東京大使

 ヤフーオークションでピンズを探していたら、琴線に触れる品を発見。

東京大使ピンズ
 東京大使。
 この間抜けさと、幻の世界都市博のマスコットという非運のキャラ加減が絶妙で(笑)、嫌いではないんだよね、この人。

 都市博の中止決定から十数年。一時はどうなるかと思われた台場地区を中心とする臨海副都心も、それなりに開発が進み、なんとかなった。
 あの荒野(ドラマ「踊る大捜査線」の当初なんか、台場には何もなかったでしょ)のまま放置され続けたら臨海地区開発の初期投資がまるっきり無駄になるところだったからね。

 そういう悲哀をどう思っているのだろうね、東京大使は。

実相寺監督、ご逝去

 訃報 実相寺昭雄さん69歳=映画監督 (2006.11.30 Yahoo!ニュース)

「ウルトラマン」「帝都物語」などで知られる映画監督の実相寺昭雄(じっそうじ・あきお)さんが29日午後11時45分、胃がんのため東京都内の病院で死去した。69歳。葬儀は12月2日午前10時半、文京区湯島4の1の8の麟祥院。自宅は非公表。喪主は妻で女優の原知佐子(はら・ちさこ=本名・実相寺知佐子)さん。

 特撮好き、ウルトラマン好きの俺としては、もうたまらなく悲しいぜ。

 斬新なカメラワーク、不条理な演出。さらにはその特撮番組においての約束事をも破る演出。
「慌ててカレーライスのスプーンを取り出してウルトラマンに変身しようとしたハヤタ」は「ヒーローに間抜けな事をさせるな」と叱られ、「アパートの一室(貧乏臭い和室)に潜むメトロン星人とちゃぶ台を挟んで座り対談するモロボシダン」は「海外への輸出を念頭に置いているので、なるべく日本風な描写はするな」と叱られた、などは有名なエピソードだ。
 だが、叱ったのは番組関係者で、上司にあたるような立場の人達であり、上記のエピソードは、俺たちファンの脳裏には焼き付いて離れない、印象的なシーンだ。もちろん、何度見ても楽しい。

 実相寺監督の作品としては、Vシネでリメイクされた「シルバー假面(かめん)」が遺作となってしまった。

 数日前の27日には、「ウルトラQ」「ウルトラマン」などの作曲を手がけられた宮内國郎さんも亡くなった。

 今ごろ、お二人で、新作の主題歌についての打合せでもしているのだろうか。

 ご冥福をお祈りします。

メモクリップ(2)

 夏休み、北海道に行った時に買った物。
 メモクリップ、実はウマだけじゃなく、一緒にハチも購入したのさ。

 ハチ、だよね?たぶん。
20060930-clip-2.jpg
 口だけじゃなく、顔全体でもなく、体全体が開いてしまう、この間抜けさがたまらなくて、衝動買いしちゃった。百円だし。
 で、1ヶ月以上たつわけだが……。

 使い道なし!(笑)

 追伸。
 前回の記事のコメントで、ウマクリップの正面が見たいとのリクエストがあったので、撮影してみたよ。
20060930-clip-3.jpg
 感想求む。

メモクリップ

 夏休み、北海道に行った時に買った物。

 いや、特に北海道にはちなんでいない、ただのメモクリップなんだけどね。っつーか、札幌のダイソー(百円ショップ)で買った小物なんだけどね。
20060928_clip-2.jpg
 口だけじゃなく顔全体が開いてしまう、この間抜けさがたまらなくて、衝動買いしちゃった。百円だし。
 で、1ヶ月以上たつわけだが……。

 使い道なし!(笑)

仮面ライダーカブト(第22話)

 なんか神代がだんだん間抜けなキャラになってるなぁ。
 それに比較してじいやはカッチョイイし(笑)。

 遂に、5人目のライダー、ガタックが登場。
 適格者は、加賀美。ガタックゼクター玩具のCMでも、加賀美が変身してるので、これで確定だろうね。

 しかし、ワーム2体からの攻撃で大きな傷を負って死にそうだったのに(っつーかその前に既にガタックゼクターに痛めつけられてるだろうに)、ベルト装着したら生き返った? ん?なんか少年の意思(遺志)が注がれたのかな? よくわからん。

 よくわからんといえば、加賀美の親父もよくわからんね。狂気を帯びてる。

 あ、そういえば、ドレイクの風間はどこ行ったの?

タイトル画像変更

 先日既に撮影してあった画像を加工して合成。
 シャアザクの「蹴り」という名シーンを再現してみた。

 足が隠れてしまうのは仕様であり、ランダムメッセージに超長いのが出た時だけ、蹴りシーンも全部表示されるはず。

 今回のタイトル画像さしかえは実験を兼ねている。実はこれ、ヘッダーのボックス(ブログタイトルのエリア)ではなくbodyつまり全体の背景として上中央に配置している。
 ヘッダーのボックスにはタイトルロゴのみ置いて、背景色や画像は適用せず、全体背景が透けるようにしてある。

 しかし、メインエリアの背景を指定できない(そうすると蹴りが隠れてしまうでしょ)ため、サイドバーエリアにも個別に背景色を指定しなきゃならないため、今度はサイドバーの下がヘッダーまで黒背景が伸びない。

 今までのメイン部分は全部黒だったのに慣れているので、ちょっと間抜けだけど、うまい方法がみつからない。
 なかなか難しいな。

2006/02/22追記

 お。なんとかうまくいった感じだな。