カイレポ2の感想

 劇場版の、いわゆる「新訳Zガンダム」のサイドストーリーの完結編。

機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー カイ・シデンのレポートより (2)
機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー カイ・シデンのレポートより (2) 富野 由悠季 ことぶき つかさ

角川書店 2007-01-26
売り上げランキング : 759
おすすめ平均star

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 この巻は、いくつかの悩みを抱えている(引きずっている)カイがミライに会いに来た所から始まる。
 そして、解決の糸口を見つけたというか、踏ん切りをつける。
 ラストは、映画と同様、セイラと会って、まぁ、それについて補足みたいな感じで完結するわけだが。

「新訳Z」に添っているので、シャアのダカール演説とかディジェとか、アニメ本編でバッサリカットされた部分を、うまいこと補完している。それは「カットされた部分はTV版で補完」という安易な事ではなく、かといって大胆すぎるアレンジでもなく、まさに「新訳Z」らしい解釈がなされていた。
 もちろん、このコミックの主役はカイであるので、それらにカイが絡んでいく訳だが、なんか、違和感なさすぎなんだよね。大袈裟かもしれないけど「劇場版Zにこういうシーンがあったなぁ」と一瞬思い込んでしまうくらい違和感がない。言葉を変えれば、説得力がある新解釈なんだよね。

 カバーの装丁。レイアウトは1巻と同じなんだけど、そのカバーイラスト、1巻のカイは厳しい表情なんだけども、2巻のカイは、微かに微笑んでいる。これは、とりあえずグリプス戦役が終結し、カイの中の戦争もひとまず決着がついたということを表現しているのだろう。

 でも、「ジオンを徹底的に叩く」彼の仕事は、まだ終わっていない。

 MS戦闘シーンが全く描かれないガンダム漫画。しかし、カイ・シデンの魅力で、熱い物語が展開される。傑作だよな!

 ぜひ、続編を描いてほしいなぁ。もし続いたら、きっと「逆シャア」に繋がるんだろうな(笑)。

 カイ・シデン、もはや軟弱者じゃないぜ! 素敵過ぎる!

アクセス解析概要(2005.06)

 毎月恒例、XREA AccessAnalyzerによる6月のアクセス解析概要。

 訪問者数は、ヒット数:5458(先月8129)、ユニーク数:2246(先月5036)。
 2005.12.24の解析開始以来では、ヒット数:38442、ユニーク数:19785。

 サイト移転に伴うURL変更とGoogleの仕様変更が重なったせいだと思うが、アクセス数が激減。
 FC2に引越ししてきた当初なみだ(笑)。まぁ、回復してきたので、いいけど。

 検索単語の結果。上位30位。

 1位 アッシマー 35
 2位 リナザウ 28
 3位 不明 22
 4位 ザウルス 15
 5位 無線LAN 15
 6位 仮面ライダー 15
 7位 スーツ 14
 8位 スコープドッグ 13
 9位 zaurus 13
 10位 ガンダム 13
 11位 GW-CF11X 12
 12位 シロッコ 12
 13位 sl-c1000 12
 14位 ゼータプラス 11
 15位 HGUCアッシマー 11
 16位 定額証紙 10
 17位 イラスト 10
 18位 ebt 10
 19位 HGUC 9
 20位 声優 9
 21位 mac 8
 22位 設定 8
 23位 南極条約 8
 24位 カスタマイズ 7
 25位 PEGA-WL100 7
 26位 秋葉原 7
 27位 SL-C3000 6
 28位 ザンキ 6
 29位 SL-C1000 6
 30位 笑金 6

 アクセス数に比例して、検索ヒットも激減。
 しかも、面白みのない結果。

 あ、他に「それでも男ですが、軟弱者!」が4件、「くろおびさんが大喜び」が3件あった。

 以上。

それでも男ですか!?軟弱者!

 パンツ(トランクス)やTシャツ等の、いわゆる下着。
 こいつらの内側についているタグが苦手だ。
 肌にこすれてチクチクする!
 特に、パンツのゴム部分にあるやつと、Tシャツの襟部分にあるやつ。まぁ、ほとんどはそこについている訳だが。
 我慢できない物は、即刻はがしてしまう。
 懲りずにタグが内側に付けられ続けているということは、多くの人々は平気なんだろうな。
 本当、軟弱者かもね。