今度こそわりと本気のウクレレ

「所有歴」は二十数年になるウクレレ。
 数年に一度弾いてはみるが、すぐ飽きて何日かでまた放置、の繰り返しだったので、まったく上達せず。
 しかし、今回はちょっと長続きしている(笑)
 昨年9月に、家の中で探し物のついでに、久々にウクレレを取り出してみた。ちょうどその頃に、某友達がウクレレを始めたと聞き、
「おぉ? ウクレレ所有歴20年の俺としては負けらんねぇな!」
 と、妙な対抗心を抱き、これまで以上に本気で取り組んでいる今日この頃、みなさま、明けましておめでとうございます。

 しかし、ろくにメンテナンスもせずに放置していたものだから、(そもそも安物だし)ネックが反ってしまっているようで、どうしてもチューニングが合わない。頑張ってチューニングして弾いてはみるが、いわゆるフレット音痴でどうしようもなくて、新しいウクレレを買ってしまった。
 またすぐに飽きるかもしれないので、高いのはやめて、入門者用にも評判がよい、ARIA AU-1というやつを購入。
 最近は安価なのでもギアペグが主流なんだね。

 今回は結構長く続いている。
 ほぼ毎日弾いて、そろそろ4ヶ月になるので、弦を交換したいなと思い、気になっていたAquila<アクィーラ>のREDをチョイス。ARIA AU-1は、購入当初もアクィーラのナイルガット弦が張ってあり、故に評判もいいのだが、今回は、どうせならと赤い弦を選択した。
 従来のナイルガット素材に銅の粉末を添加して高密度にした製品とのこと。そんな能書きはよく解らないのだが、赤だろ、赤。

 実物は、真っ赤ではなく、ちょっと茶色っぽい。が、うちの事務所のイメージカラーである臙脂色にも似ていて、これはこれで気に入った。
 元に張ってあった普通の同社の白いフロロカーボン弦と変わらないしなやかな弾きごこちだが、若干まろやかな音色という気がする。


 ウクレレ本体もちょっと赤みを帯びているので弦が目立たないが、まあ、それを含めた全体感としては、大満足だ。

 ウクレレは、簡単でめちゃくちゃ楽しいので、みなさんやりましょう!


【新仕様】【純正チューナー付3点セット】ARIA/アリア AU-1 ソプラノ・ウクレレ/ギヤペグ仕様


Aquila アクィーラ ソプラノウクレレ用弦 60センチメートル AQR-SR 83U


iPhone4S バンパーを新調した。

バンパー
 愛用していたiPhone用バンパーが、落下させた時に受けたダメージの部分からラバーがはがれてきて、ゴムボンドで補修しようとしたらボンドで溶けてしまい、どうしようもなくなったので、また同じのを買った。
バンパー
 一応最初に述べておくと、ご覧のようにプラ部分が赤、ラバー部分が黒という配色で、純正品ではない(笑)。できればアップル純正品のバンパーを使いたいのだが、気に入る色がないので、アマゾンで見つけたこの赤い製品を購入している次第。
 これ、安いんだよね。USB Dockケーブルと液晶保護フィルムがついて、送料無料の1180円(笑)。まぁ、前回購入したのが6月、5ヶ月ちょっとで壊れた訳だが、落として痛めなければもっと使えたと思うんだよね。納得して使う分には悪くはない。まぁ、オススメというにはアレがアレなので(笑)、リンクを張るのはやめておくが。

 ってことで、同じ商品を注文したのだが、よく見ると少し改良されていた。
 バンパーの内側。中央のプラ部分の見えがかりは、前回品は約4.5ミリ、今回品は約3ミリ。これは、プラとラバーの重なり幅が増した事を意味する。つまり接着強度が向上したのかもと期待できる。
バンパー
バンパー
 写真では解りにくいが、色が少し明るくなった。
バンパー
 左が前回品、右が今回品。

 スリープボタン、音量ボタンは、それぞれ質感が僅かに向上したように思える。ただし、クリック感は若干悪くなった。前回品は問題なく快適だったのに今回品は少し力を入れないと音量ボタンが操作できない事があった。
 このバンパーはiPhone 4 用なので、過日の記事のように今回も4Sに会うようにミュートボタン用穴を広げる加工をしなければならない。
バンパー
 そのついでに、バンパーの音量ボタンの内側にコピー用紙1枚を紙用両面テープで貼ってみた。そうしたら、適度なクリック感で前回品と同様の操作になった。まさに「紙一重の差」だった訳だ(笑)。
バンパー
 俺はガンプラを趣味のひとつとしているし、細かい工作や修理加工なんかも好きなので、まったく苦にならないが、こういった簡単な加工を伴う事を承知していれば、コストパフォーマンスは決して悪くない製品だと思う。


娘からプレゼント

誕生日プレゼント
 娘から、誕生日プレゼントをもらったよ(^^)
 ネクタイ2本など。父の趣味を良く知っているナイスな選択ではあるが、さすがにピンクの方は通勤では使いづらいかな(笑)。明後日の仕事始めの日には着けて行こうか。

 ありがとう。


iPhone OS 3.0 メモの同期

 物書き趣味&メモ魔な俺としては、メモの同期も嬉しい新機能だ。
 iPhoneの「メモ」と、Macでは、Mail.app のメモと同期される。プレーンテキストではなくxmlファイルやmboxやらになってしまう訳だが、Spotlightで検索できるし、簡単にテキストで書出しもできるので、悪くない。

 今まで、メモはToFu Editorに入力していたけど、標準のメモの方が軽いし、iPhoneにもSpotlight検索が新規搭載され、その検索に掛かるようになったし。
 ToFuは、日記と長文専用にしよう。


日本語の作文技術

 仕事帰りに立ち寄った本屋で、懐かしい本が目に入ったので、買ってしまった。
 懐かしい恩師にばったりと再会したような気分だ。

 もう20年くらい前に何気なく購入して、これを読んでから、物書き趣味が加速した。
 買ってからの数年間は、いつもカバンの中に入れて持ち歩いてたなぁ。俺にとっては、まさに「教科書」だった。その割には作文技術は一向に上達してないけどな(笑)。
 いつの間にかどこかへ無くしてしまった。決して粗末に扱っていたわけではないのだけど。
 まだ売ってるんだね。奥付を見たら、刊行1982年1月。今回買ったのは2008年7月の第38刷。

 実は、この出版社(と母体の新聞社)も著者もあまり好きではないけども(笑)、この本はいい。
 もう一度読み返して、作文技術をしっかりと勉強しなおそうかな。もう歳なので、どれだけ頭に入るかが心配だが(笑)。


映画「ヤッターマン」を観た

 実写版ヤッターマンを観て来た。(公式サイトはこちら
 大まかに言うと、前半は原作に忠実に、後半はオリジナルストーリーが濃くなるような流れで、途中で違和感を感じるが、嫌味はないかな。
 櫻井翔さんのヤッターマン1号と、生瀬勝久さんのボヤッキーは、前評判通り原作そっくりで良かったが、深田恭子さんのドロンジョも意外と頑張ってたな。あの甲高い喋り方なんか、よく再現してた。勉強してきたなというのは伝わってきた(ただ、やっぱりドロンジョのプロポーションではなかった(笑))。
 軽い下ネタが満載だが、子供と一緒に観ても問題なし。三池崇史監督の趣味炸裂という感じの、オバカ映画だが、こういうのは好きだ。
 ただ、「実写版」というよりは、「CGアニメ」だよ、これ(笑)。面白かったのでいいけど。

 あ、今回のオリジナルキャラクター・海江田翔子役の岡本杏里さん。俺の好みだわ。今後要チェックだな。


始まりはラムしゃぶ

 思えば、2004年に始めたブログでのつながりで北の青き巨星ことすしバーさんと知り合い、ワカパイの話題に食いつき、北海道では生ラム肉でしゃぶしゃぶが食えるという魅力に我慢できなくなり、その年の夏休み家族旅行で釧路を訪問して以来、1年おきに北海道に行っている。そう、今年も夏休みは北海道に決めた。お手軽に札幌拠点だけど、すしバーさんが釧路からわざわざ会いにきてくれる予定。
 それと、毎年東京で開催している新年会には、すしバーさんが来てくれる。これも毎年好例になりつつあるね。
 なんだか、すげーなぁと改めて思う。ブログをやっていなかったら、まず出会えなかった連中。ブログを行き来しているので、ある意味では趣味が共通している部分が多いから、実際に会っても、すぐに意気投合する。
 閑話休題。
 また、今年も、北海道に行ってくる。


検索ヒットなど(2006.09)

 毎月恒例、XREA AccessAnalyzerによる当ブログの9月検索ヒット概要。

 月間アクセス数
 ヒット回数:8801 (先月比 -478)
 ユニーク数:5202 (先月比 +61)

続きを読む


MG ガンダムMk-II Ver.2.0 製作(5)

 全身ペーパー掛けとポイント塗装&墨入れを施し、MG ガンダムMk-II Ver.2.0、完成!

 未塗装の素組だけどな。おっさんガンプラーがMG相手となると、これでいいのだ。
 趣味なんて、まずは「完成した!」という達成感だよ(笑)。

 完成記念に、劇場版での、不慣れなカミーユのアーガマ着艦シーンを再現。
 こいつ、動くぞ!

 外装は着脱可能なので、塗装仕上げ派の方も作業が楽だと思う。
 Mk-IIに対するイメージは人それぞれだから、どこか気に入らなくて改修したい人は、それを施せばいい。それは、どんなガンプラだろうが同じだろうしね。

 自分のスキルに合った作り方で、多くの人が満足できる仕上がりになる、素晴らしいキットと断言する。

Tag(s) [ガンダム]


昨夜の夢

 昨夜見た夢は、なんか訳わからんけど、目覚めた後も強烈に覚えている。

 散歩をしていると、路地で模型店を発見。
 店内には、一点ものもしくは少数生産のガレージキットが展示販売されている。
「失礼ですが、この界隈でこの商品……商売になってますか?」
 俺が、店員に尋ねると、
「ぼちぼちでんな。まぁ、趣味みたいなもんやし」
 顔を上げた人物は、宮脇専務だった。
「奥には、あんたのもっと好きなもんがありまっせ」
 案内された奥の部屋は、建築関係の専門書が充実している本屋になっていた。
 少し立ち読みしていると、さらにまだ部屋があるようだ。なんか襖が見える。
 襖を少し空けて見ると、和室の大広間になっていて、一番奥で、殿様が酒を飲んでいた。その背の壁には、巨大な鯨の絵。
「おまえには、やらん!」
 殿様に一喝されて、あわてて襖を閉めた。

 ここで目が覚めた。

 模型、建築専門書、酒。俺の好きな物が網羅されてるし、最後は酒をもらえず終わりか。
 一応、「ぐっちゃんの夢占い」で占ってみた。

あなたの夢は、自分の心を相手に理解して欲しいと思っていることを意味しています。もう少し自分を素直に出すように心がけてください。そうすれば、物事は解決の方向に向かうはずです。また、あなたの精神的な負担も軽減します。意地は張らないようにしましょう。

 はぁ。そうですか。
 別にそういう意地は張らない性格なんだが。頑固者ではあるけど。

 まぁ、占い結果でお茶を濁す訳じゃなく、実は、この記事を書くために夢の内容を整理していて、気付いた。

 模型店=海洋堂。
 書店=南洋堂。
 殿様=山内容堂。

 すげー。「ようどう」つながりだった!
 無意識のうちにそれが心に残り、起きた後しばらく経っても鮮明に覚えていたのかも。