MacBook Pro の内蔵光学ドライブをHDDに換装

 先日、愛機MacBook Pro 13インチ(Mid2010)のメモリを4GBから8GBに増設するついでに、内蔵光学ドライブをHDDに換装した。

 アマゾン購入した換装キットは恵安の「光学ドライブ用 HDD/SSDマウンタ MacBook対応 KD095-M」というやつ。
20121213_DVD_kansou1
 怪しげなパッケージで届く(笑)。
20121213_DVD_kansou2
 何かから外して死蔵してあった128GBの2.5インチHDDを装着。この部分はネジもなくコネクタに差し込むだけ。
 あ、MacBook Pro内部の写真を撮りわすれた(笑)。
20121213_DVD_kansou3
 ってことで、無事に256GBのSSDと128GBのHDDの2台が接続された。
20121213_DVD_kansou4
 外した光学ドライブは、外付け用ケースに収めてUSB接続で使うのだが、取り出したのはスロットローディングなので、ケース付属のフタが使えない。表面むき出し状態。まぁケースがプラスチックで安っぽいし、このままでも動作に支障がないのでいいや。


MacBook Pro のHDDをSSDに換装

 わが青春のアルカディア……じゃなくて、わが愛機 MacBook Pro 13″ (Mid 2010) のHDDをSSDに換装した話。
 もうそろそろ新機種が発表されそうな噂もあり、その新MacBook Pro を購入しようとは思っているのだけれども、その時には「家庭内スライドアップグレード」として、俺のこのMacBook Proは嫁さんか家族共用になるので、今時点でもこういうプチアップグレードは十分有用だろうと。

 当然、まずは MacBook Pro の裏面外装を外すのだが、そうしてあらわになった内部。やっぱりアップル製品はガワは当然として、中身も美しいね!
20120320_mbp_bunkai

 で、今回購入したSSDは、これ。

Crucial 2.5インチ 内蔵型 SATA3.0対応 M4 SSDシリーズ 256GB CT256M4SSD2

 しかしSSDも安くなったねぇ。2年ちょっと前に125GBのを買った時より、今回256GBを買った価格の方が安いのよ。
 タイの洪水災害によりHDDの供給量が激減した影響でSSDの採用が増えたのも一因で、量産効果で価格が大幅に下がったそうなので、あまり大喜びもできないけどね。

 ともかく、やはりSSDは速いし静かだし省電力だしで、いいね!


平行定規をプチ改造

 二級建築試験の二次試験——設計製図——のために、自宅でも資格学校の課題やら自習練習やらをやっている。
 俺の持っている平行定規(簡単にいえば製図板)は十年以上前の物。どこも壊れていないし、当時ちゃんと「建築士試験会場持込み対応」というのを購入し、もちろん今でも対応している。
 先週、資格学校の講義に出席した時に、他の受講生のをみたら、最近の平行定規はいろいろと進歩してるんだね。十年も経てばそりゃそうか(笑)。
 別に新しいのを欲しいとは思わないし、自分のが古いからって恥ずかしいとも思わない。建築士試験意外には滅多に使わないので、これで十分。
 しかしね、若干の問題点が。
 製図板に傾斜をつけるための脚があるんだけど、それがね、俺のは版の向こう縁近辺についてるのよ。
 A2サイズだから、最低でも板の間口60センチ×奥行45センチはあるんだよね。
 試験会場(大学や専門学校)によっては、机の幅が狭くて、傾斜脚が乗らない。
 そんな懸念があるので、その傾斜脚の位置を付け替えてみた。

平行定規

 なにしろ古いタイプなので製図板裏面でワイヤーが露出しているため(最近はフレームに内蔵)、それと干渉しないギリギリの位置まで、傾斜脚を約10センチ内側へ移動した。
 これならさすがに机の奥行に収まるだろう。傾斜角度も若干増えて描きやすくなった。

 まぁ、道具よりも技術だよ、ってのは重々承知だが、くだらない不具合でイライラするのも嫌だしね。


Eye-Fi Pro X2 を買ったが……。

 人気の無線LAN内蔵SDメモリーカード Eye-Fi Pro X2が値下げされて久しいので、購入した。
Eye-Fi Pro X2 8GB EFJ-PR-8G
B003ITFTNI

 愛用しているコンパクトデジカメ PENTAX Optio I-10 で撮影した写真にも、iPhoneみたいにジオタグ(位置情報)を付与したいというのが目的。
 結論からいえば、一週間で使用をやめた(笑)。

 Eye-Fiでのジオタグ付与は、GPSではなく、周囲の無線LANアクセスポイントをリストアップし、三角測量の要領で位置を割り出す仕組みらしい。
 ただし、ジオタグは無線LANで送信時にEye-Fi提供元のサーバを経由させた次点付加されるので、厳密には撮影場所ではなく送信した場所になる。外で撮影し、自宅で送信とした場合は、自宅の位置情報となってしまう。
 まあ、その辺の仕様は下調べをして承知の上購入したのでよい。

 外での撮影には、Pocket WiFiを使い、その場でサーバへ送りたい。そうしないと、撮影場所のジオタグが付かないからね。
 ところが、これが問題だった。まずI-10の電源を入れてから直後の撮影では、Eye-Fiが周りの無線LANアクセスポイントを探すからか、Pocket WiFiを認識して接続するまで2〜3分かかる。I-10の電源を入れっ放しで引き続き撮影すれば、以後は短縮されるが、それでも1枚撮影する度に1分近くかかる印象。
 さらに、仕組みとしてしょうがないのだろうが、測位に使う無線LAN(それに接続する必要はないらしい)がない所では、ジオタグは付与されない。

 俺は、SDカードを外して MacBook Proに挿して iPhotoに読込むという作業は、まったく苦にならないので、無線LANで自動で送信というのは、そんなに魅力を感じていない。ジオタグの付与が目的だったので、期待外れだった。

 Eye-Fiはとても良い製品だと思う。ジオタグにこだわらないのなら、SDカードの抜き差しをしなくていいし、有用だろう。俺の目的にはかなわなかったという事だ。


MacBook Pro 購入

 いや、iPadやらエアコンやらを買ってしまったので、今年は買うつもりはなかったんだけどね。
 先日、家族共用にしている初代MacBookが調子悪くなってしまったので、家庭内スライドアップグレードを決行。

 MacBook Pro 13″購入 → 俺のMacBook(Early2008) → 家族共用MacBook(初代) → 売却処分

 予算も厳しいので、MBPとはいっても最下位モデルで、ほとんど白MacBookと変わらないスペックだけど。
 まぁ、光るキーボードは、ちょっと格好良いな。薄暗い所では使わないので、実用性はあまり感じないけども(笑)。

MacBookPro

 データ移行はTimeMachineバックアップから戻そうと思ったんだけど、なんかMBPが有線でも無線でもTimeCapsuleに繋がらないので、今まで使っていたMBに内蔵されているSSDを引っこ抜き、新しいMBPにUSB接続して移行アシスタントを実行して、無事データ移行は完了。

 画面は確かに綺麗なんだけども、今まで使ってたMBよりもずいぶんギトギトして青っぽい。Windowsマシンみたいな色味だよ(笑)。ちなみに、前機でもガンマ値は2.2にしていたので、それのせいではないはず。
 最近のLCDディスプレイって、みんなこんなもんなのかな? 慣れの問題かねぇ。

 ともかく、新しいMacは嬉しいやね。


どうしてもWin XP SP3がインストールできない件

 年末にMacBookの内蔵HDDをSSDに換装した時、それまで設定していたBootCampによるWindows XPパーテーションは作らなかったのよ。160GBのHDDから128GBに容量が減ったというのもあるけど、Winは数ヶ月間起動しなかったからね。必要になった時にあらためて入れればいいやって。
 元のHDDをUSB接続のケースに入れてあるので、本当はそっちから起動できればいいんだけどねぇ。残念ながらBootCampでは内蔵HDDからしか起動できず。
 閑話休題。
 ちょっと使いたいアプリがあり、先日、BootCampでWin XP を入れた。そしたら、なんかService Pack 3 のアップデートがどうしてもできず、はまっちまった。
 2日間くらい悶々としてたんだけども、アップルのサポート情報に、この問題に関する文書があった(アップル:Boot Camp 3.0:Windows XP Service Pack 3 をインストールできない)。

 なるほど。BootCamp3.0(Snow Leopard)だと不具合を起こす、というか、こういう仕様なのか。
 いろいろ難しそうな事が書かれているけど、要するに、SP3をインストールする前に AppleMNT.sys っつーファイルの名前を変更、SP3インストールしたら元に戻せばいいだけか。

 あとでやってみよ。


iPhone用リモコンと補助電源

 iPhoneのリモコンと補助バッテリーを購入した。どちらも、トリニティのsimplismブランドのもの。
iPhone
 この3ボタンリモコンは、iPod/iPhone3GS用のアップル純正リモコンイヤホンと同様の曲コントロールが可能。これに好きなイヤホンを接続できるもの。マイクは内蔵されていないので、iPhone3GSでの音声通話はできないけど、それ以外はまったく同じに操作できた。
iPhone
 乾電池式、補助充電アダプタ。これに単4乾電池3本を入れて、iPod/iPhoneのDockコネクタに接続して、充電を行う。
 エネループを入れて、iPhone3GSに充電してみたら、バッテリ残量26%の状態から80%まで充電できた。54%充電できたということか。説明書によると、完全放電のiPhone3Gにエネループで60%まで充電できるとあるので、3GSでこれってことは、まぁ、仕様どおりなんだろうな。使ったエネループも、たぶん充電してから半年くらい置いてあるものだし。
iPhone
 iPhoneへの接続も、違和感がない……っていうと嘘になるけど、同じようなデザインになっているので、及第点だろう。
 しかしね、この充電アダプタ。入れた電池を取り替える時、固くて外しにくい! 不良品かもしれない。メーカーに問合せ中。
 コンパクトだし、この電池の固さ以外は気に入ってるんだけどな。


iPhoneもお財布ケータイ化!?

 和洋風◎:これでiPhoneもおサイフケータイ対応へ!? ソフトバンク、 「Felicaシール」と「Felica対応iPhoneカバー」の販売を検討中!
 の記事で知ったのだが、iPhoneも、お財布ケータイ化するかも知れない。

 ソフトバンクが「Felicaシール」ってのの販売(1000〜2000円)を検討しているらしい。リンク先に写真も掲載されているが、3センチ角くらいの、液晶画面クリーナーみたいな質感のシールに見える。
「TV&バッテリー」で、iPhoneにワンセグ視聴機能を追加したソフトバンク。アップル本家で対応してくれないなら、またやってしまおうという事だね。素晴らしい。TV&バッテリーや今回のFeliCaシールはやや強引な方法ではあるが、アップルがiPhoneに内蔵してくれない以上、こういう方法しかない訳で、そのわりには極力スマートになるよう頑張ってくれていると、個人的には思う。
 ともかく、早く実物を見たいな。


クローズアップレンズ付iPhone3G用ケース(BlogPet)

びといんの「クローズアップレンズ付iPhone3G用ケース」のまねしてかいてみるね

以前、「iPhoneでマクロ撮影」という技についての記事を切り替えられるみたい。
iPod関連の通り、レンズを可能にクローズアップレンズ部分にクローズアップレンズ部に当てていて、マクロ撮影を書いた虫眼鏡(ルーペ)をiPhone3G用ケースがあるって情報を可能に当てていて、レンズが出なかった虫眼鏡(ルーペ)を可能に当てて、「iPhoneでマクロ撮影」という技についてのレンズを可能にクローズアップレンズ部にクローズアップレンズを内蔵したiPhone3G用ケースがあるって製品がついていて、レンズ部分に当てていて、クローズアップレンズを内蔵したiPhoneのオプションパーツ類で、今までこういう製品!!
実物を見たい。
でも発売するか♪
実物を見つけた。
その名のが出なかった虫眼鏡(ルーペ)をiPhone3Gって情報をiPhone3Gって情報を巡って、百円ショップで購入した虫眼鏡(ルーペ)を見つけたiPhoneのレンズ部に当てていて、「iPhoneでマクロ撮影」という技についてのレンズがついていて、百円ショップで、百円ショップで通常撮影とマクロ撮影とマクロ撮影を内蔵した虫眼鏡(ルーペ)を見つけたiPhone3G用ケースが不思議だね?

*このエントリは、ブログペットの「晋作」が書きました。


クローズアップレンズ付iPhone3G用ケース

 以前、「iPhoneでマクロ撮影」という、百円ショップで購入した虫眼鏡(ルーペ)をiPhoneのレンズ部に当てて、マクロ撮影を可能にするという技についての記事を書いた。
 で、さっきネットを巡っていて、クローズアップレンズを内蔵したiPhone3G用ケースがあるって情報を見つけた。
 iPod関連のオプションパーツ類でも有名なGriffin Technology社のProtective case with built-in close-up lens for iPhone 3Gって製品。
20081027_close-up-lens_case_iPhone.png
 その名の通り、レンズ部分にクローズアップレンズがついていて、スライド操作で通常撮影とマクロ撮影を切り替えられるみたい。改めて見ると、今までこういう製品が出なかったのが不思議だね。
 $34.99か。実物を見たい。日本でも発売するかな。