久しぶりに大きな痛風発作が

 12日の土曜日、飲み会の帰り道で、なんだか右足の親指に少し疼痛を感じた。その日は、そんなには飲んでいない。ずっとハイボールにしていたしなぁ。まぁ、日ごろから焼酎で晩酌はしているのだけれでも。
 とにかく、翌日(成人の日)はまったく痛みもなく、すっかり忘れていた。ところが!来たぜ、23日(水曜日)の明け方に激痛が。
 まだ普通に歩けるし、その日は職場で重要な話があったので、頑張って出勤したものの、昼過ぎから右足親指の付け根がズキズキ。
 鎮痛剤レトラック(ロキソニンのジェネリック処方薬)を飲んでなんとかしのぐ。
 帰宅した時には、右足はパンパンに腫れていた(><)  湿布と鎮痛剤でしのぐが、歩くこともままならず、結局、痛みが和らぎなんとか歩けるようになったのは昨日。今日には腫れもひいてきた。  やれやれ。約4年ぶりの大きな痛風発作だった。

さっき急に肩の痛みが無くなった

 腰痛と肩痛、さらに一昨日から鎖骨端(頚部)リンパ節が腫れて、苦しんだ一週間。
 腰よりも肩が辛い。激痛で夜中に何度も目が覚めてしまうほどだった。

 それが、つい1時間ほど前、肩の痛みがスーッと消えたのよ。
 四十肩になってかれこれ1ヶ月近くになるので、慢性期に入る時期ではあるらしいのだが、こんなに急激に楽になるのか?
 もちろん油断せず経過を見ていかなければならないだろう。

 前述のように時期的な事なのかもしれないけど、実は昨日と今日で、色々と処置をしてみたのよ。

・遠赤外線で保温する肩サポーターを購入、装着。
・肩全体は温めるが、腫れているリンパ節部のみ冷やす(冷えピタを小さく切って貼る)。
・市販の風邪薬を用法用量どおり飲む(素人判断でステロイド系鎮痛剤がやばいので、その代わりに関節痛を楽にするつもりで)。
・パソコン使用を我慢する。
・湿布を貼る(これは毎日)。
・ツボ「大転子」を刺激する。
・22時に就寝(これは毎日)。
・激痛を感じない程度に腕を回す(これは毎日何回も)。
・酒を飲まない(1週間飲んでいない)。

 いっぺんに色々実行したので、どれが効いたのか(またはどれも効かなかったのか)わからんけど、ともかく、痛みが引いたのは、嬉しい。

四十肩(3)

 ほぼ回復。というか、発症期が終わり、この後徐々に回復していくらしい。

 先週書いた、肩が痛みはじめた頃の発熱は、どうやら服用した鎮痛剤の副作用だったらしい。具合悪くて頭が働かなかったが、考えてみればそうだよな。解熱鎮痛剤を飲んだのに、痛みは引いたが急に発熱するなんておかしいよな。
 ロキソニンは痛風発作時のために持ち歩いている物で、今回は25日23時頃に1錠、26日昼に1錠服用。6時間以上空けている。
 ただ、暑い中を外回りだったためと、発症期で肩の炎症がひどい時にかなり無理な方向に動かしてしまったのがいけなかったのか。
 強力な鎮痛剤(=劇薬)だということは承知しているので気をつけていたし、喘息持ちでもないから、いわゆるアスピリンアレルギーがでるはずはないと思ってるし。
 発熱と同時に首から咽も腫れてしまい、まだ少し気道が苦しい。
 改めて、ステロイド系鎮痛剤って諸刃の剣だなぁと思ったよ。

 ともかく、肩は動かさなければ痛くない状態になった。この状態の時に、回して運動していけば良いらしい。

 つらい一週間だった。