見納めのガンダムミュージアム

 昨日、聖地・ガンダムミュージアム(松戸のバンダイミュージアム内)に行ってきた。

 毎年今ごろの時期に来ていたので、都合3回目の来訪だが、バンダイミュージアムは今月いっぱいで松戸での営業を閉鎖し、栃木へ移転(ガンダムミュージアムの展示物の一部は静岡のホビーセンターへ移設)するので、ここでは最後の見物だ。
「3年間のご愛願をありがとうございました」の懸垂幕が涙を誘う。
20060819-2.jpg
 バンダイミュージアムフロア入口付近の内装は、ショッカーのアジト内のような怪しげな装飾。これも最後の記念に撮影。
 あまり客がいなかった。が、ここのメイン展示であるガンダムミュージアム入口には行列が! 中も混んでいたよ。皆最後の見物に来ているのかね。

20060819-3.jpg
 相変わらず大迫力の実寸大ザクヘッド。たくさんの人が写真撮ってた。
20060819-4.jpg
 1/24スケールのザク工場ジオラマ。シャア大佐も視察に来られております。ジーク・ジオン!
20060819-5.jpg
 そしてミュージアム最奥に鎮座するご本尊。おなじみの白い悪魔(実寸大胸像)。アナハイムのメカニック員も今月限りの整備に余念がない(笑)。

 場内は混雑していて、ザクマシンガンも、コアファイターコクピットも、ガンダムリフトも、どれも120分待ちという人気ぶり。
 みんな移転を惜しんでいるご様子。

 このビルは元々はバンプレストの本社が入っていたんだけど、そのバンプレスト本社も墨田区へ移転してバンダイの完全子会社となったしなぁ。その辺りから、ミュージアムの閉鎖・移転も噂されていたわけだが。栃木も静岡も、江東区在住の我が家からは急に「明日あたり行くか」という距離じゃないしな。
 前身の「コントンタウン」時代から何度となく通ったバンダイミュージアムの移転は、本当に寂しい。
 老舗模型店「わらそう」も閉店してひさしい。
 松戸、寂しすぎるぜ……。

 子育てギャンブル日記:子供になった昨日の夜 に、ねこぱんち。

 この記事を読んで、まず「すしバーさんがうらやましい」と思った。

 家庭環境は、それぞれだろうから、よその事はまったく解らないし、解ろうとするつもりもないけど、ともかく、すしバーさんは、今まで両親に見守られ続けていた事を、初めて実感できたのだと、俺は読み取った。

 親父がガンで死んでから、もう1年が過ぎた。だけど、俺は、未だに、親父を許せない。
 いや、許せないまま死んでしまったので、たぶん、俺が死ぬまで、永久にこの感情をひきずったままなんだろう。

 今思えば、生きているうちに小まめに実家に足を運び、話をすれば良かったとは思う。昔から家庭を省みない馬鹿な親父だが、放任するのではなく、ちゃんとやれよと、もっと言ってやってもよかったのかと。それで親父が言うことを聞くか聞かないかは、またひとつ次元の違うことだし。

 あれだけ辛い思いをしてきたお袋が、「最後に「お前には苦労かけて、悪かったな」と言った。それで、すべて許す」と言った時には、正直いって、唖然とした。
 なんで、その言葉を、もう少し早く言ってやらなかったのかと。何も出来なくなってから言うなよと。

 だから、俺は、親父を絶対に許せない。
 でも、親父を許す事が一生できない俺自身にも、腹がたち、情けなく思う。

 墓は、建ててやる。親父が、その初代だ。今度こそ、遅過ぎるけど今度こそ、しっかり鎮座して、皆を見守ってくれよ。