光回線、開通

 本日午前中に、NTTのBフレッツ回線引き込み工事。
 嫁さんに立ち会いをお願いしたんだけど、最初はうまく接続できないと携帯メールが届いた。
 もちろん、嫁さんのせいではなく、なんだか工事担当者の不手際だったらしい。夕方に再度作業にきてもらい、無事開通したとのこと。よかったよかった。
 しかし、まだプロバイダ(OCN)から、プラン変更後の新しいIDが届いてないので、どこにもアクセスできない。
 あー、フレッツ公式サイト「フレッツ・スクウェア」にだけは、PPPoEのゲストアカウントでアクセスできる。そこで速度測定してみたら、23時に6MB。すげー。
 いや、Bフレッツは100MB回線のハイパーファミリータイプなので、桁が違うが、これ、11Mまでしか対応していない旧型のAirMacベースステーションによる無線LAN経由だから。今までは、この時間帯だと2MBくらいしか出ていなかったので、まさに3倍の速度になり、赤い彗星並みって訳だ。
 54MB対応のAirMacエクストリムを物色してこよう。中古で。

 ちなみに、ケーブル接続なら75MBまで出た。巨大ファイルのダウンロードには、これだな。

2004/03/18

 ADSLのプランを、40Mに変更(OCNのアッカプランのまま)。
 今日、NTT局内工事が終わり、無事開通。
 リンク速度は前の12Mの時とあまりかわらないが、エラー訂正が激減。
 その効果か、体感速度は倍くらいに感じる。
 12M→40M変更に伴う、料金差額は10円/月。速度アップは期待していなかったので、ちょっと嬉しい(でも、満足ではない(笑))。

 iPodリモコンの交換品が届く。見た目は、従来のものと変わらず。
 また半年くらいで同じ症状が発生しそうな予感。
 はやいところ、構造上の改善を願いたい。

2002/05/25

ADSL開通から10日経過。
遅い原因はAirMacベースステーションからのノイズだったようだ(笑)。ADSLモデムの上にAirMacBSを置いていたんだけど、AirMacBSを1m程離し、壁掛にした。見通し距離も改善した。
加えて、モジュラーケーブルを、短いツイストペアシールド(フェライトコア付)の高級なやつ(電話線ごときで0.7mで600円もした)に変更し、ラインノイズフィルタモジュールも取り付けた。
なんと、これであっさりリンク速度2.2MBitを記録。スループットでも上り1.5M前後で安定している。NTT収容局から3Km近く離れている事を考えると、納得の速度かな。
あとは、TCP/IPパラメータとかのソフト的な微妙なチューンを施すとする。

伊藤俊人氏がくも膜下出血のため40歳の若さで逝去された。ファンというほどでもなかったけど、軽妙なバイプレーヤーとして、なんとなく気になる役者さんだった。
慎んでご冥福をお祈りいたします。

2002/05/21

ADSLを導入した。先週16日に開通。
OCNのACCA8MBプランにしたんだけど、なんか、期待ほど速くない。いくつかの速度測定Webサイトで測ってみたけど、だいたい1M前後だった。
NTTの伝送線路損失計算では44dbだったので、8Mまでは期待してないけど、2Mくらいは出るものと思って8Mプランにしたのに。
忙しかったので、とりあえずつなげたという感じではあるんだけど、なんだか納得いかない。とりあえずは屋内のケーブルのノイズ対策を講じて、以後、すこしずつ勉強していくか。