死神博士と地獄大使が復活

 死神博士と地獄大使が36年ぶり復活! – 大杉漣「よもや自分がやるとは…」(2009.05.21 マイコミジャーナル)

8月8日に公開される『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』で、伝説の悪役「死神博士」と「地獄大使」が復活する。この2人がスクリーン登場するのは1978年8月18日と25日に放送された『仮面ライダーV3』以来、36年ぶりとなる。

 死神博士といえば、ショッカー日本支部の二代目幹部だが、もしかしたら初代幹部のゾル大佐よりも知名度が高い、強烈な印象が未だに忘れられない名キャラ。
 ちょっと前の「仮面ライダー THE FIRST」でも復活してたが、あの死神博士は過去映像のCG合成に新規に別の人が声をあてていたもの。
 今回は、そういうアプローチではなく、石橋蓮司さんが演じるんだと。石橋さん、現在放送中のディケイドでも写真館主人という「おやっさん」的な役で出演してるけど、それとの関連性もあるのかな、ってのは深読みか?
 天本英世さんのイメージしかない死神博士で、これを演じるのはかなり大変だと思われる。しかし、比較は無意味だし、頑張って、新たな死神博士像を作って欲しいね。
 地獄大使役の大杉蓮さん共々、楽しみ。

 あ、そういえば、この映画のタイトル「オールライダー対大ショッカー」ってのもナイスだね。「VS.」じゃなく「対」ってのが、昭和チックで良い。

「初代ハロ」ってアムロが作ったんじゃないのかよ!?

 定期購読している「週間ガンダムファクトファイル」86号と87号が届いた。

 最近、非宇宙世紀ネタの方が多い号が続いているが、今回は、久々に宇宙世紀ネタの方が多かったので、満足。

 86号では、MS運用理論に「ルビコン作戦」が掲載。サイクロプス隊はやっぱり漢だなぁ。かっちょいいよね。

 87号の宇宙世紀ガイドは、「宇宙世紀の技術/ハロ」だった。
 ハロといえば、言わずと知れた、ガンダムシリーズの多くに登場しているマスコットと言っても過言ではない。
 この雑誌のコンセプト上、SEEDはともかく、ファーストからVまでに登場する「宇宙世紀のハロ」については、系統だてて関連性をもたせねばならないのだろう。それは分かる。
 しかしなぁ、これ、読んでいて違和感を感じずにいられないぞ。

 ハロの誕生は一年戦争の前年、U.C.0078、玩具メーカーSUN社から組み立て式AI搭載自立型ペット・ロボットとして発売された。
(中略)
 アムロのハロは、一般キットをベースに独自に改造を施したモデルで、会話能力や判断能力が向上していた他、脳波測定装置や間乳ぴれーターが追加装備されていた。
(中略)
 一年戦争後、SUN社がアムロのモデルを逆ライセンスしてハロIIが発売された。

 えぇー!?
 ブライトのZガンダム劇中での「それは戦後発売されたレプリカ云々」というもあるので、ハロII以降については納得できるが、大元のハロはアムロの完全オリジナル自作じゃなかったのか?

 まぁ読み物として面白かったし、目くじらをたてるような事でもないのかもしれないが、ちょっと意外だったもので。

トラックバックの規制について

 本日より、当ブログへトラックバックを送っていただく際、トラックバック元記事中に当方該当記事へのリンクが記述されていない場合は、当方へのトラックバック受信手続きが行えない設定にしました。
 宣伝目的のスパムトラックバックを制限するのが目的で、他意はありません。宣伝目的でない正当性がある場合、最低限、当該リンクの記述をしていただきたく思います。そのわずかな手間を惜しむということは、すなわち、多少なりとも宣伝目的意識の現れと解釈させていただきます。

 なお、上記規制は、管理画面上で該当機能にオン/オフを設定するもので、管理者びといんが個別に当該リンクの有無を確認するものではありません。

 また、当該リンクの記述があったとしても、当方でスパムと判断したトラックバック,
著しく関連性のないトラックバックについては、従来どおり、通知なしに削除させていただきますこと、改めてご了解願います。

 ねこぱんち!
FC2インフォメーション | ブログURL(言及リンク)を含まないトラックバック制限機能の開始

Google経由のアクセスが復活か?/モブログ

 とりあえずメモ。
 アクセス解析を眺めていると、Googleからの検索による訪問者数が、6/14からじわじわ増えている。
 噂では先月の17日に始まったとされているGoogle側のシステム見直しから1ヶ月。やっと落ち着いたのかな。
 第2サーバ時代のキャッシュもどうやら消えてくれたっぽいし。
 あと、関連性の薄い無差別リンクを仕掛けるサイトはスパムと見なされ順位が急落する模様。メンテな効果かな。
 同じ単語があるだけの記事に片っ端からTB送るような事は危険かも。俺はやってないけどね。
 でも怖いのは「悪いサイトからリンクされてるのは悪いサイト」と評価されてしまうかもという点。

 今後は、俺の独断によるTB切りを今まで以上に厳しくするかもしれません(笑)。

うちのブログは1位だろうか

 BLOG STATION:【TB企画】自分のブログを検索してみよう! に、ねこぱんち。

 まぁ、うちは単なる雑記サイトなので、どの記事も中途半端。Google検索結果で1位になるのなんてあるのかよ、と思いつつも、わずかな期待を胸に、思いつつまま、過去記事からキーワードを探ってみた。
 そしたら、結構あるんだわ。

 まず、これ。ここ、久し振りに行ってみたら、カウンターがかなりの数になってた。紹介記事も増えてる。ありがたい。
 次は、これ。いや、関連性ない記事のはずなのに、試しに検索してみたらヒットした(笑)。ごめんなさい。
 さらに、こんなのとかこんなのとか、こんなの。検索してくれた方には、有益な記事じゃなくてごめんなさい、という感じ。申し訳ない。
 これは、よき思い出についての記事だな。
 思い出といえば、こんなのも上位に登場している。いや、これも有益な情報が欲しかった方に申し訳ない系かも。

 最後に、企画としてはNGなんだけど、マイブームとしては、やっぱり気になるじゃん。この単語
 いや、万が一自分が登場してればラッキーみたいな気分だったんだけど、1位は、意外(ごめんなさい)な結果に。さすが、この人は衛星を駆使するだけあるね。

カスタマイズ(041130)

 サイドバーに、Drk7.jpさんから無料で提供されているAmazonアソシエイト支援ツール、Amazon Searchを導入。
 記事内容に関連性がありそうな商品を検索して、自動的にリストを表示してくれる、Google AdSenseのAmazon版みたいなもので、JavaScriptでできている。
 毎度おなじみ、「私リスト」の項目として貼り付ける。
 Drk7.jpさんに、導入支援ツールがあるので、それを使って簡単に条件設定ができる。
 ただし、当「ブログ人」用は選べないので、ひと工夫が必要だ。
 最初、仕組みが似ている「ココログ」を選んだが、ダメだった。要注意!

 導入支援ツールで、「お使いのブログ」欄は、[livedoor blog]を選択する。
 表示されたスクリプトを、「私リスト」の項目に貼り付けるわけだが、そのスクリプト途中の、
 ie=euc&oe=euc というヶ所の[euc]を[utf8]に変更。

 これで、配置箇所に正しく表示されると思う。
 記事に連動して商品が変化するっての、面白いよ。