健康診断結果

 10月末に職場で実施された定期健康診断の結果通知書が届いた。
 俺のだけなんだか付録がついてきて、課内で注目を浴びる。ちょっとしたヒーローだ。

 所見欄には、

中性脂肪が高値
γGTPが高値で肝機能障害

 と記載されているが、γGTPのグラフが枠外の高値なのは毎年の事だ(笑)。しかし、今年は、さらに。

十二指腸潰瘍跡(胃部X線写真参照)

 うーむ。「跡」ってことは、知らぬ間に治ってしまったってことか? 確かに最近、胃がかなり痛む自覚症状はあった。

 まぁ、再検査はなしなので、よかった!

作るかい?

 出荷日早々に、仕事が忙しいにもかかわらず残業1時間で退社し買っておいた、HGUCサザビー(1/144サザビーHG)。
 それをパチ組みしてみた。

HGUCサザビー
 プロポーションや色分けもさることながら、何この組みやすさ!
 巧妙なパーツ割りで合わせ目消しの必要が不要。さらに、ほとんどのゲート切断跡は組み立て後には目立たない部分にある。それでもいくつかある目立つ部分のゲート跡も、広い凸面にあるので、ヤスリ掛けも簡単(コスト削減のためか、最近のガンプラはランナーやゲートが細くなってるから、なおさら簡単かと)。
 各ブロック、組み立て後に取り外し可能で、いわゆる「後ハメ可」。当然スナップフィットキットなのだが、接合ピンをカットしなくても、絶妙な接合強度で、数回の分解・再組立をおこなっても問題なさそう。そもそも、(通常はピンを切り飛ばし)何度も分解・再組立をやるような人は最終的には接着処理をするのだろうから関係ないかもしれないけど、接合ピンのカットと、それに伴う仮組み時のマスキングテープ固定っていう工程が不要ってのは、かなり楽。

 スカート先端のスラスターが一体成形で黄色になってないとか文句いう人がいるかもしれないけど、そんなの、ガンダムマーカーでちょちょいと塗ればいいじゃんね。贅沢だよ。旧キットを体験してから言え! って思うね(笑)。

 ってことで、このHGUCサザビー。ガンプラ入門用キットとしてもお薦めできる、素晴らしい製品だと思う。

HGUC 1/144 サザビー HGUC 1/144 サザビー

バンダイ 2008-06-28
売り上げランキング : 110
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

MGザク[Ver.2.0]製作(7)

 MGザクVer2.0製作レポート。

MGザクver.2.0
 昨日の記事でも触れたが、素組表面処理に、メラミンスポンジを使ってみた。
 百均で買ってきたでかいヤツを、太さ約5ミリに切り出してみた。この太さに大きな根拠はない。切るのに使ったオルファのカッターで、刃を1メモリ分出して気ったらこうなっただけ。ちなみに「オルファ」の由来は「折る刃」なんだよ。
 閑話休題。
 あと写真に写ってる布は、着古して廃棄処分にしたTシャツの切れ端。これでパーツ水洗い後のふき取りとか、コンパウンド磨きとかしている。模型用クロスなんて買う必要なし。

 俺はいつも、ペーパー掛けは、400番→800番→1200番→1500番の順番で掛けて最後に水洗いしてからスミ入れで完成させるんだけど、今日は最後の1500番の代わりにメラミンスポンジを使った。

 サンドペーパーよりも細かい部分も施せるので良いね。
 試しに800番をかけた後(跡)はメラミンスポンジでは消せなかった。これは少佐さんからいただいたコメントの通りだね。
 なんとなくの印象だけど、メラミンスポンジは、目数でいったら2000番くらいかもしれない。あくまでも「無塗装仕上げ時の簡易ツヤ消し処理」のためであり、この前段で最低でも1000番をかけておく必要はあるし、もちろんメラミンスポンジではヒケやパーティングラインの解消はできない。

 ただ、簡易とはいえ、簡単にすげー綺麗になる。600番→1000番→メラミンスポンジという工程でもいいかもしれない。そうすればコストは半減だし(笑)。

MGザクver.2.0
 ってことで、表面処理とスミ入れまで終わり。

 俺、スプレーは大嫌いなので、この手軽にツヤ消し仕上げが味わえるメラミンスポンジ工法は気に入った!

えー? 表面処理に!?

 ガンプラ秘密工場(仮):無塗装の場合の表面処理は…

 いつも、手軽に格好良くガンプラを作って楽しんでおられるのが伝わってくるサイトだ。
 その中で、意表をつく記述が。

 ブログを始めてからは、少しでも見栄えを良くしようと試行錯誤を続けているのですが、「パーツの切り出し→ゲート跡をデザインナイフで処理→パーツ表面に耐水ペーパーを掛ける→メラミンスポンジで仕上げ→マーカーでスミ入れ→組み立て」というのが最近のスタンダードになりつつあります。本来ならこの後にトップコートで表面を保護したいのですが、現在は缶スプレーが使用不可能になっていますので…(汗)。

 メラミンスポンジって、「激○ちキング」みたいな、アレか?
 この類いのは百均でも売ってるから、安上がりかもしれないね。1000番以上の目の細かいサンドペーパーは、消耗が激しいから、最終工程をメラミンスポンジに替えると、少しはコスト削減になるかな。

 俺は無塗装素組派なので、とても参考になった。

MGザク[Ver.2.0]製作(4)

 MGザクVer2.0製作レポート。

MGザクver.2.0
 頭部フレーム、マニピュレータ、動力パイプを組立てる。

続きを読む

MGザク[Ver.2.0]製作(2)

 MGザクVer2.0製作2日目。

MGザクver.2.0
 今日は、腰と胸部のフレームを組んだ。

続きを読む

買ってみる価値はありますぜ!

 ハイコンプロ34のギラ・ドーガを購入。
(先週買ったんだけど、Macが不調だったので、記事は保留してた)

 なんとかS字立ちっぽいポーズができるようになったね。うむ。
 シリーズ34個目ともなると、さすがに良く動くし、プロポーションもいい。
20061128-hcmp-ams-119-2.jpg
 劇中の精悍なプロポーションを再現していて、好みだな。
20061128-hcmp-ams-119-3.jpg
 ハイコンプロといえど、ガンプラの一種。歴としたイジェクションキット(組立ては武器類だけだが)。
 個体差なのかもしれないけど、俺が買ったのは、ゲート跡がやたら目立つ。初心者が素組したガンプラみたいで、ゲート処理せずランナーから一気にパーツ接近をもぎ取ったかのような醜いゲート跡も2ヶ所あった。
 ちゃと組立ててくれよな、「ハイ・コンプリート・モデル・プログレッシブ」なんだからさ。

 でも、相対的には良い商品。70点というところかな。ゲート跡を自分で修正する覚悟があるなら、オススメできる。

HCM-Pro34 ギラ・ドーガ HCM-Pro34 ギラ・ドーガ

バンダイ 2006-11-25
売り上げランキング : 157
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

HGUCアッシマー制作経過

 HGUCアッシマーの素組と表面処理が完了。
 劇中のイメージよりスリムな印象だが、素早い変形による飛行・奇襲用の可変MSという雰囲気はアップしているので、これはこれでいいんじゃないかな。
 っていうか、このナイスなプロポーションから差し替え無しで飛行形態へ完全変形するってのは、実際に手に取ってみると、感動物だ。
 1/144のガンプラで完全変形アッシマーがリリースされるなんてのはファンの悲願だったからね。
 ディスプレイスタンドも付属するので、様々なポージングが可能。
 ひとつ気になったのは、肩をボディに取り付けるポリキャップが若干緩いという点。
 ライフルを持たせた右腕を肩から水平に上げると、30秒程度しか保持できず、30度くらいまで下がってしまう。ボディ側の軸に微量の木工用ボンドを付けてから接続してみた。
 この緩みは個体差の範囲内かもしれないけど、右腕はよく動かす部位なので、残念だ。
 しかし、まぁ、総体的には素晴らしいキットだ。
 明日以降、ガンダムマーカーでゲート跡等のリタッチとポイント塗装、墨入れをして、完成。
 おまけ写真。「劇場版・星を継ぐ者」での活躍シーン風のアングルで撮ってみた。
 気分はブラン・ブルターク。

B0009WFSZ6 HGUC 1/144 アッシマー

バンダイ
売り上げランキング : 14
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Tag(s) [ガンダム]

卑弥呼の200年前の近畿にも王がいた

 紀元前1世紀の近畿に王権か・大阪の遺跡に大型建物群(NIKKEI NET 2004.11.09)

 数日前のニュースだけど。
 弥生時代、邪馬台国の卑弥呼より約200年も前に、近畿に権力者がいたらしいって。
 発掘が進む大阪・池上曽根遺跡で、整然と並ぶ大型の倉庫群跡とみられる柱穴がみつかり、支配者の特別区画(政務、宗教、収税などの権力機関)と推定。
 卑弥呼以前にも日本には小国は存在していて、まぁ、それらを統一したのが邪馬台国=卑弥呼と考えられているので、まぁ卑弥呼以前に権力者がいてもおかしくはないんだけど、紀元前っていうと、まだ現在の九州地方あたりにしか「国」らしきものは存在せず、協同農耕生活をしている集落ばかりと思われていたでしょ。
 近畿地方ってのが、ポイントだね。
 やるな、大阪!

 いずれにしても、弥生時代に関する歴史の大幅な見直しがされそうで、楽しみ。

いかせんべい


 おみやげに頂いた、青森名物「いかせんべい」。
 南部煎餅にさきいかがまぶしてあるんだけど、微妙な味。
 いや、微妙じゃないな。南部煎餅とさきいかを一緒に食ったような味。つまり、そのまま。
「お父さんのおつまみにもどうぞ」ってあったけど、俺はパス!
 南部煎餅とさきいかは、別々に食いたい。

 ちなみに、この「オーケー製菓」ってメーカー。webサイトを検索してみたら、あちこちにリンク跡はあるものの、どれも切れてる。
 公式サイトも発見できなかった。閉鎖されたのかな。