マクロスF

 さて。半年以上前に、「超時空要塞マクロス」の深夜再放送とともに、製作発表(放送予告)されていた「マクロスF(フロンティア)」が、この4月より放送され、すでに3話までいったわけだが。
 いやぁ、やっぱり面白いね、マクロス。
 よく動く。スパゲッティーミサイルも健在。まぁ20年以上前の手書きセル時代に、今見ても何ら遜色ないあんな素晴らしい映像に作り上げてくれた作品の末裔だからね、CGが当たり前の時代になって、本来やりたかった事ができるようになっただけなのかもしれない。
 河森正治さんのデザインするバルキリーは、相変わらず破綻のない見事な変形を見せてくれる。
 マクロスと言えば「主人公とヒロインが閉じ込められる」シーンと「マグロ」がお約束だが、閉鎖シーンはともかく、あそこで「マグロまん」は無理があるだろ。まぁ、第1作の「宇宙に浮かぶマグロ」も無理があるかもしれないけども(笑)。

 あと、マックスが登場するというサプライズなんかないかなぁと密かに期待している。西暦2059年だと、彼は70歳くらい。マクロス7船団の移民先の星にフロンティア船団が立ち寄ると、マックスじじい達が出迎えるとか。

普通に飲めなくはないけどな

 「実はおいしい」東京の水道水 土産にペットボトルも (2006.05.26 asahi.com)

 ペットボトル入りのミネラルウオーターが全盛の時代。蛇口から水道水を直接飲む人は減っている。そんな中で、かつては「まずい水」の代名詞だった東京の水道水が、実は「水源がきれいな地方の水道水と比べて遜色(そんしょく)ない」と専門家が太鼓判を押すほど改善されている。「本当はおいしいんです」と、都は水道水の復権を目指してPRに力を入れる。

 東京都江東区に住んで16年目。引越してきたばかりの頃よりは改善されているし、ここ数年間はかなり良くなっているとは思う。
 まぁ、ちょっと我慢すれば水道水をそのまま飲めなくもないし。

 しかし、なんというか、やっぱり消毒薬臭いし、雨が続いた時なんかはどうしようもなく臭い。
 売ってるペットボトルの「東京水」は確かに家で飲む水道水より美味い。だが、家の水栓から出る水はまだ不味いんだよね。
 太鼓判を押した専門家は、金町浄水場が供給する全地区の水を確認した訳でもあるまい。
 局地的に不味い地区とでも言うのか? 俺の味覚or先入観が悪いのか?