爪切り


 ネコは、普段は爪を指の皮膚の中にしまった状態で歩き回る。だから「猫の忍び足」とか「猫に鈴を付ける」とか言われるように、足音を立てずに歩ける。
 しかし、放っておくと爪がのびてしまい、じゃれて遊んでいても痛い。ネコの爪は武器だからね。
 そんな訳で時々爪を切ってやる。家族は皆恐がってやらないので、これはにゃぁが来てからずっと俺の役目。
 最近は、機嫌がいい時に仰向けに抱いてやると、おとなしいまま切らせてくれるので楽だ。
 前足を軽くつまんで、肉球をぷにっと押すと爪が出てくる。肉球をさわるのって好き(笑)。

 まぁ、にゃあはネコのくせに足音をたてて歩くけどね。床に爪が当たる音じゃなく、でぶねこなので、トントン、とかスタスタ、って感じ。鈴付けなくても大丈夫かもしれない(笑)。