東京オフ会2006年2月、お疲れちゃん

 昨日、恒例の東京オフ会に参加してきた。
 今回のテーマは「くろおびさんを励ます会」ということだったが、くろおびさん癒されましたでしょうか?

 ロバ子さんからは鹿児島の焼き芋焼酎をいただいた。ありがとう。これで3日間は楽しめます。
 てりこさんからは、今回欠席だったまみぃへもチョコレートをいただいた。ありがとう。
 それと貴重などぶろくをいただいたばかりではなく、オフ会前にわざわざ自宅まで車で運んできてくれた。すぬお。さん、てりこさん、本当にありがとう。
 なんだか色々いただいてばかりで、何も用意していかなかった俺。ごめんなさい。

 一次会は、11月にも行った「竹取百物語」。相変わらず美味い。
 俺は、胡麻焼酎「紅乙女」をメインに飲んだ。
 二階席だったんだけど、そこへ上がる階段、暗くて狭くて危険だよな。だれかコケて怪我してた人もいるみたいだし(笑)。
 途中、マンガーさんがすしバーさんへ電話を入れたのを回してもらって、少し話す。社交辞令で「お久しぶりです」と挨拶したが、もちろん、そんな気がしない。毎日会っているような気分でさえある。

 二次会は、カラオケ。
 新年会の時は体調不良で唄えなかったので、その分、存分に唄わせていただきました。
 2時過ぎ。少佐さんから「カラオケで哀戦士を」とリクエストメールが届いた。あいや、あの曲は難しいので却下。まだ起きているようなので、無遠慮ながら電話してしまった。
 少佐さんに電話した事や話した内容はちゃんと覚えてますよ。全然酔ってませんよ。

 今回、俺は無精ヒゲ(木曜の夜に剃ったのが最後)のまま出席してしまったのだが、意外と好評だったね。って社交辞令だってーのがわからんのか!>俺
 っつーか、MA-1を着て、ドラマ「相棒」のお人よしな熱血刑事・亀山(寺脇康文さん)をちょっとだけ意識してたんだけどね。
 なんてな。うそ。このMA-1、10年近く着ているし(笑)。

 そんなこんなで朝方まで飲んで喋って歌って騒いだ。楽しい一夜だった。

気分はヒビキさん

 嫁さんと、秋葉原へ買い物にいった。
 注文した商品のセットアップに30分程度時間がかかるというので、その間お茶でも飲んで待つか、ということになった。
 で、交通博物館の裏手にある、甘味屋「竹むら」に行く。
 昭和初期のままの建物で、東京都から保護指定を受けている。
 入り口を通る時に、「おやっさん、いる?」とか言いそうになった。
 気分はヒビキさんな俺。
(この店は、よくドラマにも登場してて、最近では「仮面ライダー響鬼」で、柴又の団子屋「たちばな」としてロケに使われている)

 ちょっと高級な甘味屋さん。でも、気兼ねなく入れる雰囲気は、さすが下町。ここから歩いて数分のところには、銭形の親分がいたしな(謎)。
 席につくなり、
「あの階段の途中に忍び返しがあるんだよな」
「おやっさんはいないの?」
「厨房の奥から、猛士事務局へいけるんだよ」
 などと、怪しい会話をかわす、我ら夫婦。

 やっぱり、事務局への入り口は極秘らしいね。発見できなかった(笑)。

 あ!
 俺は「田舎しるこ」、嫁さんは「粟ぜんざい」を注文した。
 しつこい甘さじゃなく、美味しかった。
 子供たちへの土産に、「揚げまんじゅう」も買った。
 まんじゅうの天ぷらって感じなんだけど、これも絶品。

地下鉄(トラバしりとり11)

 上上下下左右左右bA: トラバしりとり? に、ねこぱんち。
 ってことで、あるてぃさん発案の「トラバしりとり」に参加。

 genさんの「クリンチ」を受けて「地下鉄」で、エッセイを。

 俺は、都内に住んでいて、毎日の通勤に地下鉄を利用しているんだが、地震や、かつての地下鉄サリン事件を思い出すと、怖くなる。
 よく言われる事だが、東京の地下鉄は深い所を通っていて、一番深い都営大江戸線六本木駅などは、階段がなんと300段近くあるそうだ。以前、外国で地下鉄火災事故が起きた時に、テレビの報道番組で検証していたが、30歳代の男性アナウンサーが全力で駆け上がっても、ホームから地上にでるまで6分以上かかっていた。
 怖い。
 とは言え、、毎日地下鉄に乗らない訳にはいかないので、どうしようもないが。
 ところで、「地」の読み仮名について、前々から不思議に思っている。なぜ「地球」だと「ちきゅう」で、「地震」だと「ぢしん」ではなく「じしん」なんだろう。

 では、お次の方、「つ」でよろしく。

来週、手術

1ヶ月ぶりに診察を受けた。
経過良好。
まだ、通勤中の人込みはちょっと怖いし、階段を降りる時に違和感があり、夕方には足首にだるさを感じるものの、
これは、骨折後の普通の症状、慣らしていくしかないとの事。
で、金具を抜く手術を来週21日に決めてきた。その2日前の19日に入院。
今月中に抜糸して退院。遅くてもGW中には完治!
(このblogには書いてなかったが、12月3日に右下腿骨を骨折して以来、丸5ヶ月)
連休明けには、やっと、無改造の(笑)自分の両足で歩けるんだね。

しかし、ビスを抜いた後の穴(3本も入ってるんだよ)は、すぐに埋まるんだろうか。
その穴は、骨としてふさがらず、肉が入り込んだりはしないのだろうか(ひー)。
その辺を、もうちょっと突っ込んで聞いて見よう(笑)。

2004/02/15

 娘の12歳の誕生日。早いね。今春は中学生だよ。
 元気で優しい良い子に育ってくれて、嬉しく思います。

 夜、近所のお好み焼き屋に行ったら、店が無くなっていた…。
 11月に行ったきりだけど(狭い階段を上がった2階なので、退院後も、行けなかった)、まさか無くなっているとは気付かなかった。通院のため、何度も前を通ったんだけどね、昼間はやってない店だったし。
 いつも繁盛していた感じだったが、何があったのだろう。気になるが、どうしようもない。
 気に入った店だったので、残念だ。

2004/01/27

 仕事に復帰。なんとか、通常時間で出勤/終業できた。
 まだ、右足にPTB装具を着けて、左手に松葉杖。でも、屋内なら、多少は杖無しでも歩ける。
 エスカレーターにも乗れるようになったので、移動の苦痛は和らいでいる。
 しかし、駅階段の手摺は、冷たいぞ。

 家の電話機が故障したもよう。親機はなんともないが、ワイヤレス子機の方が、送話できてないらしい。相手の声は聞えるのだが。

2002/06/07

今朝の新幹線は、いつもとは違う号車に乗った。
そうしたら、客層が違う。馴染めない感じ(笑)。いつも乗る号車は、通勤サラリーマンが多く、静かで、上野〜高崎の50分間、熟睡できるんだけど、今日は駄目だった。上野駅でホームへ降りる階段なりにある乗降口なので、非定期券組が乗り込みやすいのか、ねーちゃんとかばばぁとかがしこたま乗っていて、うるさいし化粧臭いしで、たまらんかったので、大宮の手前でいつもの号車に移動しちゃった。
やっぱり無難な行動が吉、だね。