2003/08/28

池田小児童殺傷事件の宅間被告に死刑判決。
極刑は当然だろう。けど、なんだかなぁ。
「こいつを死刑にしても、殺された人は生き返ってこない」なんていう、毎度の思いだけじゃなく、うまく言えないけど、なんだか、しっくりこない。
今までの報道からうける印象では、宅間被告(もう、死刑囚か?)にとって死刑は平然と受け入れられる事で、しかも、それは罪を償うという気持ちからではなく、まったく罪悪感はない。ただ「死にたい」と思っているだけ。
確かに「死刑」が一番重い刑罰だけど、今回は、別の宅間被告にとってもっとも辛くて苦しい刑を与えるべきなんじゃないかな。それは何なのか?とは、俺にも判らないけど。

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/8222/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください