自転車のバルブを交換した

 自転車の前輪がすぐに空気が抜けるような気がしてたんだけど、どうやらそうじゃなくて、そもそも空気が入りにくくなってしまっていたようだ。バルブが目詰まりしている感じ。
 買い置きしてあったバルブを交換したら、普通に軽々と空気を入れる事が出来た。

 虫ゴム不要で長持ちのやつ(今買い置きしてあるのは、ダイソーのスーパーバルブ)を使っているんだけど、これだと虫ゴムのメンテがいらないから、ついつい長期間放置しちゃうんだよね。
 虫ゴムが必要は従来のバルブを使っていた時は、春と秋に虫ゴム交換のメンテをしていた。冬場は凍結劣化、夏場は溶解劣化が起こるからね。見た目は大丈夫そうでも一応定期的に交換していた。
 スーパーバルブでも年に一度くらいは定期交換しちゃってもいいかも知れないな。高い部品じゃないし、安心と安全を考えれば惜しむべきではないもんね。

ポットが壊れた

 寒さを増す季節。これからもっと使用頻度があがるというこの期に、ポットが壊れた。
 Tigerの頃に買ったタイガーのとく子さんなので、3年弱くらいかな。もう少し長持ちしてほしいぞ。
 沸騰・保温が効かなくなり、昔みたいなただの真空魔法瓶となってしまった。電動給湯は生きているけど、それだけのために電源繋いでおくのは不経済だよね。
 それにしても不便なので、新しいのを買ってくるか。

高性能ヤスリ

 欲しかったのだが、店に行くといつも売り切れだった、プラモデル用のヤスリ「タミヤ クラフトヤスリPRO」が、やっと買えた。

[クリックで拡大表示]
060215yasuri-2.jpg[クリックで拡大表示]
 一見すると荒目だが、説明書きを読むと「特殊波目、細目」と明記されている。
 それに削りカスの目詰まりがしにくいスリットをもうけてあると。

 早速、製作中のドムにて効果を試す。
 す、すげぇ! 仕上がりは600〜800番のペーパー並の滑らかさ。これなら、続くペーパーがけが凄く楽だよ。
 確かに目詰まりが少なく、手入れが簡単。

 1本千円以上するので、俺が今まで使ってた3本セットや5本セットと同じくらいの値段で、高価だが、力を言えらく手も滑らかに削れるから刃の痛みが比較的少ないし、簡単な手入れでカスを除去できるので、長持ちして、結果的にはべらぼうな高さではないかも。
 なによりも、この仕上がりの美しさ!
 もう他のヤスリは使えなくなるなぁ。

 somedayさんオススメの品だけある。さすが人生経験豊富な部長。

工具

 ガンプラ製作にかかせない工具類。
 特別なこだわりがあるわけじゃないし、高価な道具を使っているわけでもない。むしろ安物ばかり(笑)。
 ほとんどの工具は消耗品だ。
 一番消耗するのはデザインナイフの刃。これは工具というよりも材料とでもいうべきレベルで消費している。俺はゲート処理をヤスリよりもナイフで処理する方が多い。HGCUなら1キット組むのに1枚、MGだと1キットで3枚くらいの刃を消費する。
 それとニッパー。高級品を使ったこともあるが、切れ味がいいのは最初だけ。今は1本300円くらいのを使っている。どうせ細かい処理はナイフで行うのだ。ニッパーは安いので十分。躊躇なく太いランナーもブツブツ切れる。だいたい1年〜1年半で買い替えてるかな。
 結構長持ちしているのが、パーツ押えに使っている洗濯ばさみ。
 まぁ、そうそう壊れるものじゃないしね。
 先日、何気なくこれをみた嫁さんに指摘されたので確認したら、「○○小 五の1 びといん(もちろん本当は本名)」とマジックで書かれている。
 たぶん、プラモデル作りに目覚めた頃、おふくろに貰ったもんなんだろうな。どうせ遊びに使うなら修学旅行の時に名前を書いたコレを使え、とか言われて。
 ガンプラの接着や塗装の時に、今でも30年前の洗濯ばさみがパーツをしっかりと保持する。
 何気なく凄いかも知れない。