バスタブ電池、1日目。

 Pocket WiFi用大容量バッテリー、通称「バスタブ電池」の使用1日目。
 結論、というか、現時点ではまだ初回残量を消費しきっていない。標準バッテリーが空になる程度の使用はしたはずだが、全然残っているというのが凄い。

 前にも書いたが、設定は、WiFiは常時オン、3Gは無通信5分経過で自動オフになるようにしている。これで、iPhone/iPadからはすぐにWiFiに繋がるし、ネット接続要求の都度——数秒のブランクはあるが——3G接続もオンになるので、iPhoneの「モバイルデータ通信」をオンにしている(普通にiPhone用のパケット通信が出来る環境)とほとんど変わらず、使い勝手は良好だ。
 昨日、購入初回のフル充電を行い、今日一日、フル充電の状態から持ち歩いた。しかし、都合により昼前くらいに電源を入れたので、8時間くらいしか使っていない。その間、ちょこちょことメール確認やらして、帰宅後管理情報を参照すると(3G回線への)接続時間は計2時間15分。
 標準バッテリーだと、こんなにもたない。2時間程度3Gアクセスしてると、待ち受け含めて6時間程度持てばいいほう。
 しかし!この状態でまだバッテリー残量表示は3/4だよ。
 まだ初回放電処理なので、不安定だろうけど、これは期待できるね。俺の使い方だと平日は3日くらい持つんじゃね?

 初回放電ということで、途中充電はしたくないので、帰宅時、前述の8時間使用の時点でPocket WiFiの電源は切った。明日、引き続き持ち歩いて使う。
 今日明日は内勤なので、あまりいじれないのでバッテリーの持ちが良いのかもしれない。週末に遊びに携行した場合のレポートは、国家試験受験の都合でもう少し先になりそうだけど、充電オタクとしては、しっかりと確認したいと思う。


文字化けフォルダ

 Leopardをインストールした頃に気付いたのだが、$/ライブラリ/Preferences フォルダの中に、文字化けしたフォルダが勝手にたくさんつくられるようになっている。その中身は空。

文字化けした空のフォルダ
 発見の都度、恐る恐る削除しているが、特に動作の不具合はない。ちょっと試用したオンラインソフトなんかが怪しいといえば怪しいけど、それらを使わなくなっても、ほぼ毎日、文字化け空フォルダは作られる。
 あまりにも増殖するので、不安が募り酒を飲みすぎ胃が痛くなってきたので、ググってみた。
 そしたら、同様の症状をお持ちの方が結構いらっしゃる。

 その中のトップヒット、ISO blog:フォルダー名の文字化け というページで、こう書かれていた。

以前から画像の加工用にPhotoshop Elementsというソフトを使っているのだが、そのソフトを使った後に作成されるようで、多分一時的なファイルの格納用なのではないかと思う。しかし画像加工といっても簡単なことしか使っていないので旧バージョンのまま放置プレイ状態で、確かPhotoshop Elementsは現在バージョンがMac版の場合4.0だと思うが私が使っているのは2.0ということも原因なのかもしれないな。

 おぉ、まさに俺と同じ。俺も Photoshop Elements3を愛用しているのよ。簡単な加工しかしないので、現時点でのMac版の最新である4は買っていない。
 閑話休題。文字化けフォルダ、中身が空なら削除しても良さそうだ。安心した。
 Intelプロセッサ搭載のMacBookでPhotoshop Elements旧版を使っているのが原因っぽいね。


にぎやかだね

 アップル、ミニタブレットデバイスを開発とのうわさ–AppleInsider報道 (2007.09.27 CNET Japan)

 iPod FAN (仮):日本のiPhoneは4月にソフトバンクから!?

 最近はアップル関連の話題が元気で嬉しい。
 あくまでも噂の域だけれども、どちらも、個人的には可能性が高そうだなと期待している。

 特にミニタブレットデバイスは、iPhoneやiPod touchみたいにOSX搭載のクローズシステムになるんだろうけど、どうしても、Newton MessagePad の再来かと期待してしまうよね。

 まだまだ、どうにもまったく先が解らないガジェットへの期待をしてではあるけど、とりあえず、いましばらくソフトバンクのスマートフォンへの購買欲は抑えておこうと思う(笑)。

 iPhoneが日本で発売されるとなるとソフトバンクからが有力かなと思っている。が、タブレット型のデバイスが出るとなると、もうスマートフォンはどうでもいいや。
 最近はPDA関連はお寂しい限りだけど、俺はPDAにインターネット接続機能は求めてないのよ。もちろんできればいいなとは思うが、その程度。PDAは、住所録とスケジューラが使いやすくて、汎用テキストが扱えるメモと、簡単なお絵書きツールが動けば、とりあえずはいい。
 就職して以来20数年間の蓄積で、その都度整理更新が必要な名刺やら個人的な年賀状のやり取りやらを一括管理出来る事、最低でも前後2年間の予定が随時参照できる事。これを紙の手帖でやるのは容易ではない。スケジュールはなんとかなるが、名刺/住所録管理はどうしようもなく、PDAの本領発揮する分野だ。
 これらが、Macと親密にデータシンクロできるようになれば、申し分ないわけで、おのずと期待はふくらむ。


テンプレートを作るのは意外とアナログ作業

 えっと、以下は、テンプレート作成の方法とか入門講座とかではない、ただの雑記であることを念のため申し添えておく。しかも、支離滅裂なひとりごと(笑)。

 俺は、創作を始める時は、ほとんどの場合、まずブレーンストーミングを行う。小説や詩を書こうと思ったら、テキストエディタに思いつく言葉や単語などを列記して、並べ替えたり、繋げたり。紙にメモしたり。
 というか、正確には、日常の何気ないメモ(俺はかなりのメモ魔だ)から小説の断片になったり、さらに文章になったりするのだが。

060111.jpg ブログのテンプレートを作るのもそう。街中でケータイに撮った立体物や記号や看板という広義でのメモを元にしたり、作成テーマに則って、思いつく事を書き出す。
 そして、ある程度方向性が決まったら、方眼紙に大ざっぱにレイアウトし、さらに細部のパーツを作っていく。
 共同作業者がいる場合には、とりあえずドローソフトでレイアウトを作って提示してみたり。

 基本的には試行錯誤の果ての「現地微調整」なんだけど、とにかく、組立てはじめたらその都度、数値化されていないと不安になる。物なら寸法。文章なら分量や段落のバランス。
 Mac上の作業で修正した数値も、方眼紙に転記したりすることもある。
 もしかしたら、俺がいきなりドローソフトを駆使したり、ドット絵を描いていたりというのを想像していた人がいるかもしれないけど、結局、紙とペンで作業している時間が意外と長い。
 やっぱりアナログが落ち着く、っつーか、線を引くのが好き。

 そんな事を考えた四十の夜。


MG Zガンダムver.2.0製作(1)

 恒例行事の年越しガンプラ。
 今年は、当然のようにZガンダムver.2.0をチョイス。
[写真クリックで拡大]
 相変わらず、無塗装素組派。
 昨日から始めて、2日間(実作業約5時間)で、両足と腰まで。
 普通は、一端組み上げてから全身の表面処理をしているが、今回は、パーツをランナーから切り出す度に、その都度表面処理(ペーパーがけと荒目コンパウンド磨き)、部分塗装を施しているため、組み上がるまでの時間はかかる。

 今のところ、ヒケも少なくて、表面処理も楽。パーツ分割も考えられていて、合せ目は皆無というのがウリで、組立て説明書を眺めたところ、確かにそのとおりらしい。
 合せ目じゃないけど、膝の下というか、外装のスネ前面というか、そこにある縦のパーティングラインが目立つので、せっかくだから消してやろう。無塗装なので、丁寧にヤスってペーパーがけして、微細コンパウンドまで施す。

 可動やポーズ保持も素晴らしい。それは、完成後の最終報告にて。

Tag(s) [ガンダム]


あえて宣言する必要はないのだが……トラックバックについて

 うちのブログは、リンクもトラックバックもコメントも、勝手にやっていただいて結構である。
 そもそも、こうやって公開している時点で規制は曖昧になるので、どちらかといえば、するなと言う方が間違っているとすら思う。
 しかし、迷惑な物はいかんよ。
 何をもって迷惑かなんては、これまた曖昧なので、明文化はしていない。できない。
 企業サイトだったら明文化も必要かもしれないけど、ここはネコとガンダムが好きなただのおっさんの不定期日記だしな。
 だから、あえて言えば「俺が迷惑を被ったと思ったら、それは迷惑なのだ」って感じ。

 結局、今回何が言いたいのかというと、「自分が書いた記事と同じキーワードが含まれているからってだけで、トラックバックを送ってくるな。検索で見つけて片っ端からトラックバックつけまくっているのが見え見えだ。そのなかのひとつに過ぎないんだろ」ってこと。
 だいぶ前から、そういう愛情のかけらもないトラックバックは黙って削除している。
 そういうのでトラックバック返しを貰うのがステータスのひとつだと思っている方々を否定はしないが、俺自身は、すごく不快なので。すくなくとも、俺にトラックバック返しを期待しても無駄だよ。
 そうじゃない、ただトラックバックを送っているだけだというのであれば、自分のところへのリンク誘導目的だと宣言しているようなもので、紛れもないスパムだし。

 たまに、削除しても削除しても、当方の同じ記事に先方の同じ記事からトラックバックが送られてくることがある。念のために言っておくが、トラックバックの送信に失敗しているんじゃなく、その都度俺が削除しているんだよ。


コンタクトレンズとメガネを新調した話

 コンタクトレンズとメガネを新調するため、メガネ屋に行った。
 今春の薬事法改正で、コンタクトレンズに感する規制が厳しくなったため、その都度眼科検診を受けてから処方してもらわなければならないらしく、その予約をしておいたのが、今日。
(ぶっちゃけて言うと、従来も建前上は同じで、法改正により厳しくなった訳ではないが、初来店の時の検診だけでオッケーで、以後度数が変わっても、簡単な検査だけで新しいコンタクトレンズを作ってくれる店がほとんどだった)

 閑話休題。

 なんか、俺の瞳周辺のカーブって、少数派の形状なんだって。
 で、どうしても比較的密着してしまう(させなければ性能がでない)ため、現在では、一般的に容易に入手できるこの形状の機種はハードレンズの2種だと。
 反主流。俺にとっては魅力的な言葉だが。同じ機種のレンズを使い続けて10年、今まで言われた事ないぞ。

 すこし不安だ。
「このレンズは、そのうち製造されなくなるって可能性は?」
「この機種がなくなるということはないでしょう。いいレンズですし、ハードでは使用している方が多いですよ。選択肢が少ないという人も、少なくないですし。そもそも、ハードレンズは、どんな形状のでも、受注加工されるんですから、大丈夫ですよ」
 偏見かもしれないが、メガネ屋に来る眼科医なんて、大学病院の医師がアルバイト感覚でやってるのばかりだと思ってた。今日の医師は、いい感じだった。診察も15分くらいかな、普通に眼科医院にかかった時くらいの丁寧な診察だった。

 すこし不安だ(その2)。
 まぁ、しょうがないんだけどな。
「今回は少し度数を上げても大丈夫だけど、次回はそうはいかないと思います。近視矯正の度をあげれば、当然遠くは見えるようになるけど、手元は見づらくなるんです」
「まぁ、実際、メガネ掛けてて、そろそろ手元がつらいのは実感してますけど……」

 ってことで、ついに老眼も出てきたらしいと感づいていたのを裏付けられた。


「桜中学」が統廃合、新設校の校歌制作に小山内さんと海援隊

「金八先生」脚本家が贈る言葉、ロケ中学の校歌制作へ(Yahoo!ニュース 社会 2004.06.25)

 ドラマ「3年B組金八先生」の舞台「桜中学」役として使われてきた東京都足立区の区立第二中学校が、今年度一杯で廃校となり、来春からは区立第十六中学校と統合され、千寿桜堤中学校が新設されるのに伴い、地域にゆかりのある金八先生関係者へ、校歌制作を依頼し、快諾されたとの事。
 脚本家の小山内美江子さんが作詞、海援隊メンバーの千葉和臣さんが作曲を担当する。

 ファンとしては嬉しいことだけど、ひとつ思う事が。新設校の名称、いっそのこと「桜中学校」にしちゃえばよかったのに。
 版権の問題があるのかもしれないけど、ここは、そういう粋な事やって欲しかったなぁ。
 もし今後ロケに使う時にも、名称をその都度架け替えなくても済むし(笑)。