やっぱり洗っていた

 アライグマ、やっぱり洗っていた…エサを毒抜き (2009.04.27 Yahoo!ニュース)

 アライグマは、洗っていた−−。アライグマが毒を持つ生き物を食べる際、地面で“こすり洗い”して毒抜きをするユニークな行動を取ることが、京都大の持田浩治研究員(動物行動学)の調査で明らかになった。

 両前脚で、洗うようなしぐさをすることからそう呼ばれているが、野生のアライグマの場合、餌探しのための行動で、実際は「洗わない」とされていた。持田研究員は「毒のある食物に関して、アライグマは、名前通りの行動をしている」と話す。

 アライグマは北米原産で、小動物や昆虫、魚、果実などを食べる。持田研究員は、大阪府内などで捕獲された野生化したアライグマ6匹の食性を観察。皮膚から毒を分泌し、天敵がほとんどいないとされるアカハライモリやニホンヒキガエルを餌にしていたことがわかった。

 詳しく調べた結果、6匹とも通常の餌はそのまま食べるが、においで餌に毒があると判断した場合、両前脚で、最長10分余りも地面に、こするなどしてから食べていた。刺激を与えて体内に蓄えた毒をすべて出させ、こすり落としてから口にしているとみられる。

 持田研究員は「毒を絞り出して餌にする動物は他に聞いたことがない。何でも工夫して餌にする摂食行動が、故郷と環境が異なる場所にもうまく順応できる理由の一つなのかもしれない」としている。

 野生のアライグマは餌探し。動物園のアライグマは何でも洗ってしまう。そんな認識でいた。
 でも、実際は、毒の無い餌はそのまま食べ、洗う必要のある餌だけ洗っていたんだね。すごいぞ、アライグマ!

10回の規準は何だ?

 デジタル放送「コピー10回」、来年6月導入目標 (2007.11.20 asahi.com)

 NHKと民放各社は、デジタル放送番組のコピーを1回限りしか認めない現行の制限を緩和し、10回まで認める新たな制限を導入する時期について、来年6月を目標とする方針を決めた。20日、総務省の情報通信審議会の委員会で放送業界の代表者が明らかにした。

 来夏の北京五輪に間に合わせる狙い。今年末までに利用する信号などの技術規格を詰め、録画機メーカーにも対応を促す。

 現行の制限では、録画ミスをした際にデータが消失するなどのトラブルが多発。同委員会が7月、10回まで緩和する案をまとめていた。

 実は、うちのスゴ録(今年1月に購入)で録画したテレビ番組のうち7月〜10月にダビングしたDVD-Rで再生エラーなのが数十枚発生してるのよ。その前に購入し約4年間愛用しているアナログ専用のスゴ録が絶好調なので信頼してたのに。
 メディアが不良ロットだったのかもしれないし、そこまでひどくないにしても、メディアとデッキとの相性かもとは考えられる(とは言っても、メディアは太陽誘電製なので、これがダメなら何を信頼せよってな感じではあるのだが……)。だけれども、いずれにしても、自分だけが観るだけのテレビ放送番組録画のために、コピー規制のおかげでこれしか使えないっていう割高のCPRM対応DVD-Rをきちんと真面目に購入して、それにダビング(ムーブ)しているにもかかわらず、二度と観られなくなってしまったかもしれないのだわ。この辺の保証はしないよってのは言い分としては解る。でも、それなら、真面目なユーザの個人使用コピーは許してくれよ。もしくは、安いメディアでも使えるようなコピー規制にしてくれ。
 CPRMなんか、大嫌いだ! たかが10回程度のコピーで、何が緩和だよ。

冬になるとカスタマイズしたくなる

 なんだか、今、無性にテンプレートを大改修したい!

 過去ログを確認してみたら、現在のテンプレートの「見た目」がほぼ完成したという記事が2005.12.06。それを元にHTML/CSSソースも整理して、現在のテンプレートにしたという記事が、2006.02.24。
 そしてたぶん、その間に、サーバ2の悪夢こと盟友・少佐さんの「少佐の2902熱光学迷彩・電脳アジト」向けテンプレート(スコタコ風)の仕上げもしたんじゃなかったっけかな。
 さらにその前年、2004年末にブログ人からFC2へ移転する際に、既存の3カラム共有テンプレートを大改修してシャア専用風2カラムに仕立てた。

 どうやら俺は、冬になると、テンプレートカスタマイズ熱が上がるらしい。
 今年の正月休みは、ガンプラではなくブログテンプレートをいじるかなぁ。

投稿確認画面をオフにした

 ブログ管理者用お知らせ:コメント投稿の際の確認画面について

 先日も記事にした件。導入から2日も経過してから、やっと告知されたわけだが。
 管理画面でオン/オフできるようになったらしいので、オフにした。
 確認機能そのものは良いと思うのだ。導入理由もよくわかる。
 でも、その画面デザインがブログとあまりにもかけ離れていて、ましてやエラー表示と似ているなんてのは嫌だ。
 それと、この確認画面からは、俺が大嫌いな管理人のみ閲覧のコメント(いわゆる秘密コメント)が投稿できてしまうので。

 せめて、入力項目と画面配色のカスタマイズくらいはできるようにしてもらわないと使いたくない。

 それと、新機能を導入したら、素早く告知してほしいもんだわ。
 特に表示や入力に関する変更って、テンプレートをいじっているサイトだと、修正や検証をしなきゃならんのだからさ。

分割バックアップが可能に

 FC2インフォメーション:ブログバックアップ 年別・月別・カテゴリー別のエクスポート機能を追加

今までは、バックアップを取る際、全ての記事をまとめて
取ることしかできませんでしたが、この機能を使用しますと
年別・月別・カテゴリー別などで分割してバックアップが取れるようになります。効率的にバックアップを取る時に便利です。

 確かに便利な機能追加だ。利用法によっては、とても便利で重宝することは間違いないだろう。
 でも、過信は禁物。っつーか、あくまでも「利用法によっては便利」という程度。
 分割バックアップをして、定期的に差分を(例えば毎月、最新月の記事だけを)バックアップしているだけじゃ、だめだよね。
 普通、コメントはどんな過去記事にも随時受け付けしてるでしょ。

 それと、今回の機能改定と直接は関係ないんだけど、ユーザータグの情報もバックアップされない仕様。
 それも考慮して、ブログ管理をしましょう。

メンテ明け

 ○CNのブ□グ人の36時間にも及ぶメンテが終了したそうだ(実際にはもう少し早く終了したようだが)。
 何を施したのかわからんが、とりあえず現時点では、うちから送ったトラックバックは相変わらず受信してくれない。

今回の工事では利用者の増加に伴う高負荷回避に備え、設備の増設並びに新データセンタへのハードウェアの移設工事を実施いたしました。

今回の工事に伴い、お客様が工事の終了後に記事を投稿し、投稿したブログを閲覧した際に投稿された記事がブログに反映されていない事象が発生する場合がございます。この事象は移設に伴って発生する事象であり不具合ではございません。工事終了後、数時間程で解消されるものとご理解ください。

 ふーん。メンテ終わってから数時間は経過しているはずだが……。

 追記。
 今、上記のメンテ情報記事にはトラックバックが送れた。
 が、一般ユーザーのブログはダメ。

 追記(2005.03.25)
 再挑戦。あにオヤジ: 36時間過ぎると にTB送ってみる。
 5分待っても送信完了しないので、停止させた。

Tag(s) [ブログ]

トラックバックの規制について

 本日より、当ブログへトラックバックを送っていただく際、トラックバック元記事中に当方該当記事へのリンクが記述されていない場合は、当方へのトラックバック受信手続きが行えない設定にしました。
 宣伝目的のスパムトラックバックを制限するのが目的で、他意はありません。宣伝目的でない正当性がある場合、最低限、当該リンクの記述をしていただきたく思います。そのわずかな手間を惜しむということは、すなわち、多少なりとも宣伝目的意識の現れと解釈させていただきます。

 なお、上記規制は、管理画面上で該当機能にオン/オフを設定するもので、管理者びといんが個別に当該リンクの有無を確認するものではありません。

 また、当該リンクの記述があったとしても、当方でスパムと判断したトラックバック,
著しく関連性のないトラックバックについては、従来どおり、通知なしに削除させていただきますこと、改めてご了解願います。

 ねこぱんち!
FC2インフォメーション | ブログURL(言及リンク)を含まないトラックバック制限機能の開始

日刊びといん

 進ぬ、なまけもの!:日刊036.ism・・・これ、おもろいな! へトラックバック。

 もう、結構広まっていそうだけど、俺は、今日見つけた。

「日刊あなた」

 自分の名前を入力すると、自分にまつわる記事をでっちあげてくれるという物。観光地の顔はめ看板と双璧をなす(笑)、よくある「名前はめ込み言葉遊び」の類だけど、表現とセンスがいい。暇つぶしのネタに持ってこい。
 で、「日刊びといん」の記事から、一番気に入ったやつは、下記。

—-引用ここから

評論家びといん

“一言評論”で人気のびといんが、都内の書店でサイン会を行った。
びといんは以前、ラスベガスでの世界マジック大会の審査員を勤めた際、「っていうか、こんなの手品じゃん」と言い放った猛者。「自分イズム」、「イズムis自分」などという飲み屋での会話並の論理で特異なキャラクターを確立している。
この日のサイン会で、びといんはファンの一人一人にコメントを書き添えるというサービスをした。しかし、その内容は「人生だもの、びといん」や、ネコが行方不明という女性に対しての「行方不明だからネコなの。居場所が分かったら犬でしょ」などというものばかり。びといんは持参した”ウーロン茶”を飲んでは上機嫌だった。

—-引用ここまで

 なんか、実際に俺がやりそうでウケた(笑)。

 それにしても、みなさん、色々見つけてくるなぁ。