実物大ユニコーンガンダム立像を見てきた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 先日、ゴールデンウィーク中に1日休みをとり(ずっと仕事が詰まっているのだ(泣))、お台場のダイバーシティに昨年建造された、実物大ユニコーンガンダム立像を見に行ってきた。
 以前ここにあったRX-78-2ガンダムの実物大立像と入れ替わる形で登場したユニコーン。
 先代同様に迫力あるね!

 しかし、設定通りの変形をそのまま再現するのは困難なのだろう。各部の装甲がスライドして全高が伸び切ったサイズで、頭部以外はほぼデストロイモードで展示されていて、膝、腰、肩等一部の装甲がスライドし、元から開いていた箇所も含めての発光ギミックを再現している。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 頭部はちゃんとユニコーンモードからデストロイモードに変形。さすがにそれはやらないとね。角が展開するのはなかなか見ごたえがあった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 展示期間中に、また見に行こう。今度は夜のプロジェクションマッピング演出ありのも見てみたいし。


「ガンダムフロント東京」がオープン

 お台場の「ダイバーシティ東京プラザ」に、ガンダム関連エンターテーメント施設「ガンダムフロント東京」がオープンした。
 ここは、「1/1」や「リアル」をコンセプトにしているそうだ。
 あの「実物大ガンダム立像」もリニューアルされて再登場。
 有料ゾーンは千円。ちょっと高いが、まぁ高いのはいいとしても(よくない)、入場券は日時指定の予約制ってのがなぁ。
 無料でも、実物大ガンダム、ガンプラコーナー、物販コーナーなんかは入れるらしい。

 しかし、もうちょっとジオン関係も展示して欲しい。つか、ジオンに特化した公式施設も作ってください(笑)。

 ともかく、一度偵察にいってくるか。


RGガンダム素組完了

 約1ヶ月もかかったが(笑)、RGガンダムの素組が完了。
 全身にメラミンスポンジをかけて、墨入れを施した。
(写真はクリックで拡大表示)

RGガンダム

 シールはどうしようかな。1/144にあれだけ大量にシールを貼るのは、あまり格好良いとは思えず好きじゃない。小スケールの全身に大量にマーキングがあってもうるさいだけ。同じ理由で、初期のハイコンプロも嫌いでザク以外は買わなかった(笑)。

 このRGガンダムは、お台場から静岡へ行った例の「1/1ガンダム」の模型、つまりガンプラ初のスケールモデル(笑)ではあるわけだ。
 実寸大の18メートルなら見上げる格好になるので、このバランスはあり。実際、お台場で見た時は、感動したものだ(笑)。しかし、こうして1/144になると、足先が小さくて頭やランドセルが大きいと感じてしまう。
 たぶん、そういう意見もあることは想定の上で、あえて「1/1ガンダムの模型」にしたんだろうけど。

 それと、指の第二関節まで動く可動手首と動かない握り手がついてるけど、はっきりいってこの可動手首はいらん。扱いにくい。ビームライフルを握った状態の指がすげーかっちょわるいんだけど……。
 ライフル持つ用の固定手首もつけてほしかった。
 本体の意匠は素晴らしいだけに、残念だね。

 次回のシャアザクには期待してるよ、バンダイさん。


ガンダム、タイ地に立つ!

 お台場のガンダム、タイに一時帰国−30周年記念イベントで展示へ(2009.10.20 バンコク経済新聞)

 サイアム・パラゴン(BTSサイアム駅前)で10月21日、この夏お台場の「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」で展示された等身大モデルを目玉にした「GUNDAM EXPO THAILAND 2009 @ Siam Paragon」が開催される。主催はタイ国内で仮面ライダーなどのキャラクターの版権を所有するドリームエクスプレス(DEX)。

 同イベントはガンダムのテレビ放映から30周年を記念して開かれるもの。RX78-2の1分の1モデルの上半身を展示するほか、ガンダム第一作からこれまでの歴史をポスターや関連商品のディスプレーで振り返る。

 すげー等身大ガンダム、タイに行ってるんだ。でも、「一時帰国」の意味がよく解らなかったんだけど、このガンダムのFRP製本体は、タイの工場で制作されたらしい。

 サイアムパラゴンPR担当のヌーさんは「このガンダムはタイのFRP工場で制作されたものなので、実はタイ生まれ。施設の関係で展示は上半身だけだが、すごい迫力。下半身は日本にあると聞いている」と話す。

 タイに行ってるのはAパーツだけか。全身ならよかったのに、私設の都合ならしかたないか。


Gガンダム?(笑)

 お台場ガンダムがグッドデザイン大賞候補に(2009.10.1 ITmedia News)

 日本産業デザイン振興会が10月1日に発表した2009年度のグッドデザイン賞の大賞候補「ベスト15」に、東京・お台場に実物大ガンダムを設置した「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」などが選ばれた。

 GREEN TOKYO ガンダムプロジェクトは、緑あふれる東京の再生に向け、お台場の潮風公園を中心に7月11日〜8月31日まで行われた官民一体のプロジェクト。全長18メートルの実物大ガンダム立像がサポーターとしてプロジェクトを盛り上げた。

 個人的には、グッドデザイン賞はどうでもいいと思うのだが、しかし、お台場ガンダムが選ばれるってのは、ガンダムに対してじゃなく、景観に? 大きさに? だって、ガンダム自体が対象だったら、ガンプラなんかがとっくに選ばれていてもいいはずだし(ザクの方がデザイン的には秀逸だと思うが(笑))。ん? ガンプラってグッドデザイン賞もらってたっけ?
 さらに、既に存在せず無形となってしまった物でも候補にできるのか。なんだか良くわからん。


大きければ良いというものではない

 痛いニュース(ノ∀`):「お台場ガンダムには負けない」 韓国が全長111メートルの「テコンV」を建設中

テ○ンV
1 名前: アルメリア(アラバマ州):2009/09/11(金) 16:30:41.09 ID:8XvB+8n3 ?PLT
ラストシューティング状態もおわり、解体されつつあるお台場のガンダムですが、そのガンダムには負けないとお隣韓国で全長約111メートルもの巨大ロボット『テコンV』が建設されています。

『テコンV』とは韓国の国民的ロボットで、一言で表現するならば『マジンガーZ』の パクり。この『テコンV』が、馬山市(マサン)のロボットをテーマに
した産業連係型テーマパーク『ロボットランド』にて急ピッチで建造中なんだとか。

ガンダムの高さが18メートル、自由の女神ですら高さ46メートル(台座含めて93 メートル)
しかありませんから、111メートルってのはとてつもなく巨大です。晴れの日には福岡から
見えたりして。

完成は2012年、一般公開は2013年からの予定となっています。足下をモノレールが
通過する仕組みなんだそうですが、おや? 足下になんか『鉄○28号』っぽい ものが
いるような……。
http://digimaga.net/2009/09/south-korea-to-build-massive-364-foot-taekwon-v-statue.html

 凄いなー、テコンV。違う意味で凄い。このデザイン。もろにグレートマジンガーじゃね? 相変わらずパクり好きだな。
 大きけりゃいいってもんでもないと思うけどな。ガンダムの18メートルってのは、存在感ばっちりだった。100メートル以上あると、ただの塔と変わりないんじゃない?


これでは道化だよ

 お台場の原寸大ガンダム。当初の予定どおり、8月1日に左肩に超国際的スポーツイベントの招致PRのために、そのロゴが掲げられた。
 別に、そのイベント自体は否定しないし、むしろ東京でやってくれれば嬉しいなと思っている。
 しかし、ガンダムの肩にあの水引マークは似合わないよなぁ。


思い入れがない人には、それがわからんのです

 辛酸なめ子の女一人マンション:ガンダム

お台場に等身大のガンダムがいるそうで
全く思い入れがないのですが、見に行きました

 思い入れがない人でも、とりあえず見に行くくらい話題にはなっているのね。

ガンダムは18メートルの身長で、接合部もよくできていて
いまにも動き出しそうですが、
・頭を左右に振る
・目を光らせる
・胸のあたりから水蒸気を噴出(一見故障かと…)
・上を見上げる
という流れで、上半身が少し動くくらいで物足りなかったですが
最後、ガンダムが上を見上げた後、会場から拍手がわきおこっていました
でも、ガンダムは飛び立ちたいのに、故障していて
飛び立てなくて悲しんでいるようなドラマを感じました

 興味の無い人にとっては、こんなもんなのか。
 でもまぁ、見物客の事には一切毒を吐いていないところは、さすが辛酸さんだなとは思う。


これが連邦のモビルスーツの威力なのか!

 お台場の「GUNDAM GREEN PROJECT」に行ってきた。話題の実寸大ガンダムは、見ておかないとね!
 撮ってきた写真を少しだけ掲載。

続きを読む