プチプチ

 梱包時の保護材としておなじみの「ぷちぷち」。
 これ、本当に「プチプチ」っていうのか! っつーか、川上産業の登録商標らしいが。

 トリビアの泉で放送したみたいだけど、見なかったので知らんかったけど、「ひまつぶし専用プチプチ」も売ってるんだね。
 川上産業、さりげなくすげーな。このサイト、プチプチについての雑学もたっぷり書かれている。

粋(いき)は深川、鯔背(いなせ)は神田

 先日、ふいに、20年くらいまえにテレビで放送されたドラマを思い出した。
「大江戸神仙伝」って作品。
 ネット検索したけど、ビデオ化されてなさそう。
 代替策として、アマゾンで探してみたら、原作本が見付かった。

大江戸神仙伝
石川 英輔
4061831178
 うぉ。石川さんだったのか!
 以前、職場の研修で、環境問題について、石川さんの講義を聴いたことがある。
 その時のテキストに含まれていたのが、氏の著作1点で、雑学としても興味深く読ませていただいたのが、この「大江戸えねるぎー事情」
大江戸えねるぎー事情
石川 英輔
4061854313

 それはともかく、「大江戸神仙伝」を購入して、読んだ。

 主人公・速見は、元製薬会社研究員のフリージャーナリスト。突然250年前に転時(タイムスリップ)して、江戸時代で生きていく。
 現地では重病だけど昭和ではビタミン不足が原因と判明している脚気の特効薬を提供したことにより、信頼と尊敬を受ける。
 まぁ、それが大まかなストーリーだが、作者の石川さんが、江戸時代のエコロジーについての研究者ということで、そっち方面の描写に力を注いでいる。
 各章は、主人公の一人称による描写と、それを補足する解説風のが交互になっていて、小説というよりは、江戸時代の風俗を楽しもうという感じ。

 予想通り面白くて、一気に読んでしまった。

 江戸時代中期は、浅草あたりはまだまだ辺境だったとか、現在普通につかっている「〜です」ってのは下賎の言葉だったとか、知識としては知っていたけど実感が湧かなかった事柄が、少しは実感に近づいた気がする。

 ちなみに、かつてドラマ化された時は、主人公役は、滝田栄さんだったと思う。これ、もう一度見たいなぁ。

通勤時間で覚える雑学辞典

 昨日は、マッドアングラー隊からの伝令と接触してしまった俺だが、やばかった。
 で、今日は、帰りの地下鉄内での出来事。

 なんか、途中の駅で乗ってきた男が、ずっとブツブツ言ってたんだよ。
 気になって耳を澄ませて聞いてみると、

「ぼうぼうどりとかいてばんばんじー、ぼうぼうどりとかいてばんばんじー……」

 ?

 あ!

「棒棒鶏と書いてバンバンジー」か!

 こりゃ、勉強になったな。……知ってたけど。

 そういえば、少し前に、電車内にへたれこんだ酔っ払いが、

「地下鉄にはサブウェイとメトロの二つの呼び方があるが、サブウェイは英語、メトロはフランス語だ。サブウェイは補助路線、メトロは大都市って意味が元だから、メトロの方がいかしてるってんで、最近はメトロを使ってるんだな。営団地下鉄時代はサブウェイだったのに、民営化したら東京メトロだろ。な!?
 それと、レールウェイは鉄道、レールロードは路面電車です」

 とか、力説してた。

 意外と勉強になるかもね(笑)。