ドラマ「カーネーション 総集編」を観た

 NHK朝ドラの前作「カーネーション」の総集編を観た。
 このドラマ、まわりで薦めてくれる人も多く、良作だろうとは思うのだが、なんとなく意地で観なかったんだよね(笑)。なので「カーネーション」はこの総集編が初見。

 今回、総集編を観て——もちろん、前後編各90分に圧縮されたこれだけで理解できようとは思っていないので——この時点で感じたのは、これってガンダムやサザンみたいじゃね?って事(くらいに留めておく)。
 いや、ガンダムやサザンオールスターズって「興味がない」というのはあっても「大嫌い」っていう人は少ないよね。

 と、ここで思ったけど「カーネーション」と「ガンダム」って、共通点が多いぞ。

・若い頃は身勝手でちょっとウザイ主人公だが、その人が、のちに皆を助ける。
・一見理不尽に殴る上司/親(しかし、信頼関係は絶大)の存在。
・戦争をある意味では否定的に描いている。
・廃人になってしまう登場人物がいる。
・キーポイントで幻影イメージがでる。
・子ども三人が次世代をしっかり受け継いでいる。
 ……etc.

 キャラ的には、概ね次のような印象。繰り返すが、あくまでも総集編を観た限りでの印象。

 糸子=アムロ。序盤、少々ムカツクけど、経験を重ねニュータイプとして開眼していく。中盤、自身も悩みながら、子どもらに生き方を伝えていく。晩年、再び自分のために生きる目的と地球(自分の周辺人々の心)を救うように暮らす。最後の方は、誰にでもタメ口。
 奈津=シャア。ライバルというよりは、純粋故の反抗というあたりが。赤系の服をよく着てるし。
 善作=ブライト(+ワッケイン)。不条理とも思える指導をするが、叱咤激励し、頼られるリーダー。
 優子、直子、聡子=カツ、レツ、キッカ。良き心を受け継ぐ、新世代ニュータイプ。
 周防=マチルダ。主人公の憧れの人(恋愛対象)。
 他には、
 パッチ屋のおやじ(桝谷だっけ?)=リュウ。
 木之元=ハヤトかジョブジョン。
 北村=リュウ。

 うむ。レギュラー放送を観たらはまりそうな気がしてきた。

Mac Fan 縮刷版DVD-ROM発売

 3年分の全編集記事を検索できる「Mac Fan 縮刷版DVD-ROM」の予約販売を開始(2009.12.03 マイコミジャーナル)

月刊のMac専門誌「Mac Fan」は、過去3年分の編集記事をPDFデータ化しDVD-ROMに収めた「Mac Fan 縮刷版DVD-ROM 2007-2009」を2010年1月29日に発売する。価格は5,980円(税別)だが、現在、1,000円安い4,980円(税別)で購入できる事前予約キャンペーンを実施中だ。

 決して毎日コミュニケーションズの回し者ではないけど、これを待ってました! と言いたい。
 昔買っていたMac PowerやMACLIFEという雑誌は、毎年こういう縮刷版CD-ROMを販売していて、重宝してた。物理的な紙バックナンバーを保存しておくには場所の確保が必要だし、家庭でスキャナで読込んでPDF化するには、かなりの時間と労力が必要。もしくは楽をしようとすればそれなりの高性能の機器やソフトを揃える必要がありコストがかかる。
 うちの複合機だと1ページスキャンするのに1分近くかかる。Mac Fan 1冊で広告を抜いても約200ページ。作業に専念して4時間で終わればいい方って感じかな。以前1回やったことあるけど、(専念じゃないけど)ちょこちょこと3日くらいかけて、しかもすげー疲れたよ。毎月そんな事するなら、3年分で5000円なら安いと思うのだわ。
 縮刷版を熱望してて、時々、アンケートを送信する時の自由意見欄に要望を書いていた。やっとかなって嬉しい限りだ。

 事前予約キャンペーンサイト

俺は、残して欲しいかな。

 【Web】自分のブログ 死んだらどうなる? 訪問絶えぬ“墓碑”も(2009.08.13 msn)

 自分がこの世を去ったら、日々更新しているブログやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の日記はどうなるのか−。サービス業者によると、たいていは誰かが削除の依頼をしなければ、残り続けることになるという。書き込みが死後も消えないのは複雑な気持ちだが、残ることで訪問者が絶えない“墓碑”のような存在のブログもある。「お盆だから、亡くなったあの人の書き込みを見てみよう」。そんな時代が来るかもしれない。(森浩) 

 このブログは、このFC2のサービスが続く限り、俺が死んだ後も残しておいて欲しいな。ネット上の活動を集約する「統合整備計画」の中枢。生きた証のひとつとして。
 でも、まずは、死にたくない。もっと生きていたいんだけどね(笑)。

エネループもパナソニックから発売になるのだろうか?

 パナソニック、三洋電機を買収か? (2008.11.01 CNET Japan)

 11月1日、パナソニックが三洋電機を買収する方針にあると、複数のメディアが報じた。

 パナソニックと三洋電機は、4月にも資本提携に関する報道がされたが、両社は報道を否定している。

 三洋電機はここ数年、業績回復のため再建に向け取り組んできた。2007年10月には携帯電話事業を京セラに譲渡。一方で太陽電池、リチウムイオン電池といった得意の電池事業に力を入れ、2009年3月期第1四半期の決算では、前年同期比で6.5%増の4797億円の増収へと結びつけている。

 うはー。別にパナソニックは嫌いではないが、エネループとザクティを愛用する者としては、この買収話が事実なら寂しい限りだわ。仮にパナソニック傘下になったとしても、サンヨーブランドはずっと残してほしいなぁ。ビクターみたいに。

ギラ・ドーガまで!!

 この記事タイトル、何度も使っているような気がするが(笑)。
 えっと、ついに11月にHGUCギラ・ドーガが発売されるらしい。カメっちさんの記事「ガンプラ秘密工場(仮):ギラ・ドーガHGUC化うれしいっす♪」に、ラピット試作の写真が掲載されているけど、それを見る限りでは、HGUCザク改みたいな痩身には見えないね。でも、先月発売されたHGUCケンプファーはラピット試作では良好だったのに商品キットではちょっと細身になってしまっていた。それでも、個人的には及第点だけど。
 閑話休題。ギラ・ドーガは大好きなMSなんだよねぇ。逆シャアのMSはどれも好きだけど、やっぱりジオン系量産機ってことで、ザクの流れをくむギラ・ドーガはいいね。
 名作キットHGUCサザビーの後だけに、落花生だかナスだかみたいな面白い形状の手足も、ちゃんと再現してくれるだろうと、期待している。

猫砂

猫砂
 愛用の猫砂。スーパーのプライベートブランドの物なんだけど、そのブランドが廃止になるのに伴い、この猫砂も製造終了し店頭在庫限りだというので、売り場の棚にあった3袋を買い占め。見つけたらまた買い占める。
 しかし、いくら紙製だと言っても、7リットル入り3袋もあると、重たいね。

リサイクル!?

 Dockにあるゴミ箱。ここに入れたファイルは、「ゴミ箱を空にする」同等機能を実行しない限り、残る。
 が、しかし!

ゴミ箱から消えない
 さっき、Preferencesフォルダ内に変な文字化けしてる容量ゼロKBのファイルを発見し、ごみ箱に入れたところ、こいつが、全然消えてくれないのよ。
 いや「ゴミ箱を空にする」と消える。けど、再度ゴミ箱を開いたり、別のファイルを入れたりした後に確認してみると、また現れるのよ。さらにややこしいことに、このふたつのファイルは、ゴミ箱からデスクトップにドラッグすると消え、デスクトップにもいなくなる。しかし、またゴミ箱を確認するといる。
 ファイル変更日が、システム基準の1904年1月1日だし。

 ムキー!
 改善されなかったら、週末にアップルケアに電話してみる。

 もう寝る!

野望(笑)

 敬愛する我が心の兄弟、ろぷ氏がなんでも鑑定書を紹介なさっていました(←出だしのフレーズ考えるの面倒くさいので手抜きパクリ)。

 本来はブログパーツのようだけど、うちのサイドバーは既にごちゃごちゃなので、この記事本文に貼り付けておく。ブログに貼り付けないと鑑定されないらしい。

ブログパーツ

 上記のバナーをクリックすると、鑑定結果ページが表示されると思う。
 只今、執筆中は、結果を確認できないので、ここで一旦投稿してみる。

 追記。
 基本属性欄の末尾に。

「みんなの伝言板」の異名を持つブログ「ねこぱんち統合整備計画」を今現在も書き続けるびといんさんは、「野望と無謀だけは誰にも負けない」と言っても過言では無い。

 うーむ。「みんなの伝言板」にされるのは不本意なので却下だが、「野望と無謀だけは誰にも負けない」ってのはどこかで使いたいフレーズだわ。
 現在夢中になってるPSP「ギレンの野望 アクシズの脅威」では、誰にも負けないどころか、すぐに連邦に侵攻されてへぼへぼで、ギレン閣下に申し訳ない限りだけれどもな(笑)。

機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威
B000WD6YU0

10回の規準は何だ?

 デジタル放送「コピー10回」、来年6月導入目標 (2007.11.20 asahi.com)

 NHKと民放各社は、デジタル放送番組のコピーを1回限りしか認めない現行の制限を緩和し、10回まで認める新たな制限を導入する時期について、来年6月を目標とする方針を決めた。20日、総務省の情報通信審議会の委員会で放送業界の代表者が明らかにした。

 来夏の北京五輪に間に合わせる狙い。今年末までに利用する信号などの技術規格を詰め、録画機メーカーにも対応を促す。

 現行の制限では、録画ミスをした際にデータが消失するなどのトラブルが多発。同委員会が7月、10回まで緩和する案をまとめていた。

 実は、うちのスゴ録(今年1月に購入)で録画したテレビ番組のうち7月〜10月にダビングしたDVD-Rで再生エラーなのが数十枚発生してるのよ。その前に購入し約4年間愛用しているアナログ専用のスゴ録が絶好調なので信頼してたのに。
 メディアが不良ロットだったのかもしれないし、そこまでひどくないにしても、メディアとデッキとの相性かもとは考えられる(とは言っても、メディアは太陽誘電製なので、これがダメなら何を信頼せよってな感じではあるのだが……)。だけれども、いずれにしても、自分だけが観るだけのテレビ放送番組録画のために、コピー規制のおかげでこれしか使えないっていう割高のCPRM対応DVD-Rをきちんと真面目に購入して、それにダビング(ムーブ)しているにもかかわらず、二度と観られなくなってしまったかもしれないのだわ。この辺の保証はしないよってのは言い分としては解る。でも、それなら、真面目なユーザの個人使用コピーは許してくれよ。もしくは、安いメディアでも使えるようなコピー規制にしてくれ。
 CPRMなんか、大嫌いだ! たかが10回程度のコピーで、何が緩和だよ。

にぎやかだね

 アップル、ミニタブレットデバイスを開発とのうわさ–AppleInsider報道 (2007.09.27 CNET Japan)

 iPod FAN (仮):日本のiPhoneは4月にソフトバンクから!?

 最近はアップル関連の話題が元気で嬉しい。
 あくまでも噂の域だけれども、どちらも、個人的には可能性が高そうだなと期待している。

 特にミニタブレットデバイスは、iPhoneやiPod touchみたいにOSX搭載のクローズシステムになるんだろうけど、どうしても、Newton MessagePad の再来かと期待してしまうよね。

 まだまだ、どうにもまったく先が解らないガジェットへの期待をしてではあるけど、とりあえず、いましばらくソフトバンクのスマートフォンへの購買欲は抑えておこうと思う(笑)。

 iPhoneが日本で発売されるとなるとソフトバンクからが有力かなと思っている。が、タブレット型のデバイスが出るとなると、もうスマートフォンはどうでもいいや。
 最近はPDA関連はお寂しい限りだけど、俺はPDAにインターネット接続機能は求めてないのよ。もちろんできればいいなとは思うが、その程度。PDAは、住所録とスケジューラが使いやすくて、汎用テキストが扱えるメモと、簡単なお絵書きツールが動けば、とりあえずはいい。
 就職して以来20数年間の蓄積で、その都度整理更新が必要な名刺やら個人的な年賀状のやり取りやらを一括管理出来る事、最低でも前後2年間の予定が随時参照できる事。これを紙の手帖でやるのは容易ではない。スケジュールはなんとかなるが、名刺/住所録管理はどうしようもなく、PDAの本領発揮する分野だ。
 これらが、Macと親密にデータシンクロできるようになれば、申し分ないわけで、おのずと期待はふくらむ。