あれが、ジオンの……ザクか……!

「機動戦士ガンダムMS-06アーカイブス」という本が出版される。

 30年間に、映像作品に登場したザク系MSの歴史や技術を解説した、資料集。

内容紹介
「ザクのすべてを網羅!」をコンセプトに、映像作品に登場した「ザク」系モビルスーツの決定版資料がつい登場!!
ファーストガンダムから現在まで、30年の間に登場したザクの歴史や技術をあますところなく解説し、「ザク」という兵器の本質に迫ります。
本書の為に描き下ろされた新作イラストの数々も必見です!

■第一章 MS−06開発史
開発黎明期から一年戦争終結まで、ジオン公国によるMS−06開発の流れを解説。
ザクがいかにして作られたのか、その開発史を総括する。
■第二章 MS−06のテクノロジー
MS−06の各部の持つ機能やそこに使われているテクノロジーなど、機体の技術的な面を解説。
またZIONIC社など、MS−06の開発に携わった企業まで紹介。
■第三章 MS−06系MS紹介
「機動戦士ガンダム」から「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」まで「ザク」的なコンセプトで開発された、
全MSを設定線画と詳細な解説テキストで紹介。MS−06の系譜がここにある。

「ザクの全てを網羅!」とか言われたら、俺としては買わない訳にはいかないだろう。

 ちなみに「ザク大辞典」は持っているけど、こちらは、アニメの設定資料や活躍シーンの収録程度にとどまっている。まぁ、別冊宝島のわりにはいいまとめかただけども。

メイリオ

 遅ればせながら、当ブログの表示フォント指定に、Windows Vista 標準日本語フォント「メイリオ」を追加してみた。
 実は12月の時点で、友達から「メイリオの指定を追加してはどうか」とアドバイスをいただいたんだけども、放置してたのよ(笑)。
 で、CSSのfont-family部分に追加するのは、”メイリオ”と”Meiryo”でよいのだろうか?

font-family: “Hiragino Kaku Gothic Pro”,”ヒラギノ角ゴ Pro W3″,”Osaka”,”メイリオ”,”Meiryo”,”MS ゴシック”,”MS Gothic”,”Lucida Grande”,”Verdana”,sans-serif;

 現在、上記のようになってます。もしも間違ってたら、ご教示願います。

 MacのヒラギノフォントはもちろんOsakaにも及ばず、これで「明瞭」とは、正直笑っちゃうけど、Windowsの表示フォントとしては、ちったぁマシになったね。

 っつーか、メイリオって印刷フォントには使えないの?

「機動戦士ガンダム MSイグルー -黙示録0079- 3」を観た

 アマゾンに注文してたDVD「機動戦士ガンダム MSイグルー -黙示録0079- 3 雷鳴に魂は還る」が届いていたので、観た。

 一年戦争時のジオン軍・第603技術試験隊の活動をフル3DCGアニメで描く外伝のパート2。全3話の完結編。
 先行する「MSイグルー -一年戦争秘録-」と合わせても、ストーリー上の完結編。

 なにしろ、舞台はア・バオア・クー攻防戦。

 2話に続き、ゲルググやリックドムに乗る学徒動員兵の存在が前面にでていた。
 学徒兵については、ファーストガンダム本編でもちらっと語られてはいるけど、こうやって重厚に取り上げてくれるとは、イグルーならでは。
 MAビグロの機動性の高さを犠牲にしてまで学徒兵らを守る補給支援機に改修されたビグ・ラングの存在意義と、自らがそのコクピットに座る、オリヴァー技術中尉の思い。

 このシリーズは、ジオン軍側の視点で描かれているってだけで贔屓目で観てしまう俺だけど、最終話だけあって、やっぱりいい!

 ジーク・ジオン!

B000GG4CAM 機動戦士ガンダム MSイグルー -黙示録0079- 3 雷鳴に魂は還る
矢立肇 富野由悠季 今西隆志
バンダイビジュアル 2006-08-25

by G-Tools

B000EWBDHI 機動戦士ガンダム MSイグルー 黙示録0079 光芒の峠を越えろ 2
矢立肇 富野由悠季 今西隆志
バンダイビジュアル 2006-06-23

by G-Tools

B000CR7SHE 機動戦士ガンダム MSイグルー 黙示録0079 ジャブロー上空に海原を見た 1
矢立肇 富野由悠季 今西隆志
バンダイビジュアル 2006-04-26

by G-Tools

表示フォントの指定

 各ブロックのフォントを明示指定すべく、昨日からCSSをちまちまといじっている。
 目標はの第一は、サイドバーにあるMyblogList内の、長いタイトル名(例えばこことか)を1行に納める事(笑)。
 うちはMacなので(笑)、フォント指定の優先順位は、「ヒラギノ角ゴPro W3」「Osaka」「MS Pゴシック」
 全ての環境で意図通りに表示されるとは思ってないけど、これでとりあえずWindowsでも違和感がなければいいんだけど。

まんまとひっかかってます(笑)

 えっと、白状する。
 デアゴスティーニの、「週刊 ガンダム・ファクトファイル」を、実は定期購読している。正確に言えば、1〜2号を試しにTSUTAYAで店頭購入し、3号から直販定期購読。
 閑話休題。
 まぁ、確かに、価格の割に内容は薄い。毎号、知っている「今さら」ネタが大半(だって、こんな週刊誌買うのは、俺らみたいなガンダムマニアだけでしょ)なので、3号分くらいのボリュームで500円ってのが正直な感想かな。
 しかしね、結構「宇宙世紀を史実として」編集してあるんだ。そういう部分は、かつてアスキーから刊行された20周年トリビュート雑誌(ムック本)「G20」に似た匂いも感じる。
 知ってるネタが多いけど、こうやって一括にまとめられるというのは後々参照しやすいので、嬉しい。
「MS運用理論」のカテゴリは、あの名作書籍「ガンダムセンチュリー」の雰囲気で楽しいし。
 この「史実風の構成」が破綻しないことを願う。
 さらに、「宇宙世紀以外」の作品については、毎号2シートくらいしか付かないのも嬉しい。宇宙世紀以外の作品は「Gガンダム」以外は好きではないのだ。あとボルジャーノン(メカ指定かよ)。
 しかし、金はかかるな。くどいようだけど、コストパフォーマンスは低い(笑)。

Tag(s) [ガンダム]