LF0D88

 届いた箱を空けて、まず「小さっ!」と思った。
 親機は留守録再生を聴くことはできるが、通話機能はない。つーか、それ以外の機能は解くにない。ただの充電台みたいなもんだ(笑)。
 今まで使っていた電話機のコードレス子機は、普通の受話器みたいな形状だったが(そういうのが大半だろうけども)、これは、小さくて、見た目は昔の携帯電話みたい。

 キッチンカウンターの隅に置こうと思ったで、小さいのを選んだのだが、よくよく考えたら、我家の固定電話はNTTではなくインターネットプロバイダのIP電話なので、設置場所が限られる。プロバイダからのレンタルであるIP電話対応ターミナルアダプタに電話機を繋がないといけないからね。
 結局、夫婦寝室として使っている和室に親機を置いて、当然そこで充電。充電が完了した子機をキッチンカウンターに置くということにした。ちょっと面倒くさいけど、充電台に置きっ放しよりはバッテリーへの悪影響がないだろうし、これでいく。ニッケル水素充電池で、満充電まで15〜20時間かかるってのも、なんか昔の家電品みたいだな(笑)。

 色はレッドを選んだが、Amazonの写真より実物の方が渋くていい感じ。

 しかし、デジタルコードレス電話機が5千円弱で買えるとは、凄い時代になったもんだ。
 安かったので3年も使えればいいかなと思っている。


通称「バスタブ」

 iPad Wi-Fi(3G回線なし)を購入した時に、これ用の屋外通信手段として、Pocket WiFi(ソフトバンク版のC01HW)を買い、さらにiPhone3GSもモバイルデータ通信(いわゆる3G回線でのパケット通信)をオフにしてWiFiのみで運用していた(通話やSMSは普通にできるよ)。
 快適に屋外WiFi環境を満喫していたわけだが、やはり覚悟していたとおり、Pocket WiFiのバッテリーがねぇ。このサイズのガジェットで充電池のみで4時間通信できるのは、確かに「長時間」といえる。WiFiは常にオン(無線電波を出しっ放し)3G回線は5分でオフの自動設定。これで待機を含めて5〜6時間は使えるので、たいしたもんだ。が、それでは絶対的価値としては短い。
 ソフトバンクの圏内ならそれこそいつでもどこでも通信可能だった——至極普通の(笑)——使い方をしていた時と比べると、いささか不便だ。
 そんなわけで、Pocket WiFi互換の大容量バッテリー、通称「バスタブ電池」を購入。んー、常套手段だわ(笑)。

Pocket WiFi 大容量バッテリー(バスタブ)

Pocket WiFi 大容量バッテリー(バスタブ)

 重ねてみた。上の黒いのが標準付属品、下が大容量。
 厚みは通常の三倍!(笑)

Pocket WiFi 大容量バッテリー(バスタブ)

 容量は標準1500mAhに対して3900mAh。2.6倍。でかいはずだよね。
 取説によると、空の状態からフル充電させるまで12時間とある。標準品が4時間だから、順当だね。
 ちなみに、開封時のバッテリー残量表示は半分。まずこれを初回のフル充電に向けてACアダプタ接続。4時間かかったよ(笑)。

Pocket WiFi 大容量バッテリー(バスタブ)

 電池がでかくなるので、当然、標準のカバーは使えず。深い形状の専用カバーが付属する。
 これが「バスタブ」のゆえんたる物だ。確かにバスタブに見える(笑)。

Pocket WiFi 大容量バッテリー(バスタブ)

 ちなみに、バスタブカバーを装着して標準バッテリーを入れると、ちょっと動かすだけでカバーの中でバッテリーが外れてしまう。標準バッテリーも鞄の中に入れておくつもりだが、標準カバーも一緒に持っていくのを忘れないようにしないとな。

Pocket WiFi 大容量バッテリー(バスタブ)

 装着すると、こんな感じ。コロコロしちゃった。けど、俺はかばんに入れて携帯しているので、問題なし。
 俺の使い方では、容量比で単純に2.5倍以上(12時間以上)、1度のフル充電で使えればいいな。
 明日が楽しみ。初回完全放電させるんだ。


iPhone用リモコンと補助電源

 iPhoneのリモコンと補助バッテリーを購入した。どちらも、トリニティのsimplismブランドのもの。
iPhone
 この3ボタンリモコンは、iPod/iPhone3GS用のアップル純正リモコンイヤホンと同様の曲コントロールが可能。これに好きなイヤホンを接続できるもの。マイクは内蔵されていないので、iPhone3GSでの音声通話はできないけど、それ以外はまったく同じに操作できた。
iPhone
 乾電池式、補助充電アダプタ。これに単4乾電池3本を入れて、iPod/iPhoneのDockコネクタに接続して、充電を行う。
 エネループを入れて、iPhone3GSに充電してみたら、バッテリ残量26%の状態から80%まで充電できた。54%充電できたということか。説明書によると、完全放電のiPhone3Gにエネループで60%まで充電できるとあるので、3GSでこれってことは、まぁ、仕様どおりなんだろうな。使ったエネループも、たぶん充電してから半年くらい置いてあるものだし。
iPhone
 iPhoneへの接続も、違和感がない……っていうと嘘になるけど、同じようなデザインになっているので、及第点だろう。
 しかしね、この充電アダプタ。入れた電池を取り替える時、固くて外しにくい! 不良品かもしれない。メーカーに問合せ中。
 コンパクトだし、この電池の固さ以外は気に入ってるんだけどな。


うーむ

 iPhone 3G から 3G S への機種変更金額もショップで教えてくれるようだ。まぁ、新機種の価格については、新規購入と機種変更とで、そんなに変わらない。もう少しまって、現行機種を1年使用すれば、また若干下がるはず。
 とはいえ、機種変更すれば、3G の月月割がなくなる。都合、1万円/月を超える払いになるね。通話ゼロでも。

 この現実に、冷静になりました。


初めて買った携帯電話

 引越の荷ほどきをしていたら、懐かしいケータイが出て来た。
DP-151
 俺が初めて持った機種。ノキアのDP-151。13年と10ヶ月前に東京デジタルホン(現・ソフトバンクモバイル)と契約して買った物だ。
DP-151
 今時のスマートフォンよりも大きくて重たい。
 もちろん、メールもできない。カメラもついてない。機能といえば通話と電話帳、あとアラームくらいか。
 取っておいてもしかたないので、リサイクルのためソフトバンクショップへ持って行ったら、店員にも「ずいぶん古い機種ですね!」と言われたよ。


イヤホンのパッド

 iPhoneには、マイク付のヘッドセットが付属している。イヤホン部分は従来のiPod付属品と同じ形状で、あまり好きではないのだけれども、通話できるマイクと、iPodモードの時に簡易リモコンになるスイッチもついているので便利に使っている。
 iPod付属イヤホンは、第三世代iPodに付属してきた物を購入当初にちょっと使用したきりだが、その5年前のやつよりは、音もまぁ良くなっている。
 しかし、相変わらず、耳から外れやすい。最近のはカバー(パッド)が付属してないみたいだし。
 ってことで、イヤホンパッドを買った。まめに交換する消耗品なので、百円ショップで。
イヤホンパッド
 使用感は悪くない。んで、息子に1組あげたんだけど、その時、息子が「これ、どうやって着けるの?」という。
「そのまま、穴から通して、イヤホンにかぶせればいいんだよ」
「穴、ないよ」
 ないわけないだろ。と、確認すると、ひとつだけ、本当に穴がない。
イヤホンパッド
 これ、ひとつ裏返した偽造写真じゃねーぞ(笑)。
イヤホンパッド
 灯に透かしてみると、ほら。ひとつだけ、穴がない。
 うーむ。8個入り100円だから、まぁ、いいか。ちょっと面白かったし(笑)。


iPhoneをスカイプ端末にするアプリ

Fring

 iPhoneでスカイプ通話を可能にするアプリ。これ、以前にも脱獄囚向けにはあったんだけども、今回、晴れて、アップル公認アプリとしてiTunesのAppStore経由での配布が開始された。
 大人の事情もあってか、WiFi専用だけども、とにかく、「タダトモ」以外とも無料通話が可能になったわけだ。
 まぁ、WiFi専用って事で、俺の場合は、実質的にはほとんど自宅以外では使えないのだけどね。純然たるスカイプ携帯端末ではなく、アプリで実現してるので、PCのスカイプ環境と同じく、こちらでこのfringを起動しておかないと(スカイプにログインしていないと)、通話待ち受けにはならないんだけどね。さらに、国内であれば、iPhoneはソフトバンクしか販売していない現状では、ホワイトプランに加入していれば、iPhone同士は(もちろん、ソフトバンクケータイとも)1時〜21時の間は無料通話できるんだけどね。

 PCにヘッドセットつないで待つより、iPhoneでfringを起動して待つ方が、スマートだなと思う。

 ちなみに、俺のスカイプIDは、between_tokyoです。最近、滅多にログインしてないけど(笑)。


iPhone2.1ソフトウェアアップデート

 いつものように、iPhoneのバックアップ&同期をとろうと、MacにつなぎiTunesを起動。すると、iPhone2.1ソフトウェアアップデートがあるとのダイアログが。おぉ。12日リリースと予告されていたので、日本では13日だと思ってたよ。

 今回の修正・改善内容は、次の通りだと。

・ 通話発信時のエラーと通話中のエラーによる回線切断の発生頻度の減少
・ ほとんどのユーザを対象としたバッテリー寿命の劇的な向上
・ iTunesへのバックアップの所要時間の劇的な減少
・ メールの信頼性の向上(特にPOPおよびExchangeアカウントのメールフェッチ時)
・ 他社製アプリケーションのインストールの速度向上
・ 他社製アプリケーションが多数インストールされている場合にハングおよびクラッシュを生じる問題の修正
・ SMSのパフォーマンスの向上
・ アドレスデータの読み込みおよび検索速度の向上
・ 3G信号強度表示の正確性の向上
・ バッテリー寿命の劇的な向上
・ SMS着信時の警告音繰り返し機能(2回まで追加可能)
・ パスコード入力に10回失敗後のデータ消去オプション
・ Geniusプレイリスト作成機能

 予想以上に凄そうだぞ。

 で、ダウンロードとアップデート、iPhoneの再起動まで15分くらいかかって、無事終了。
iPhone2.1
iPhone2.1
「設定>情報」欄に「キャリア」っていう項目が増えている。モデムファームウェアも更新されてるね。
 前述の公式な改善内容には書かれていないんだけど、日本語入力が大幅に改善されているらしい。
iPhone連文節変換搭載
 おぉ! 連文節変換が搭載された! 速度も大幅に向上してて、やっと「普通のケータイ程度の文字入力」になった感じ。でも、今までもリセットすればその後しばらくは速くなってたので、まだ油断はできないけどな。
 それと、期待しているのは、バッテリー持続時間の向上。何しろ、前述の公式改善内容にも2度も書かれているくらいだから、よっぽどバッテリー寿命が伸びたのだろう(苦笑)。イヤミはともかく、どのくらいのもんだか、楽しみだ。

 従来のケータイは、たまにバグ修正処置がされたくらいだったが、ソフトウェアアップデートにより、不具合修正はもちろん、機能進化するiPhone。いいわ。