ドラマ「カーネーション 総集編」を観た

 NHK朝ドラの前作「カーネーション」の総集編を観た。
 このドラマ、まわりで薦めてくれる人も多く、良作だろうとは思うのだが、なんとなく意地で観なかったんだよね(笑)。なので「カーネーション」はこの総集編が初見。

 今回、総集編を観て——もちろん、前後編各90分に圧縮されたこれだけで理解できようとは思っていないので——この時点で感じたのは、これってガンダムやサザンみたいじゃね?って事(くらいに留めておく)。
 いや、ガンダムやサザンオールスターズって「興味がない」というのはあっても「大嫌い」っていう人は少ないよね。

 と、ここで思ったけど「カーネーション」と「ガンダム」って、共通点が多いぞ。

・若い頃は身勝手でちょっとウザイ主人公だが、その人が、のちに皆を助ける。
・一見理不尽に殴る上司/親(しかし、信頼関係は絶大)の存在。
・戦争をある意味では否定的に描いている。
・廃人になってしまう登場人物がいる。
・キーポイントで幻影イメージがでる。
・子ども三人が次世代をしっかり受け継いでいる。
 ……etc.

 キャラ的には、概ね次のような印象。繰り返すが、あくまでも総集編を観た限りでの印象。

 糸子=アムロ。序盤、少々ムカツクけど、経験を重ねニュータイプとして開眼していく。中盤、自身も悩みながら、子どもらに生き方を伝えていく。晩年、再び自分のために生きる目的と地球(自分の周辺人々の心)を救うように暮らす。最後の方は、誰にでもタメ口。
 奈津=シャア。ライバルというよりは、純粋故の反抗というあたりが。赤系の服をよく着てるし。
 善作=ブライト(+ワッケイン)。不条理とも思える指導をするが、叱咤激励し、頼られるリーダー。
 優子、直子、聡子=カツ、レツ、キッカ。良き心を受け継ぐ、新世代ニュータイプ。
 周防=マチルダ。主人公の憧れの人(恋愛対象)。
 他には、
 パッチ屋のおやじ(桝谷だっけ?)=リュウ。
 木之元=ハヤトかジョブジョン。
 北村=リュウ。

 うむ。レギュラー放送を観たらはまりそうな気がしてきた。


認めたくないものだな……。

 昨年に続き、ペプシネックス「機動戦士ガンダム BE@RBRICK」第2弾が始まった。
 詳細はこちら(http://www.gundam.info/topic/5648)
 しかし今回、モビルスーツは無理やりなのが多いし、キャラは顔がないのでなんだか気色悪いので、無難なところで、2つのシャア「坊やだからさ」と「ノーマルスーツ」を選択。

ガンダムベアブリック

 それにしても、今回のラインナップは、なんだかなぁ。
 ジオングはまぁなんとか許すけど、ガンタンクやザクレロを、ベアブリックの形にするのは無理がありすぎるだろ(笑)。


郷里大輔さん、お疲れさま。

 1月17日、声優の郷里大輔さんが亡くなられたそうだ。つい数日前に田の中勇さんの訃報を聞いたばかりなのに。

 郷里さんといえば、俺としては、やはり機動戦士ガンダムシリーズでの活躍が忘れられない。ファーストTV版でのドズル・ザビ、Zや0083でのバスク・オム。
 どちらも、主人公側からみたら敵勢力に属するキャラクターだが、筋の通った武人として描かれていた。まぁ、バスクはかなりえげつない部分もあって、キャラとしては好きにはなれないのだけれど、ドズルは、(このブログでも何度となく書いているけど)大好きなキャラ。馬鹿ばかりのザビ家において唯一といっていい「漢」だった。ガルマの死を心底悲しんだり、部下や妻子を思いきちんと逃がせた上で、軍人としての誇りを持って死んで行く。そういう悲哀を、郷里さんは見事に演じてくださった。
 同じガンダム好きのブログ友の言葉を借りれば、

「いい声、魂のこもった武人の声でした。」

 郷里さん、お疲れさまでした。どうかやすらかに。


思ったよりセブンイレブンのガンダムフェアは大きいようだな

 11/6から始まった、セブンイレブンのガンダムフェア。
 ガンダム30周年記念ということで、色々なコラボレーション商品が販売されているわけだが、その中からいくつか買ってきた。
シャア専用手帳
 まず、シャア専用手帳。実はこれ、買うのを迷っていたんだよね。今日も店で10分くらい悩んだ(笑)。まず、内容的にみて(頑張ってはいるけども)千円は高いなと。でも、売りきれた後に悔いるのも嫌だなと思い、結局購入。
セブンイレブン
 サントリーのペットボトル飲料についているオマケのマスコットストラップ。全10種らしいけど、俺、このパンソンワークスのアレンジキャラってあまり好きじゃないので、コンプリートはしないつもり。でm,あとアッガイは欲しいかも(笑)。アッガイ人気あるのか、今日は発見できず。
ガンダムチロル
 チロルチョコ。絵柄は全160種類とか。コンプリートしたいけど、きびしいな。せめてジオン編の80種はそろえたい。しかし、ジオン編のアメリカンチェリー味。これが、美味しくない。連邦編はコーヒー味だったかな。そういう無難なやつにして欲しかったぞ。ハードル高い。

 ってことで、今日のところは、これだけ。
 あと、シャア専用学習帳が欲しいんだけど、売切れだった。

ガンダムチロル
 最後に。やっぱり、このシーンは大好きだな。可動フィギュア(EX MSインアクション)を使った特撮で再現した自作画像を、このブログのタイトル画像にもしてるくらい好き。


ヤマト発進……

 キムタク・古代進で初の実写版ヤマト発進!(2009.10.03 SANSPO.COM)

《実写版「宇宙戦艦ヤマト」キャスト一覧》
キャスト  役名     役柄設定
木村拓哉  古代進    ヤマト戦闘班リーダー
黒木メイサ 森 雪    ヤマト戦闘班ブラックタイガー隊
柳葉敏郎  真田志郎   ヤマト技術班班長
緒形直人  島大介    ヤマト航海班班長
池内博之  斉藤始    ヤマト乗組員、空間騎兵隊隊長
マイコ  ★相原     ヤマト乗組員、通信班
堤真一   古代守    進の兄。駆逐艦ゆきかぜ艦長
高島礼子 ★佐渡先生   ヤマト艦内の医師
橋爪功   藤堂平九郎  地球防衛軍司令長官
西田敏行  徳川彦左衛門 ヤマト機関班班長
山崎努   沖田十三   ヤマト艦長
★原作では男性の設定だったが、映画では女性に変更

 古代だけ「班長」じゃなく「リーダー」なのはキムタクのイメージでか?
 ユキがブラックタイガー隊って、加藤のキャラもかぶせるのか?
 その他、突っ込みどころ満載のキャスティングだな。

 実写化にあたり一部設定も変更。森雪は原作よりも戦う女性のイメージを強調し、アニメで中年男性だった医師の佐渡先生役に高島礼子(45)を起用するなど、一部キャラクターを女性にする。また、デスラー総統ら敵役は後日発表される。今月中旬にクランクイン。

 サプライズでデスラ−役が伊武さんだったら、上記キャンスティングは全部我慢してやるけど(笑)。


知らなかった

 さいきん、野沢直子さんをテレビで見掛ける。相変わらずのテンションとキャラで、いいなぁ。
 ところで、野沢直子さんって、野沢那智さんの姪だったのね。今、ウィキペディアで調べて解った。


「ガンダム宇宙世紀大全」を観た

 NHK-BS2において5夜連続で放送された「ガンダム宇宙世紀大全」を観た。
 その名の通り、ガンダムシリーズのうち宇宙世紀物をとりあげた特集番組。

 宇宙世紀の記録映像——TVシリーズの傑作選と、いくつかの劇場版——の他、色々な濃いコーナーがあって、楽しめた。
 今回放送された宇宙世紀の記録映像(笑)は全部持っているんだけど、放送しているとやっぱり観てしまう。
 それにしても、「宇宙世紀の歴史が動いた」コーナーのケイシ・ナイトウ、最高! 一見すると酸素欠乏症にかかったテム・レイみたいな風貌だけど、誠実そうな、味のあるキャラだったなぁ。


「龍馬伝」キャスト発表

 来年のNHK大河「龍馬伝」のキャスト決まる お龍に真木よう子(2009.07.14 msn 産経ニュース)

 歌手の福山雅治が主役の坂本龍馬を演じる来年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の主な出演者が14日、発表された。龍馬が組織した貿易結社、海援隊を金銭面で支えた実業家、岩崎弥太郎に香川照之、龍馬の幼なじみの武市半平太に大森南朋が決まった。
 また龍馬を取り巻く女性たちには、幼なじみの平井加尾を広末涼子、妻の楢崎龍を真木よう子、姉の坂本乙女を寺島しのぶ、道場の娘の千葉佐那を貫地谷しほりが演じる。

 いい配役じゃん。と思っていたら……。

 このほか、勝海舟には武田鉄矢、西郷隆盛には高橋克実が決定した。

 え!? 見間違いじゃないよね。
 んー。勝海舟といえば「江戸っ子丸出しキャラ」だが、武田鉄矢さんは、とても江戸弁をしゃべるようなキャラに見えないんだけど……。
 武田さんは嫌いではない。いや、むしろファンだよ。CD全部持ってる。だがなぁ、勝海舟はなぁ。


死神博士と地獄大使が復活

 死神博士と地獄大使が36年ぶり復活! – 大杉漣「よもや自分がやるとは…」(2009.05.21 マイコミジャーナル)

8月8日に公開される『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』で、伝説の悪役「死神博士」と「地獄大使」が復活する。この2人がスクリーン登場するのは1978年8月18日と25日に放送された『仮面ライダーV3』以来、36年ぶりとなる。

 死神博士といえば、ショッカー日本支部の二代目幹部だが、もしかしたら初代幹部のゾル大佐よりも知名度が高い、強烈な印象が未だに忘れられない名キャラ。
 ちょっと前の「仮面ライダー THE FIRST」でも復活してたが、あの死神博士は過去映像のCG合成に新規に別の人が声をあてていたもの。
 今回は、そういうアプローチではなく、石橋蓮司さんが演じるんだと。石橋さん、現在放送中のディケイドでも写真館主人という「おやっさん」的な役で出演してるけど、それとの関連性もあるのかな、ってのは深読みか?
 天本英世さんのイメージしかない死神博士で、これを演じるのはかなり大変だと思われる。しかし、比較は無意味だし、頑張って、新たな死神博士像を作って欲しいね。
 地獄大使役の大杉蓮さん共々、楽しみ。

 あ、そういえば、この映画のタイトル「オールライダー対大ショッカー」ってのもナイスだね。「VS.」じゃなく「対」ってのが、昭和チックで良い。


掲載不可

 えーと、先日の、地デジ化推進イメージキャラクタに関する記事の写真と一部の文面を修正した。

 “地デジカ” の無断美少女イラストに「断固として許さない」と民放連 (2009.04.28 livedoorニュース)

「地デジカは日本の地デジ化を推進するキャラクターなので、ブログに一般の人が地デジカのイラストを掲載した場合、地デジカを広めるという効果を期待し、暗黙の了解で掲載を許すことはあるのでしょうか?」という取材班の質問に対し、日本民間放送連盟は「地デジカの著作権ですが、世にある他のキャラクターと同様、無断掲載には厳しく対応していきます。一般のブロガーの方がブログに掲載したり掲示板に載せることも、著作権の問題がありますので黙認することはしません」とコメント

 ということで、浦安のネズミなみの厳しさらしい。
 あんなやっつけ仕事のへぼいキャラの掲載ごときで怒られるのも嫌だし、お伺いを立てるのも労力の無駄なので。
 それにしても、どんだけ自意識過剰なんだよ、シカモドキ。