忘備。大江戸神仙伝

 CS/CATVの時代劇専門チャンネルで、来月また「大江戸神仙伝」が放送される。
 11月17日15時と、11月29日26時。

 1985年のテレビ特番ドラマだけど、その後滅多に再放送されないままで、今年5月に放送された時は気付かずに見逃してしまったんだよな。待望のリピート。

「JIN-仁-」ドラマ化に便乗しての放送かな?(笑)そんな事はどうでもいいや。
 長年気になってしかたなかった作品が、やっと見られそうだ。20数年ぶりなので、細かい内容は覚えていないので(もちろん原作は何度も読んでいるが)、また新鮮な気持ちで鑑賞できる。楽しみ。

相棒season7(第1話)を観た

 相棒season7、始まったねぇ。初回2時間スペシャル。しかし、それだけでは完結せず、次回に続く。
 今シーズンは、番組開始前に「今回で薫ちゃんが匿名係卒業」が発表されるという異例の中で始まったわけだけれども、それへの伏線は、第1話から早々、右京さんと薫ちゃんのやりとりがギクシャクしちゃってたなぁ。どちらかというと、右京さんが薫ちゃんを突き放しているような感じ。
 今まで以上に目が離せないね!

 あ。アマゾンに予約注文していた、劇場版−DVD豪華版BOX−も昨日届いたし。週末に鑑賞しよっと。

「サマーマイムマシン・ブルース」を観た。

 WOWOWで放送してたので、観た。

サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)
サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格) 上田誠 本広克行 瑛太

おすすめ平均
starsな、何これ‥面白すぎ!
stars邦画で久々の当たり
stars完成度の高い脚本!無理してでも「コレクターズ・エディション」を!
starsあの人は誰?
stars過去、現在、未来、全ては必然?

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 タイムマシン物は大好きなので期待して観たが、期待以上に楽しめた。
 元は舞台演劇の脚本らしい。だからか、基本的には主人公目線の時系列に進む物語なんだけど、端々にちりばめられた伏線も、鑑賞していく中で苦痛なく「なるほど、これが原因だったのか!」と笑わせてくれる。
 そう、笑えるんだよね。

 そんなことより、まず冒頭で映る建物。三角屋根で時計がある、あれ。あれは間違いなく「バック・トゥ・ザ・フューチャー」へのオマージュだよな。そこでニヤリとさせられる。
 物語も、その建物の中で繰り広げられる。

 全編通して観ると単純なループになっていて、一緒に観ていた息子(11歳)でも十分に理解できたようだ。
 娯楽映画ってのは、こうじゃなきゃ。

 上野樹里さん、好みのタイプ。