ドリコムがブログをライブドアへ譲渡

「ドリコムブログ」をライブドアへ譲渡、3月末に終了へ(2009.10.26 BBWatch)

 ドリコムは26日、個人向けの無料ブログサービス「ドリコムブログ」について、ライブドアへ譲渡すると発表した。26日付で譲渡契約を締結し、譲渡金額は非公開。譲渡後、「ドリコムブログ」は終了する。

 譲渡理由として、ドリコムでは「mixiアプリや携帯電話向けの着信メロディ配信など、エンタメ事業に資源を注力したい。事業を集約することで市場における優位性や企業価値の向上を図れる」としている。

 また、譲渡先にライブドアを選択した理由として、ライブドアがユーザー数300万人(2009年9月現在)を保有する個人向けブログサービス「livedoor Blog」を提供しており、「ブログに関する新しいサービスを提供するなど、ブログ事業が強い。現在利用しているユーザーに最も迷惑がかからない移行先としてライブドアが適任であると判断した」としている。

 今後のスケジュールとしては、2009年11月19日〜2010年1月で、ドリコムブログ管理画面内に「livedoorBlog」へ移行できるボタンを用意する「先行移行期間」、2010年2月〜3月で、データをバックアップできるエクスポート機能を提供し「livedoor Blog」以外のサービスにもブログを移行できる「一般移行期間」を予定。2010年3月末には「ドリコムブログ」を終了させる。なお、2009年9月時点での「ドリコムブログ」の会員数は23万人。

 ドリコムRSSはどうなるんだろ。現在はGoogleリーダーを使っているので、ドリコムRSSはしばらくその存在を忘れていたし、どうでもいいんだけどね(笑)。

予約投稿が可能に

 FC2インフォメーション:FC2ブログに予約投稿・予約記事停止機能を追加

 これ、ユーザーフォーラムでちょっと前に要望だされていたのを見たけど、遂に、FC2でも未来投稿が可能になったのか!
 未来の日付で記事を書いておいて、その指定時になったら公開できるというもの。さらに、指定日に非公開に、つまり記事保存した時から指定時までの期間限定公開にもできる。
 なんか凄い。

 もうFC2って、対応速いなぁ。っつーか、古巣と違って技術者のスキルが高いんだろうな。
 関係ないけど、タカアンドトシのネタ「欧米かよ!」が2年前にも流行っていれば、当時の某神へのツッコミとして最適だったのに(笑)。

FreeMLにスパムが増えたぞ

 無料のML開設サービス「FreeML(フリーエムエル)」を利用して、いくつかのMLを開設・管理しているのだが、ここ、いつの間にかSNS化されてたんだね。
(メーラーを再確認したら、5月にリニューアルという告知がちゃんと届いていた(笑))
 で、なんだか最近、ML参加未承認アドレスからの投稿=スパムが急増してトホホ状態なんだよな。
 初期状態では、ML管理人の情報が「freeml会員にのみ公開」に設定されてた……。
 即刻非公開にしたんだけど、なんだかなぁ。
 いいサービスだったんだけど、リニューアル後はML管理人の立場からすると使いづらくなったな。

スパム対策がさらに強化された

 FC2インフォメーション:英数字のみのコメント・トラックバック制限機能の追加

 うちにくるスパムはほとんど日本語のばかりだったのだけれど、いつ来るかはわからんからね。一時猛威を振るったカ○ノなんかの攻撃を未だに受けているブログもあるみたいだし、この制限機能は嬉しい。

 早速制限を設定して、試しに自分のブログに英数のみのコメントを入れてみたら、

エラーが発生しました
※日本語を含む投稿のみ可能です。

 という、確認画面が表示された。悪意の無い人にはひと手間余計になってしまうが、ここで修正・再送信すればいい。

 ただし、この再送信画面経由だと、俺の大嫌いな非公開コメント(このブログの管理人のみへの公開にする)ができちゃうんだよなぁ(笑)。
 誠に勝手ながら、うちは管理人しか見れないコメントは即刻削除しますので。

気合い入ってます(笑)

 最近、公開・非公開問わず、たくさん絵を描いているので、やっぱりペン・タブレットが欲しくなり、昨日、嫁さんに付き合ってもらって、秋葉原へ。
 しかし、Mac用のって、安いのないんだよね。
(Macユーザーって、絵を描きたいとか音楽やりたいとか、明確な意思を持ってMacを選ぶ人が多いから、周辺機器も、廉価なのは売れないから消えてゆく、ってな事を、以前、どっかの店員から聞いた。まぁ、どうでもいいけど)
 マウスモードで使うだけなら、ほとんどのUSBなタブレットを、OSXが認識してくれるらしいけど、どうせなら、全機能使いたいじゃん。
 で、目的は、中古。新品で1万5千円くらいのが3〜5千円で売ってる。中堅機種で、不満はない。
 しかし、店で現物を確認すると、傷だらけ。「機能的不備はないですよ」と言われるし、もちろん、ちゃんと動作した。けど、なんとなく怖かった。ナイフでの引っかき傷みたいな派手なのも刻まれてたし(笑)。
 結局、選んだのは、 ワコムのintuos2(インテュオス2) i-620。最近intuos3としてフルモデルチェンジしたシリーズの前バージョン。
 これが1万円。付属アプリケーションの一部が欠品で替え芯が2本しか残ってなかったけど、状態もよく、新品の3分の1くらいの値段(まだ新品も売ってるよ)。
 アプリケーションはすでに愛用してるのがあるし、ドライバーはどうせメーカーサイトから最新版をダウンロードしてこなきゃならんし。
 で、やっぱりタブレットはいいっす。効率があがるよ。実力は補えないけど(笑)