副長は最期まで熱かった!

 3日の地上波では古畑任三郎ファイナルと重なるので、今日のBS-Hi放送で見た。
「新選組!! 土方歳三最期の一日」

 近藤勇の処刑で終わった2004年大河ドラマ「新選組!」の続編。「!!」になってるところが芸コマ(笑)。
 蝦夷地に渡った土方歳三を主人公に、まさにタイトルのとおり、函館戦争における殉死前夜を描いたドラマ。

 主に土方と榎本武揚との関係を軸に描かれていて、90分じゃものたりなかったなぁ。いや、エッセンスは詰まっていて、すごく面白かったけど。
 俺、榎本武揚やその参謀・大鳥圭介って、机上論だけで駒をすすめるような印象をもっていて、あまり好きじゃないんだけど、このドラマを見て、まぁ人それぞれの考えがあったんだろうな、という程度には理解できるようになった。
 理想主義の榎本と机上論者の大鳥という通説はくずさずに、ふたりを好人物として描いていたのは、さすが三谷幸喜さんという感じ。
 三谷さんって、本当に歴史が好きなんだろうなというのが伝わってくる。氏が書く時代物って、性悪な人物って出てこないもんね。
「新選組!」における悪役の芹沢鴨だって、派閥の部下には慕われていたし、遊女相手に弱音を吐いたりと、人間くさい面を描いていた。
 閑話休題。
 まだ見ていない人も多いと思うので、ストーリーについては書かないが、やっぱり副長は最期まで熱かった!

「奉行って呼び方はやめてくれ。背中がむずむずする。そうだな……やっぱり副長かな」

 山本耕史さん、まぎれもなく土方副長にしか見えなかったぜ!

今度の主役は鬼の副長!

 NHKドラマホームページ:「新選組!」続編情報

 先日、何気なく見た番宣で知ったのだが、正月にやるんだね。

「新選組!!土方歳三・最期の一日」

 2004年度の大河ドラマとして大人気だった「新選組!」。俺も毎週楽しんだ。その後「続編を」との熱い要望に答えて製作されたもの。
 大河では近藤勇が主役だったので、彼の処刑で終わりだった。それはしかたないだろう。
 今回は、その後の土方が主役。もちろん、主演は山本耕史さん。
 正しくは、もう副長じゃないけどな。函館戦争で殉死する日に焦点をしぼった、90分の特番ドラマ。
 タイトルが「新選組!その後」とか「続・新選組!」とかじゃなく「新選組!!」になっているのが芸コマ(笑)。

 1月3日(火)総合・デジタル総合 午後9時〜10時30分
 1月1日(日)衛星デジタルハイビジョン 午後7時20分〜8時50分 

 楽しみだな。

 そういえば、山南総長切腹の回もよかったね。あれも、その前のシーンも盛り込んで90分くらいに再編集してもういっかいやってくらないかなぁ。

TVnavi特別編集 「新選組!! 土方歳三最期の一日」 メイキング&ビジュアル完全ガイドブック

4594604242
扶桑社 2005-12-16
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

新選組! 最終回

 いや、先週の記事で全て言い切ったつもりでいたし、ほとんどそうなんだけど、やっぱり、少し書く。

 近藤の打ち首シーンでいきなり「完」ってのは予想外だった。
 で、その後に主要幹部隊士の末路をさらっと紹介して、フラッシュバックシーン。
 上京時のシーンで「京では何が俺たちを待っているんだろうか」ってセリフ。一番純粋でやる気に満ちていた場面を持ってきて、番組終了。
 面白かったな。

 最終回は、原田も何気なく活躍してたね。そういえば、以前、嫁さんに「戦に負けたら大陸に行って山賊をやる」というシーンがあったので、そっちの説で描くのかと期待していたんだけど、やらなかったな(笑)。
 原田といえば、龍馬暗殺現場に出向いて「こなくそ」と言わせたあたりは、うまい演出だな、と思った。
 いや、何度も書いてるけど、どんどん芝居が上手くなるなぁ、メロリンキュー。

 捨助も、最後には、ズレてはいたけども彼なりに男気を見せたし。
 ぐっさんの永倉は最高だったし。
(最後まで香取近藤については語らない俺(笑))

 総集編は、録画保存しとこ。

 
ねこぱんち!
東京人の東京観光・諸国漫遊記: 新撰組最終回
ブログってなあに?:新撰組、最終回。
巣窟日誌:2004年の大河ドラマ「新選組!」(追加2004.12.14)


“新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX” ()


“新選組 ! 完全版 第弐集 DVD-BOX” ()

新選組! 来週最終回

 NHK大河ドラマ「新選組!」が来週で最終回。
 大河を1年間かかさず見たのは何年ぶりだろう。
「信長」と「秀吉」以来だね、1年間通して見たのは。

 俺は龍馬を中心に幕末好きなので、放送開始の1年以上前に「H16年度の大河は新選組」と発表されてからずっと期待していた。
 その後配役が決まっていくと、正直いってがっかり度は増していった。俺的に満足できそうなのは、坂本龍馬(江口洋介さん)、勝海舟(野田秀樹さん)、佐久間象山(石坂浩二さん)くらいだなと思ってた。香取なんて論外!(笑)
 三谷幸喜さんが脚本だと聞いて、これも、かつての「竜馬におまかせ」みたいなとんでもないものになるのかと思った。
 しかしね。結果的には、俺としては、単純に楽しめた。
 幕末好きとして、世間の評価に関係なく、毎週面白かった。
 細かい不満はあるけど、全体的には青春群像劇として、よくできてたね。

 三谷氏の脚本というとあまり場面転換がないという固定観念をもっているんだけど、今回は、意外とそうじゃなかった(笑)。
 配役も、近藤(香取慎吾さん)以外は、俺の持っていたイメージに近い人ばかりだったので、感情移入できたのかも。
 捨助(中村獅童さん)については賛否両論あるみたいだけど、俺としては、グッジョブ!だよ。史実であやふやな部分について、捨助が動いてたってな感じになってたけど、ドラマとしてのつじつま合わせとしては、こういう役が必要だろう。俺の大好きな小説「竜馬がゆく」における寝待の藤兵衛みたいなもんで。
(それにしても、獅童さんは巧いよね)

 最後に。
 通勤マンガーZさんが、登場人物BEST5を書いていたので、俺も真似をしてみる(笑)。

 1位 永倉新八(山口智充)
 2位 坂本龍馬(江口洋介)
 3位 土方歳三(山本耕史)
 4位 山南敬助(堺雅人)
 5位 佐々木只三郎(伊原剛志)

 次点では、佐久間象山(石坂浩二)、徳川慶喜(今井朋彦)、勝海舟(野田秀樹)。
 それと、ちょい役の榎本武揚(草彅[なぎ]剛)、武市半平太(デビット伊東)に特別賞。これ、気付かなかった人も多少はいたんじゃないかな(笑)。


“新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX” ()


“新選組 ! 完全版 第弐集 DVD-BOX” ()