凄みが少ないラゼンガン

 リボルテックのグレンラガンシリーズ第2弾のラゼンガン。

リボルテックヤマグチ No.52 ラゼンガン リボルテックヤマグチ No.52 ラゼンガン

海洋堂 2008-06-12
売り上げランキング : 17
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 螺旋王ロージェノムが乗る、中盤の敵ボスキャラであるが。
 造形や可動については、申し分無い。グレンラガンよりリボルバージョイントの数が少なくなり、特に股関節と手首がリボルバージョイントでなくなったものの、流石は山口式可動。これでも躍動感あるポーズが色々とれる。
 しかし! 顔が……。アマゾンのカスタマーレビューでも指摘されているが、目が大きすぎて、凄みの足りない顔になっちまってるの(笑)。

リボルテック ラゼンガン 目修正前
 アニメ設定画のような凶悪な顔にしたいが、塗装修正は面倒なので(笑)、目の上に、ヘルメットの陰っぽさを意識して、ガンダムマーカー墨入れ用・黒(筆ペンタイプ)の細い方でサラッとなぞってみた。

リボルテック ラゼンガン 目修正後
 うむ。かなり良くなったぞ。ガンダムマーカー墨入れ用・筆ペンタイプなら、塗ってすぐなら簡単に拭き取れるので、失敗を恐れずに作業できるし、結構な効果があるので、おすすめ。

テンプレート修正中

 ちょっとした訳があって、CSSを微修正中。
 本文部分の隅を鋭角にして、左にも陰を付けた。
 実質的な表示速度は変ってないはずなんだけど、遅くなったような印象をもってしまうね。
 視覚効果というか、表示の順番によるトリックってのも重要なんだなぁ。
 ともかく、さらに修正を続ける。

カスタマイズ(040903)

 俳句blogというのを見つけて、早速登録。サイドバーに短冊を設置。
 とりあえず仮の位置。今夜帰宅したらレイアウトを見直す。

 雅号「美都院」の初投句は、

「足をとめ汗をぬぐいし秋の陰」

2000/08/29

先日、庭の荷物(ゴミ?(笑))の陰で、野良猫が出産してた。4匹。
子供が産まれると面倒なので飼っている愛猫はちゃんと避妊手術をしているというのに、こういう事態に見舞われるとは……。
子供たちが独り立ちできるくらいまでは許そうとは思うが、臭くなったりして嫌なので、母猫が外出中に、裏庭の人目に付かないところに段ボール箱を用意して、仔猫を移した。
その夜、様子を見に行ったら、仔猫が3匹に。夜が明けたら、誰もいなくなっていた。
翌日、母猫を家の前の路上で目撃したので、たぶん、移動させられて危険を察して、一匹ずつくわえて近所へ引っ越ししたのだろう。
移動したらしたで気になる。んー、困ったものだ(笑)。