MacBookにWindowsXPをインストールなメモ

 Intel CPU搭載のMacでWindowsがネイティブ起動させるためのツール BootCamp1.1.2βによる、MacBook(2006前期モデル)へのWindowsXPインストールを行った。

 その方法は至極簡単だし、すでにいろいろと報告されているが、今回俺がつまずいた事について、メモを残しておく。

・WinXPのセットアップ開始時、キーボードを選ぶところで、Mac(特にノート機)は、キー配列が違い、下手なのを選ぶと、後で苦労する。とりあえず、[S]その他のキーボードに進み、USキーボードなら「USB Keyboard」を、JISキーボードなら「106 Japanese Keyboard」を選択しておけば良さそうだ。

・AirMacによる無線LAN。インストールに失敗する確率が高いっぽい。ドライバインストール4回目で、やっと認識された。
 Winの場合、プラグアンドプレイに対応していない機器のドライバを後でインストール/更新するのは、どこでやるのか分からなかった。分かったあとも面倒。Macの場合は、ドライバが提供されていれば、それを環境設定に放り込めばいいだけなのに。

・分かっちゃいるが、deleteキーの挙動がまるで違うので、戸惑う。

 こんなところかな。MacはIntel CPUを搭載していてもBIOS起動ではないし、レガシーポートは一切ついていないので、その辺りのドライバが一部悪さをしているかもしれない。微妙な所であり、まだ個体差による影響も多いかも。
 でも、基本的なドライバはアップルから提供されているし、エミュレーションではないので、予想以上に快適な動作速度だ。

 そもそも、ネイティブでMacOSもWinも動くのはMacだけだ。MacならMacOSもWinも動く。PCではMacOSは動かない。これだけでも惹かれるね。
 Winに固執して居ない場合は、特にMacを薦めやすくなったのは、間違いない。

 ちなみに、Windowsは、Mac用増設メモリと一緒に購入したXP/HomeのDSP版。正規ユーザーです(笑)。


復旧出来!

 約30時間ぶりに、愛機MacBookが復旧。

 昨日、HDDのパーティーションを切り直そうと思い、ディスクユーティリティの「復元」機能で、USB外付けHDDに起動ボリュームのディスクイメージを作成し、インストールDVD起動後、内蔵HDDを初期化。
 ところが!
 バックアップの復元ができなかったのよ。
 この外付けHDDは、起動ボリュームを作るつもりはなかったので、GUIDパーテーションにはしてなかったのが原因かなぁ。よくわからんけど。
 別のFireWire接続の20GBのHDDにTigerをインストールし、そこから起動してもうまく復元できなかったが、もうこの方法しかないからね。今日は、そこかの起動→復元を繰り返した。
 そしたら、3回目にようやく成功。
 何がダメだったのか、未だにわからん。

 格安のWindows XP Home (DSP版)を入手できたので、BootCampの事を色々調べていたのを、MacBookが察知して、すねたのか!?
 思い当たる事といったら、それくらいだ。

 ともかく、よかった。
 MacBookよ、あくまでも君はMacOSと共に愛用するよ。
 とりあえず、敵を知る事も重要だろ? 分かってくれ。
 実は、自宅でもJW_CADを使いたいだけなんだけど(笑)。

 追記。
 なんか、root以外でログインしても ver ディレクトリが可視になっちゃってるんだけど、大丈夫かなぁ。
 このMacBookは俺しか使わないので、動作に問題がなければものままもいいんだけど、ちょっと心配。