同じようなカードは何枚もいらない

 ジャ○ン○ット銀行が開業した頃すぐに口座を作り、ネットオークションの決済、アフェリエイトやアンケート報酬の振込用に使って来た。
 そこが、近年、各種手数料の無料条件の引き下げ=事実上の手数料値上げを頻繁に行うもんだから、もう嫌気がさし、対郵便局間及び近所にもあるコンビニATMなら入出金手数料無料のイー○ン○銀行に口座開設。ジャ○ン○ット銀行からそっちに移行するつもりなのだが。
 しかし、イー○ン○銀行も、キャッシュカードを作るには手数料1000円がいるという。クレジット機能付きなら無料だって。年会費も。

 最近、レンタルショップの会員証や、スーパー及び家電量販店等のポイントカードなんかも、クレジット会社提携カードばかりだよね。そっちなら年会費無料ですよ、と勧めてくる。
 少しでもクレジットで何か購入すれば、店側にバックマージンが入る仕組みでカード管理の経費を補っているのだろうけどもね。
 それにしても、そんなに何枚もクレジットカードはいらないよ。
 いや、俺はクレジット払いはよく利用する。破綻ないように至極注意し、1回払い。カード会社のポイントをためるわけさ。っつーか、今使っている定期券。新幹線の長距離通勤なので、3ヶ月で27万円弱。こんなの手当至急前に自腹の現金で払えないし。通勤手当至急上限越えてるので、カードのポイントサービスで少しでも元とりたいし。
 使うクレジットカードは、1〜2枚に決まってしまう。分散するとポイントたまらないし、管理も面倒くさい。そもそも、会員証として作った物とはいえ、同じ会社のクレジットカードが何枚もあるぞ。
 単純に会員証としてしか使わないカードは、利用限度額を最低(できればゼロ)にしている。

 それに、クレジットを利用していないにしても大量にカード持ってる人間が、発行審査をすんなり通ってしまうのも、なんだかおかしくないか?

99%

 近所のスーパーで安売りしてたので、ネタとして買ってきた。

 チョコレート効果 CACAO 99%
 パッケージに「非常に苦いチョコレートです」と注意書きがあったが、本当に苦い。
 えーと。苦いのが平気な俺でも、5粒が限度だった。
「チョコレートは甘い物」という固定観念があるので、ただの変な食い物としか思えない。っつーか、墨汁みたいな味だし。

 まぁ、最大の敗因は、おはぎを食べた後にこのチョコレートを食べた事だろうな(笑)。

2004/01/07

 職場復帰についての打ち合せのため、(仮出勤で)1ヶ月ぶりに事務所へ。
 行きに3時間、帰りに4時間もかかった。
 歩行困難なのもそうだが、まだ、怖くてエスカレーターに乗れない。右足にPTB装具、左手に松葉杖。手すりを持つ手は左なのだ。それはすなわち、東京では、「追い越し車線」を塞いでヒンシュクを買う好意だ(泣)。
 エスカレーターへの復帰は、一番最後になりそう。

 帰りの途中で、つま先が痛くなる。うっ血しているのだろう。
 帰宅して装具をはずしたら、足首から先が、入院時に匹敵するほどむくんでしまっていた。
 下げ続けていられる時間は30分が限度のようだ。

2003/09/07

昨日から、大江戸温泉物語に泊まり。これで2回目。
今回は、着いたのが19時過ぎ。風呂を堪能し、飲み食いし、23時には、寝た。

今日は涼しい。朝風呂に入ったので、余計そう感じるのか。
温泉物語を出て、台場一丁目商店街へ向かうため、無料巡回バスに乗る(都営バスと提携してるみたいだ)。
このバス停が、怪しげな佇まいなんだけど、その時刻表も妙だった。このバス停、日曜日には7時62分にもバスが来るらしい(笑)。

ともかく、バスに乗り、目的地で降りる。しかし、台場一丁目商店街の開店は11時ということで、それまで隣のジョイポリスで遊ぶ。子供や嫁さんはライドシミュレータ系に乗りたそうだが、俺はかなり苦手(笑)。
でも、比較的弱めのやつに皆で乗る。やはり怖い(笑)。この程度が限度です。そういえば、先月行ったドコモタウンのライドも怖かった。
12時になり、念願の台場一丁目商店街。元来そういう名前の商店街なのではなく、フジテレビの向かいのビルの中に作られた、昭和30年代の町並みを再現したアミューズメント系ショッピングモール。
懐かしい(といっても、俺は昭和40年代育ちだけど)、こういうの好き。
案内掲示を見ると、運よく、北原照久氏と山田卓司氏のトークショウが開催される当日だったので、見ることにする。

でも、その会場が なかなか見つからず、後半のおもちゃ鑑定会だけ見学。
ともかく、両氏のファンなので、生で見れて感動。