金八先生ロケ地探訪

 前記事のとおり、先日開催したまち歩きオフ会に参加した。
 今回のテーマは「足立沿川ブラ」と称し、東武伊勢崎線——あ、東武スカイツリーラインって名称になったんだっけ?(苦笑)——の五反野駅から小菅を通り荒川に出て、堀切から北千住へ抜けるコースで、ドラマ「3年B組金八先生」のロケ地もいくつか巡るというものだった。
 ここでは、その金八関連について抜粋。

綾瀬水門
 第5シリーズで、事故で母親を刺してしまった兼末健次郎が逃亡・立籠った水門。

雨上りの荒川
 左岸側から右岸方向を望む。雨が上がって晴れてきた時。この堀切橋の向こうが、金八ワールドのメイン(笑)。

堀切駅前歩道橋
 第6シリーズで、金八の息子・幸作が悪性リンパ腫による体調不良で倒れ、大森巡査に発見された歩道橋。堀切駅前の正しくは、跨線橋。

堀切駅
 東武伊勢崎線・堀切駅。外壁の塗り替えとかはされているようだが、昔ながらの佇まいのままなのが嬉しい。3Bの生徒たちは、高校受験の時、この駅前で待ち合わせをして、それぞれの試験会場へ向かっていた。また、おでんの屋台なんかも出ていたね。

東京未来大学
 現・東京未来大学。かつての足立区立第二中学校で、この校舎は、桜中学の外観として撮影に使われていた。新しい校舎が建てられ、校舎はせまくなったけど、この建物はかろうじて残っていた。

直のマンション前広場
 広島美香、市村篤、鶴本直らが住んでいるという設定のマンション前の広場。前面には隅田川。

怪物ガード
 第5シリーズ、兼末健次郎の兄(引きこもり)が、夜になると「ハアハア」という不気味な荒い息遣いで駆け抜けていた、通称「怪物カード」。ガード下1.6m。かがんで通らないとならないくらい狭い。

旭町商店街1
旭町商店街2
 全シリーズを通して度々登場した商店街。第7シリーズでは、ヤヨたちがトーチランを行った。

 行程の都合もあり、このくらいしか見られなかったけれども、楽しかった。

金八先生の新シリーズ今秋開始と金八記念館のこと

 噂のあった「3年B組金八先生」の新シリーズについて、やっと正式発表されたね。
 第7作目となる今回は、10月15日の2時間スペシャルで開始。その前に9月19日に金八25周年記念同窓会スペシャルも放送する。
 前作で、くそ憎らしい千田校長に、教育委員会へ異動させられた金八っあんが、桜中学に復帰。また説教かましてください。
 そろそろ乾先生(カンカン)が教頭に就任するという予想をしているんだけど、どうだろうか(笑)。

 今回も校舎は足立二中でロケするんだろうか。だとしたら、この校舎が使われるのは最後だね。
 って、ちょっと調べてみたら、今年度いっぱいで閉校となるこの足立二中の校舎(の一部?)を、金八記念館として残そうという話があるそうだ。でも、足立区は難色をしめしているんだって。
 んで、PTA会長が各方面に実現へ向けての支援を集めている。ネット署名(足立区役所の担当部署へ建設希望のメールを送る)を募集してたので、俺もあとで送るつもり。詳細は、「金八王国」さんというファンサイトを参照してください。

関連サイト
TBS:3年B組金八先生(公式サイト)
金八王国(ファンサイト)

「桜中学」が統廃合、新設校の校歌制作に小山内さんと海援隊

「金八先生」脚本家が贈る言葉、ロケ中学の校歌制作へ(Yahoo!ニュース 社会 2004.06.25)

 ドラマ「3年B組金八先生」の舞台「桜中学」役として使われてきた東京都足立区の区立第二中学校が、今年度一杯で廃校となり、来春からは区立第十六中学校と統合され、千寿桜堤中学校が新設されるのに伴い、地域にゆかりのある金八先生関係者へ、校歌制作を依頼し、快諾されたとの事。
 脚本家の小山内美江子さんが作詞、海援隊メンバーの千葉和臣さんが作曲を担当する。

 ファンとしては嬉しいことだけど、ひとつ思う事が。新設校の名称、いっそのこと「桜中学校」にしちゃえばよかったのに。
 版権の問題があるのかもしれないけど、ここは、そういう粋な事やって欲しかったなぁ。
 もし今後ロケに使う時にも、名称をその都度架け替えなくても済むし(笑)。