iPhoneに単語登録を

 iPhoneのネタばかり続いてすまぬ。
 そのiPhoneの日本語入力。キーボードではなく、変換辞書の話。ケータイとしては、まあまあの登録語彙だと思う。予測変換もいい感じに働いてくれるし。
 しかし、単語登録ができないんだよねぇ。
 例えば顔文字。「かおも」で変換(フルキーボードのローマ字入力だと「かおm」で変換)すると、いくつか出てくるけど、使いたい物がない。
 どうにかならんかとネット検索していると、「変換単語登録に、連絡先を代用する」という技を紹介しているのを見つけた。そういえば、メール本文やメモ帳に入力している時、連絡先(なんで、こんな名称にしたんだろ。素直にアドレス帳でもよかろうに(笑))に登録されている名前なんかも変換候補に出てくる。
 ってことで、早速、試しにいくつか登録してみる。iPhoneでチマチマやるのは面倒なので、まずMacのアドレスブックに登録した後、iTunesで同期させよう。
 後で整理しやすいように、アドレスブックで「iPhone用単語登録」というグループを作った。そのまんまじゃん(笑)。その中にiPhone用単語を入力していく。「姓」欄に単語。その読み欄に、単語の読みを入力。
iPhoneで疑似単語登録
 MacとiPhoneを同期させた後、メモ帳で入力。おぉ! ちゃんと変換候補にでるぞ。
iPhoneで疑似単語登録
 まさに発想の転換。この疑似単語登録技を発見した人は、凄い!

 追記(2008.09.27)
 既に2008.09.20付「iPhoneで全角スペースを入力する方法、失効!?」という記事には書いてありますが、改めてこちらにも記述しておきます。
 iPhone OS2.1では、通常の日本語変換時にアドレス帳(連絡先)の姓名欄を参照しなくなったため、この裏技は使えなくなりました。

AccessAnalyzer (XREA)の不具合が修正

 先日の記事で指摘した、

 XREAの集計結果での取りこぼしについて。
 検索単語の集計結果表示で、1日分以外の期間で集計した場合、上位101件の単語しか表示されず、少数派は解らない(笑)。こういう仕様のようだ。

 という件の補足。
 昨日、このAccessAnalyzerの不具合について、XREAに問い合わせメールを送ったところ、「修正したので確認してほしい」と、先ほど返事をいただいた。速っ!
 早速見に行ったら、おぉ。改善されてるよ。直っちゃったよ。
 集計結果画面の下に、ページ切り替えリンクが正しく表示され、ヒット1の項目まで、全部参照できるようになった。

 ってことで、俺としては、忍者TOOLSのアクセス解析をうらやましく思う項目は、検索ワードの%表示と管理者アクセスの集計除外の2件だけになった。
 文字化けが多い事を考慮すると、忍者の優位性がガクっと下がる(笑)。

 ひょっとして、XREAの人、俺が書いた先日の比較記事を読んで、忍者にライバル心を抱いたのかもしれない、とか邪推してみる(笑)。
 冗談はさておき。まぁ、確かに不具合の修正をしただけかも知れないけど、俺にとっては、素早い対応をしてくれたことで、XREAに対する好感度がアップした。こういう事してくれちゃ、あんた、機能面以上の安心感を持てるってもんだよ。こういうのが大切だよ。うんうん。俺の弱い所を巧みに突いてくるね(笑)。

 今日は、嬉しくて楽しいニュースばかりだ。\(^o^)/
 珍しく顔文字も付けちゃうよ(似合わねー)。

ねこぱんち!
アクセス解析比較 AccessAnalyzer(XREA)と忍者TOOLS