超リラックスいなり

 我家の子になって四週間が経ったいなり。
 毎晩3時頃になると家中を走り回るのはちょっと勘弁願いたいが(笑)、まぁ、ネコの習性なのでしょうがない。近所迷惑にならない程度に遊んでくれ。基本的にはおとなしい子だ。
 すっかり慣れて、専用ベッドでもくつろぐようになった。
20121124_inari
 そして、ついに初めて、腹を出して仰向けになったよ!
 なんだかオッサンくさいポーズだけれど(笑)、いやぁ、ここまでリラックスするようになったか!

リボルテック 次元大介

 新発売の海洋堂「リボルテック・ヤマグチシリーズ」の「次元大介」を購入。
リボルテック次元
 いいねぇ。次元の雰囲気たっぷり。

リボルテック次元
 昔、同じ山口勝久さんが原型を手がけたミニフィギュアの次元を持っていた。ゲーセンのプライズ品で、まぁそれなりの品質だったけど、いわゆる「山口式可動」のそれは、絶妙なアクションポーズが可能だったのよ。
 それが今回は満を持してリボルテック化となりゃ、買うね!

 先月発売のルパン三世も購入したんだけど、俺としては、この次元の方を楽しみにしていた。
 ちなみにルパンはこんな感じ。
リボルテックルパン
リボルテックルパン

 ルパンも——「新」をモチーフにしていて赤ジャケットだというのはともかく——可動なんかは頑張っているんだけどねぇ(笑)。しかし、造形云々より、ルパンは、ジャケットの本体、肩、袖の材質が違っていて見るからに色味も違い、ちょっと違和感があるのが残念。
 次元はそれがない。同様に材質は違うのだろうけど、塗装の違和感はないんだよね。そのへんで、後発としてちゃんと改良されている感じがする。(もしかしたらルパンもそのうち改良版が出回るのかもしれないけど。)
 帽子で目が隠れるというのも、造形としての違和感が少なくなる利点があるのだろうね。

 ってことで、リボルテック次元大介は、かなり良いと思うよ!

特撮リボルテック「大魔神」

 特撮リボルテックの第1弾(No.002)、「大魔神」が遂に発売。早速買ってきたよ。

リボルテック大魔神
 このサイズでフル可動アクションフィギュアの大魔神!凄い。造形は海洋堂ならではのリアル感たっぷりの出来。本物ソックリ。これが動く。まぁ、元々のデザインによる制約から、今までのリボルテックほどは動かないけど、それでも、映画の中の本物よりは大きなポーズがとれるような感じ(笑)。
 鎧袴は軟質素材なので、うまく曲がって、足を開く事が出来る。

リボルテック大魔神
 大魔神に捕まれた悪代官付き。

リボルテック大魔神
 秋葉原のホボーロビートキョー(海洋堂直営店)で購入したんだけど、なんかオマケをいただいた。

リボルテック大魔神
 なぜかコーンスナック菓子(笑)。美味しかった。

1/72 VF-25S メサイアバルキリーオズマ機完成

 なかなか手ごわかったバンダイのキット「1/72 VF-25S メサイアバルキリー オズマ機」が完成。
 いや実は部分塗装も墨入れもシール貼りも完全ではないんだけど、もういい。これだけやれば全体的には雰囲気十分だ。つーか、気力が持続しなかったぜよ(笑)。

 細かい部品が多いくせに組立て説明書に描かれたパーツの形状が把握しにくく、組むのが大変だったが、ほとんど差替なし(差替は手首パーツのみ)で3モードに変形するというのは、やはり凄い。バンダイ驚異のメカニズム。

VF-25S
 ファイター形態。マクロスシリーズのバルキリーは、戦闘機形態が一番格好いいよね。

VF-25S
VF-25S
 ガウォーク形態。脚部がハの字に開かないので、あまり良いポーズにできない。けど、バランスは良い。

VF-25S
 バトロイド形態。これも、脚部の表情が乏しいのが、ちょっと残念ながら、まぁ、直立ポーズとしてはいい感じだと思う。
 3モードに完全変形するのに、そのどの形態でも、破綻無くまとまっている。つくづく凄いと思うよ。

 あー、撮影技術は元々皆無だけど、それに加えて手持ちのフォトブースが小さくて、ガウォークとバトロイドはブースに入らなかったので、うまく撮影できなかったし、背景に余計な物が写っててごめんなさい。

リボルテックエキスポに行ってきた。

 10/31に秋葉原UDXで開催されていたリボルテックエキスポに行ってきた。
リボルテック
 有名メーカーのエキスポとは言っても、全国展開の会社ではなく、しかもその中の特定のブランドの展示発表会なので、会場の規模は小さい。
 しかしながらも、さすが海洋堂のリボルテック。かなりの混雑だったよ。
リボルテック
 新シリーズの「特撮リボルテック」では、ブースカやジャイアントロボ、大魔神、ガメラなんかがあった。
 ブースカは、嫁さんに買ってあげたいな。
リボルテック
 個人的に楽しみなのは、満を持して登場の、完全変形バルキリー。山口可動のリボルテックでなおかつ変形するVF-1って、すげーよ!
リボルテック
 入場者プレゼントで、特色のリボコンテナをもらった。
 あと、持っているリボプライヤーがへたっきたので、新しいのを買ってきた。イベント限定色のうち、ピンク。通常200円を100円で売っていたし。
 リボルテックを格好いいポーズにするには、リボプライヤーは必須だよね。

アッセンブルボーグ

 アッセンブルボーグ。リボルバージョイントは、実はこのアッセンブルボーグのために開発された、とされている。
 オリジナル設定。リボルバージョイントとシンプルな素体によるブロック玩具。一見シンプルすぎる素体だが、全関節がリボルバージョイントになっているので、いろいろなポーズが柔軟に作れる。
 やっぱり面白い。いじって遊んでいると、あっという間に時間が経ってしまう。

 ジャークノイド2体と、再生産されたミスターアッセンブル、バレルズスピーダーを一気に購入してしまったよ(笑)。

凄みが少ないラゼンガン

 リボルテックのグレンラガンシリーズ第2弾のラゼンガン。

リボルテックヤマグチ No.52 ラゼンガン リボルテックヤマグチ No.52 ラゼンガン

海洋堂 2008-06-12
売り上げランキング : 17
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 螺旋王ロージェノムが乗る、中盤の敵ボスキャラであるが。
 造形や可動については、申し分無い。グレンラガンよりリボルバージョイントの数が少なくなり、特に股関節と手首がリボルバージョイントでなくなったものの、流石は山口式可動。これでも躍動感あるポーズが色々とれる。
 しかし! 顔が……。アマゾンのカスタマーレビューでも指摘されているが、目が大きすぎて、凄みの足りない顔になっちまってるの(笑)。

リボルテック ラゼンガン 目修正前
 アニメ設定画のような凶悪な顔にしたいが、塗装修正は面倒なので(笑)、目の上に、ヘルメットの陰っぽさを意識して、ガンダムマーカー墨入れ用・黒(筆ペンタイプ)の細い方でサラッとなぞってみた。

リボルテック ラゼンガン 目修正後
 うむ。かなり良くなったぞ。ガンダムマーカー墨入れ用・筆ペンタイプなら、塗ってすぐなら簡単に拭き取れるので、失敗を恐れずに作業できるし、結構な効果があるので、おすすめ。

MG MS-06R 高機動型黒い三連星ザク Ver.2.0 製作(1)

 このキットの正式な商品名は、たぶん「MG MS-06R 黒い三連星ザク Ver.2.0」なんだろうな。
 ってことで、06R Ver.2.0の製作。

 今日は、脚部フレームを作成。

MG MS-06R
 足首。量産型ザクと比べると、足の甲が高くなっているのが分かる。フレームは同じで、外装だけが変更されているのだけれど。

MG MS-06R
 下腿内部に高機動ユニットが増設されてた関係で、膝の可動が制限されてしまい、90度程度までしか曲がらなくなった。
 量産型ザク Ver.2.0の登場時に衝撃を与えた「立て膝かがみポーズ」は、この06Rはできそうにないね(笑)。

きゅーんきゅーんきゅーんきゅーん

 リボルテックヤマグチシリーズ#036 ストライクバルキリーVF-1S。

リボルテックバルキリー
 いいなぁ。劇場版マクロスのフォッカー機だよ。劇場版バルキリーは格好良いわ。

リボルテックバルキリー
 二連装ビーム砲もつけて、ゴテゴテに重装備。
 右平手(敬礼用)もついてるので、あの名ポーズも再現できるぞ。パッケージ裏に写真あるので、真似撮影はしなかった。
 これの一条機もでないかなぁ。まぁ、自分で黄色部分を赤く塗るだけで再現できそうだけど(笑)。

リボルテックヤマグチ No.36 劇場版 ストライクバルキリーVF-1S(フォッカー機) リボルテックヤマグチ No.36 劇場版 ストライクバルキリーVF-1S(フォッカー機)

海洋堂 2007-10-15
売り上げランキング : 50
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ペンギン、乙!

Suicaペンギン
 昨日の高崎駅にて。
 SuicaペンギンがPR中。
「写真いいですか?」と訊ねたら、敬礼ポーズしてくれた。
 なかなか機敏な動きだったよ。

 ちなみに、スイカペンギンはイラストだと、クチバシの色が、横顔だと黒、正面向いたら白くなってるんだよね。
 どういう体質なんだろうとずっと謎なんだけど、さすがに着ぐるみだと色変らないね(笑)。