山南総長切腹、再放送だって

 大河ドラマ初 年4回放送 堺雅人演じる 山南切腹の第33回新選組!(東京中日スポーツ/2004.12.04)

 なんか、すでに多くの人が知ってるだろうけども。
 過日の記事にトラックバックをいただいた、salut_hanamizukiさんの記事 喫茶花水木:大河を思う の文中で知り、他をぐぐってみたんだけど、第33話「友の死」が12月30日10時05分からのリクエスト番組中で再放送されるそうだ。
 本放送、芸術祭参加用再編集版、総集編、そしてこの再放送で4回目だと。確かに、本放送のあった年の1年間(というか実質は後半期だけ)で4回も放送するってのは異例かもね。

 堺雅人さんの山南敬助、人気あったし、この回だけ番宣スポットもたくさんやってNHKも盛り上げてたなぁ。もちろん、見て面白かった。この回を芸術祭参加作品にするというのも、やるなおぬしって感じ。
 しかし、最近Yahoo!ニュースとか見ても芸能は流してたから、この一連の再放送の話題は気づかなかった。

 俺は、山南というと、総長の立場ゆえかもしれないけど偏屈なイメージを持っていた。それに、あの堺さんの顔が最初はどうにも野口五郎に見えて、かなり違和感があったんだけど、だんだんと、新たな山南像を植え付けられてしまった。

 総集編でも山南切腹のシーンは山場なんだろうね。加えて、この再放送も録画せよということだな。承知!

新選組! 来週最終回

 NHK大河ドラマ「新選組!」が来週で最終回。
 大河を1年間かかさず見たのは何年ぶりだろう。
「信長」と「秀吉」以来だね、1年間通して見たのは。

 俺は龍馬を中心に幕末好きなので、放送開始の1年以上前に「H16年度の大河は新選組」と発表されてからずっと期待していた。
 その後配役が決まっていくと、正直いってがっかり度は増していった。俺的に満足できそうなのは、坂本龍馬(江口洋介さん)、勝海舟(野田秀樹さん)、佐久間象山(石坂浩二さん)くらいだなと思ってた。香取なんて論外!(笑)
 三谷幸喜さんが脚本だと聞いて、これも、かつての「竜馬におまかせ」みたいなとんでもないものになるのかと思った。
 しかしね。結果的には、俺としては、単純に楽しめた。
 幕末好きとして、世間の評価に関係なく、毎週面白かった。
 細かい不満はあるけど、全体的には青春群像劇として、よくできてたね。

 三谷氏の脚本というとあまり場面転換がないという固定観念をもっているんだけど、今回は、意外とそうじゃなかった(笑)。
 配役も、近藤(香取慎吾さん)以外は、俺の持っていたイメージに近い人ばかりだったので、感情移入できたのかも。
 捨助(中村獅童さん)については賛否両論あるみたいだけど、俺としては、グッジョブ!だよ。史実であやふやな部分について、捨助が動いてたってな感じになってたけど、ドラマとしてのつじつま合わせとしては、こういう役が必要だろう。俺の大好きな小説「竜馬がゆく」における寝待の藤兵衛みたいなもんで。
(それにしても、獅童さんは巧いよね)

 最後に。
 通勤マンガーZさんが、登場人物BEST5を書いていたので、俺も真似をしてみる(笑)。

 1位 永倉新八(山口智充)
 2位 坂本龍馬(江口洋介)
 3位 土方歳三(山本耕史)
 4位 山南敬助(堺雅人)
 5位 佐々木只三郎(伊原剛志)

 次点では、佐久間象山(石坂浩二)、徳川慶喜(今井朋彦)、勝海舟(野田秀樹)。
 それと、ちょい役の榎本武揚(草彅[なぎ]剛)、武市半平太(デビット伊東)に特別賞。これ、気付かなかった人も多少はいたんじゃないかな(笑)。


“新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX” ()


“新選組 ! 完全版 第弐集 DVD-BOX” ()