作るかい?

 出荷日早々に、仕事が忙しいにもかかわらず残業1時間で退社し買っておいた、HGUCサザビー(1/144サザビーHG)。
 それをパチ組みしてみた。

HGUCサザビー
 プロポーションや色分けもさることながら、何この組みやすさ!
 巧妙なパーツ割りで合わせ目消しの必要が不要。さらに、ほとんどのゲート切断跡は組み立て後には目立たない部分にある。それでもいくつかある目立つ部分のゲート跡も、広い凸面にあるので、ヤスリ掛けも簡単(コスト削減のためか、最近のガンプラはランナーやゲートが細くなってるから、なおさら簡単かと)。
 各ブロック、組み立て後に取り外し可能で、いわゆる「後ハメ可」。当然スナップフィットキットなのだが、接合ピンをカットしなくても、絶妙な接合強度で、数回の分解・再組立をおこなっても問題なさそう。そもそも、(通常はピンを切り飛ばし)何度も分解・再組立をやるような人は最終的には接着処理をするのだろうから関係ないかもしれないけど、接合ピンのカットと、それに伴う仮組み時のマスキングテープ固定っていう工程が不要ってのは、かなり楽。

 スカート先端のスラスターが一体成形で黄色になってないとか文句いう人がいるかもしれないけど、そんなの、ガンダムマーカーでちょちょいと塗ればいいじゃんね。贅沢だよ。旧キットを体験してから言え! って思うね(笑)。

 ってことで、このHGUCサザビー。ガンプラ入門用キットとしてもお薦めできる、素晴らしい製品だと思う。

HGUC 1/144 サザビー HGUC 1/144 サザビー

バンダイ 2008-06-28
売り上げランキング : 110
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

仮面ライダー響鬼、路線変更か

 仮面ライダー響鬼「三十四之巻」を見た。

 思いっきり路線変更か!?
 新主題歌(今回も布施明さんが熱唱する)をオープニングに持ってきて、代りにエンディングは無くなった。それはいいとしても、ヒーロー然とした曲調で、テロップもゴシック体の横書き。雰囲気違い過ぎ。
 前回のアームドセイバー登場で察しは付いていたが、なんか今回から響鬼のウリだった「和風」が薄まってる。

 トドロキさんの落ち着きなさぶりを描くのも過剰で、ほほ笑ましいを通り越して、うざい。ハンバーグ飛ばして、カスミさんの頭に乗せる事はないだろう。あれ、ウ○コに見えた人は、俺だけじゃないと思うぞ! うひー。
 童子&姫も、初期の異様さのかけらもなく、回が進む毎に低能化していく。何かの伏線だとしてもひどいよ。

 だいたいなぁ、路線変更する前に、色々な意味でうざいキリヤを何とかしろ!

 あと、オープニング後の提供ナレーション。今までしばらくの間ザンキさんだったので、渋くて良かったのだが、今回は違ってた。トドロキさん?
 ザンキさんに戻せぇ〜!