HGUCギラ・ドーガ、仮組み

 発売を心待ちにしていたキット、HGUCギラ・ドーガを、先週末に仮組みした。
HGUC ギラ・ドーガ
 HGUCの「逆シャア」登場MSキットは、どれも出来がいいよね。
 このギラ・ドーガも、アニメ作中とはちょっとイメージが違うけども、なかなかいい感じのプロポーションじゃないだろうか。複雑な形状の頭部も、巧妙なパーツ分けで、綺麗にかっちょこく仕上がるよ。このサイズにして、モノアイ可動ギミックも仕込まれている!
 早くジェガンもHGUC化して欲しい。ギラ・ドーガとジェガンをたくさん買って「”やってみる価値ありますぜ”ごっこ」をやるんだい。

シャア専用携帯!

 ソフトバンク、シャア専用など携帯電話’07年秋冬モデル モノアイ表現したザク充電台。ワンセグ世界最薄など (2007.10.22 インプレス AV Watch)

 今まで、どこかが作りそうで作らなかった「シャア専用携帯電話」が遂に登場。やってくれるなぁ。ソフトバンク半端ねぇぜ。

913SH G TYPE-CHAR
 機動戦士ガンダムの「シャア・アズナブル」をデザインモチーフにしたモデル。「シャア専用携帯電話というイメージで開発した」(ソフトバンク)という。シャープ製で、12月上旬以降の発売を予定している。価格は明らかにされていない。

 シャアのシンボルカラーである「C.A.Red」を筐体カラーに採用。各所にジオン軍のマークなどをプリントしているほか、待ち受け画面やアイコンなどもガンダムの世界観に合ったものになっている。ガンダムをモチーフにしたゲームもプリインストールする予定。

 既に発売されているシャープ製913SHをシャア専用カラーにしたものだが、まさしくシャアだよ。

 最大の特徴は、標準で「シャア専用ザクII」をモチーフにした、12分の1スケールの「シャア専用ザクヘッド型充電台」を付属したこと。頭部が開閉するようになっており、スライド式ボディの「913SH G TYPE-CHAR」を、ザクのモノアイの部分に横向きに設置。充電中は携帯電話のメイン液晶にモノアイ(赤い円形)が表示されるため、頭部を閉じるとザクのモノアイが左右に動いているように見える。

 充電台がザクヘッド! 1/12ってことは、人の頭くらいの大きさか。そんなでかいのどうするって問題はさておき、まじにすげー欲しい!
 基になった913SHよりスーパーボーナス(24ヶ月割賦購入)で1000円/月程度高くなるらしいから、10万円くらいしそうだな。スーパーボーナス割引がついて、実質負担予想はたぶん月1500円くらい。トータル35000円前後。
 しかし、残って安くなりそうにもないしね。購入しないとすげー後悔しそうだし。
 うーむ。

MGザク[Ver.2.0]製作(4)

 MGザクVer2.0製作レポート。

MGザクver.2.0
 頭部フレーム、マニピュレータ、動力パイプを組立てる。

続きを読む

MG Hi-νガンダム製作中

 MG RX-93-ν2「1/100 Hi-νガンダム」を製作中。
MG Hi-νガンダム
 これも、素組み&部分塗装で完了のつもり。
 今日までで、フィン・ファンネルと飾り台を残しての組立て、表面ペーパー掛け、コンパウンド磨き、シルバーパーツのリタッチ(ガンダムマーカーのシルバー使用)、そして、頭部の墨入れまで施した。

 今回キット化における「公式設定化」については賛否両論あって、すでにあちこちで話題になってるね。
 今まで公式には存在しないものの、ファンの間ではいつの間にか「Hi-νガンダム」として広く認知されてきたという、ワケアリの機体。
 今回の「公式設定化」も、「アムロ・レイが小説版「逆シャア」で搭乗した機体」という中途半端な設定。そんなもの、わざわざ公式化する意味あるのかよ。っつーか「公式設定」にパラレルワールドを持ち込んだ事になるんだぞ。
 わざわざ中途半端な公式設定化せずとも、Ver.Kaみたいに、出淵さん名義のデザイナーズ版νガンダムとしてリリースすべきだったんじゃないかなと思っているのは、俺だけじゃないと思う……。

 キットそのものは斬新さはないし、出淵氏のセンスがあまり反映されてないという気がするけど、良い出来だと思うよ。

 ただなぁ、シールドのマーキング。アムロのパーソナルマークと隊内機番と「E.F.S.F」が大きなひとつのシールになってるんだけども、なんで転写デカールにしてくれなかったんだよ……それは、別売りの水転写デカールを得るためだね。
ガンダムデカール MG Hi-ν用
 はい。そのバンダイマジックにまんまとはまりましたよ(笑)。

 あぁ、フィン・ファンネル6個も作るの、めんどくせ(笑)。

1/100 MG Hi-ニューガンダム 1/100 MG Hi-ニューガンダム

バンダイ 2007-02-25
売り上げランキング : 3287
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

MG Zガンダムver.2.0製作(3)

 両腕、頭、スタビライザーまで組み上がった。
 本体は形になったわけだ。
[写真クリックで拡大]
 製作途中とはいえ、あまりいいアングルじゃないな。
 ZG2は、正面かアオリがかっちょいいよ。

 さて、話題の頭部。
060102zg2-6.jpg[写真クリックで拡大]
 これが、絶妙なパーツ構成によって、合せ目皆無の頭部!
 F2ザクでは、頭を上下に分割しクチバシを別パーツ化することで、合せ目を目立たなくしてたけど、ガンダム系MGの頭で合せ目皆無ってのは、凄いね。今後はスタンダードになるんだろうか。
 それと額の赤パーツの下に小さいけどはっきりと”Z”って刻印されてるのが泣ける。

 もう少しで完成!

Tag(s) [ガンダム]

ウルトラマンマックス

 7月2日から始る、ウルトラマンシリーズ最新作「ウルトラマンマックス」
 んー、レオ以来30年ぶりくらいの「セブン系の顔」らしい。
 それ自体はいいが、とても格好悪いぞ。「機動戦士ガンダムF91」に出てきた鉄仮面みたいだ(笑)。
 かつて、ティガの時の「パーツを付け足すのではなく頭部をえぐる」という、発想の転換による美しいデザインに「やられた!」と感動した、あの偉大さを越えろとは言わないが……、ひどすぎじゃないか。
 マックスって名前も、嫌だ(笑)。