安物を承知で購入

 秋葉原へ買物に行った。そのついでに、DVDプレイヤーを購入。
AVOXプレイヤー
 我が家ではVRフォーマットのCPRM(いわゆる地デジやBSデジタルのコピーワインス)DVDが再生できるのが、1年前に買ったスゴ録RDZ-D800しかないため、これで録画したDVDがこれでしか観れないという不満と、諸々の野望(笑)もあってね。
 まぁ、安いのでもいいや、と、なんか知らないブランドAVOXのACP-500Rってのが安かったので、衝動買い。アボック?なんか、ポケモンのヘビみたいな名前だが(笑)。
 D2出力付きのCPRM対応ながら、本体とD端子ケーブルを買っても諭吉1人でオツリが来るという安さ。
 画質は普通だが、このプレイヤーが、意外な効果を発揮。
 昨年、スゴ録で録画→ダビングしたDVDのうち、エラーでその録画機では再生できなくなったやつが、このAVOXでは難なく再生できたのよ!
 これはあくまでも素人考えだけど、ソニー製品よりAVOXのがエラーチェックが甘いのかも知れないね。

10回の規準は何だ?

 デジタル放送「コピー10回」、来年6月導入目標 (2007.11.20 asahi.com)

 NHKと民放各社は、デジタル放送番組のコピーを1回限りしか認めない現行の制限を緩和し、10回まで認める新たな制限を導入する時期について、来年6月を目標とする方針を決めた。20日、総務省の情報通信審議会の委員会で放送業界の代表者が明らかにした。

 来夏の北京五輪に間に合わせる狙い。今年末までに利用する信号などの技術規格を詰め、録画機メーカーにも対応を促す。

 現行の制限では、録画ミスをした際にデータが消失するなどのトラブルが多発。同委員会が7月、10回まで緩和する案をまとめていた。

 実は、うちのスゴ録(今年1月に購入)で録画したテレビ番組のうち7月〜10月にダビングしたDVD-Rで再生エラーなのが数十枚発生してるのよ。その前に購入し約4年間愛用しているアナログ専用のスゴ録が絶好調なので信頼してたのに。
 メディアが不良ロットだったのかもしれないし、そこまでひどくないにしても、メディアとデッキとの相性かもとは考えられる(とは言っても、メディアは太陽誘電製なので、これがダメなら何を信頼せよってな感じではあるのだが……)。だけれども、いずれにしても、自分だけが観るだけのテレビ放送番組録画のために、コピー規制のおかげでこれしか使えないっていう割高のCPRM対応DVD-Rをきちんと真面目に購入して、それにダビング(ムーブ)しているにもかかわらず、二度と観られなくなってしまったかもしれないのだわ。この辺の保証はしないよってのは言い分としては解る。でも、それなら、真面目なユーザの個人使用コピーは許してくれよ。もしくは、安いメディアでも使えるようなコピー規制にしてくれ。
 CPRMなんか、大嫌いだ! たかが10回程度のコピーで、何が緩和だよ。