アッガイ仮組み

 とりあえず、旧キットのアッガイさんを仮組みしてみた。

 上半身は意外といい感じの造形だね。
 脚は外装をほぼ新造しちゃった方が楽かもな。
 パッケージに「各関節が自由に動く」と書かれているが、ペンギンみたいな?ポーズのままでほぼ固定だぜ(笑)。
 キットの大きさ、12センチしかない。これ、HGUC旧ザクと並べても、なんかアッガイとしては細身なんだよね。
 1/144なので、逆算すると1.73メートル。やっぱり小さいよ。アッガイの設定は19.2メートルだから、1/144なら13.3センチなければね。この誤差は、実寸で2メートル弱になる。
 MGアッガイは、確かに同スケールのザクよりひと回り大きく、丸っこい外観になっているよ。

 覚悟はしていたが、これを現代キット風に改修するのは、難しいな……。
 でも、完成させれば、自分のスキルをアップするかね。やるっきゃない(死語)。
 さて、どう改修しようか。

ガンプラ競作企画