iPhone関連で、また予想外な発表

 iPhone 3Gでワンセグが視聴可能に! (2008.10.30 ソフトバンクモバイル)
 iPhone 3Gユーザー向けに「公衆無線LANし放題」を無償提供 (2008.10.30 ソフトバンクモバイル)

 ソフトバンク、iPhone 3G用のワンセグ/充電ユニット−無線LAN伝送。12月発売で約1万円。絵文字も年内 (2008.10.30 AV Watch)

 いやぁ、絵文字対応とワンセグチューナーは予想ついたけど、無線LANスポットの無料開放まで発表されるとは。やるなぁ、ソフトバンク。

■ アプリとTV&バッテリーをマッチング

 伝送には無線LANのIEEE 802.11bを使用。320×240ドット、15fpsなどのワンセグ映像/音声を独自に暗号化して伝送している。無線LANでデジタル放送を送信することについてソフトバンクでは、「TV&バッテリーは専用アプリから制御できるもので、アプリとTV&バッテリーを組み合わせた1つのシステムとして機能している。USBワンセグチューナはアプリとチューナで構成され、間をUSBというインターフェイスで接続しているが、今回の製品はそれが無線LANに置き換わっただけであり、Dpaが策定したガイドラインに沿うものと考えている」という。

 ワンセグチューナーの噂はあったけど、Dockコネクタでケーブル接続チューナーパックをiPhoneに合体させる物だろうと思い込んでいた。なるほど、Wi-Fi伝送か。これならチューナーは鞄の中などに入れておき、iPhone単体を持ってワンセグ視聴ができる。実にスマートだね。しかも、iPhoneに1回フル充電できる予備バッテリーとしても使えると。これで1万円程度だというから凄い。ワンセグチューナーだけだとインパクト薄いし、純正と言ってもいい予備外部バッテリーで安心だし。

■ 公衆無線LANが無料化。ゲームも強化

 さらに、iPhone 3G利用者向けに、同社の展開する公衆無線LANサービス「BBモバイルポイント」を無料で利用する「公衆無線LANし放題」を11月4日よりスタート。これにより、全国のマクドナルドやJR駅構内、空港、カフェなど、全国3,500箇所で公衆無線LANを利用したインターネット接続が可能となる。

 iPhone 3Gでは、大容量アプリのダウンロードやiTunesからの楽曲購入には無線LAN接続が必要だったため、今回のBBモバイルポイント無料化は、アクセスの高速化だけでなく、屋外で利用できる機能がさらに増加したとも言えそうだ。

 FONを導入しようかと思案中だったが、とりあえず待っててよかった。全国3500カ所ってのは、決して多くはないけど、都内なら多くのマクドナルドやJR駅構内には設置されてるもんね。外では3G回線専門である現在よりはかなり便利になることに違いはない。できれば地下鉄駅にもスポットを設置してくれると嬉しいんだけど。

 


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/11318/trackback

iPhone関連で、また予想外な発表” への2件のコメント

  1. 普通のワンセグチューナーではなく、バッテリー機能も兼ね備え(というより、ワンセグも見られるバッテリーかな?)、しかもWi-Fi伝送というスタイリッシュなデザインには、感嘆しました。
    SoftBankの「本気」が伝わってきます。

    BBモバイルポイントは、地下鉄などでも使えるようになると、確かにいいですね。

  2. Yuseumさん江
     そうですね。どちらかというと「ワンセグも見られるバッテリー」かもね(笑)。
     今回の発表は、ソフトバンクの本気さが伝わってきて、あちこちで絶賛ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください