Adobe CC の年間契約を更新。今年は半額以下で。

 2年前からAdobe CC コンプリートプランを年間払いで契約している。
 全てのAdobe製品が2台にインストールして使えるので確かに安いが、PhotoshopとAcrobat、たまにIllustratorを使う程度の極零細個人事業主としては、それで年間6万超は、やはり絶対的な価格としては高価だ。以前はPhotoshop Elementsを使っていたくらいだし(笑)
 と、更新時期である8月は毎年ちょっとだけ悩むわけだが、結局はコンクリートプランを更新している。仕事で使うので、あまり変な事(笑)もできないしね。

 さて、今年はどうしたものかと、一応またちょっとは考えてみた。で、結論からいうと、投稿タイトルの通りだが、今年は半額以下で契約たよ、という話。

続きを読む


二次試験へ

 国家試験……ってぼやかして書いていたけど、もういいか。いちいちぼやかすのも面倒くさくなってきた(笑)。
 えっと、二級建築士の試験を受けている。二級建築士って都道府県知事の免許なんだけど、国家資格なんだよね。
 俺の最終学歴は工業高校建築科卒なので、実務経験がどんなにあろうとも、直に一級建築士を受験できない。(´・ω・`)。

 閑話休題。
 昨年、6年ぶり3回目の受験で木っ端みじんになったので、それを省みて今年は自分自身を追い込んで勉強してる。
 昨年の11月からだから、半年以上だよ。
 で、先日の学科試験には合格しそう(資格学校の独自解答による自己チェック)なので二次試験である設計製図試験のための講座に突入したわけだが。

 講座は日曜日に開講なんだけど、その前に、課題解答例をトレース(見本をみて、模写する事)してこいとの宿題をもらった。
 昨日は、しまってあった平行定規を出してきたり製図用具のメンテをしたりしただけにして、今日、本腰を入れて製図の練習(宿題)を始めた。

 今日は「1階平面図兼配置図」を書いた。
 作図時間は、1時間45分。
110706_zumen.jpg

 設計製図の本試験は4時間半。もちろん平面図だけじゃないし、課題に沿ったエスキスも、その制限時間内にやらなきゃならない。
 1階平面図は1時間弱で書かないとダメらしい。うひー。

 本試験までの2ヶ月程度の間の講義で「かならず描けるようにする」と、資格学校はいっている。それを信じて頑張るしかないね。
 建築を生業としている者のたしなみとして、この資格は取得したい。


講義が始まった

 先週16日から、国家試験受験講座の本講座が始まった。先週はオリエンテーションだったので、実質的な講義開始は今日。
 このブログで何度も書いているかもしれないけど、去年は同じ資格学校の独学支援コースを受講したので、数回の模擬テスト以外は自宅学習のみで、課題提出もなかった。
 ってことで、自分の気持ちとの闘い以外は楽だった去年と比べて、毎週通学するってのは——先行して年末に予備講座(これも通学)を半分くらい受けてみたのも含めて——、早くもヒーヒー言ってる(笑)。
 しかし、あたり前だけど、やはり先生から直に講義を受けると理解度は格段にアップするね。
 資格学校という特性もあり、演習問題で間違えたものは講義終了後に復習して、解るまで帰れない。いやまぁ、提出すべきものさえ終われば帰ってもいいんだけど、普通のいわゆる高校・大学や専門学校などと違い、資格取得の勉強のために安くない受講料を払って参加しているので、テキトーにする人はいない。資格学校としても、試験合格者数の実績を出したいだろうし、受講生の尻と叩く(笑)。
 閑話休題。講義を受けて、解らない所を先生に質問して、場合によっては居残り学習もやって……って流れが、高校以来久々の環境なので、きついながらもなんだか楽しい。
 宿題はもちろん、予習復習なんかも、俺らしくなく(笑)結構真面目にやっている(去年はあまりやらなかったから、その反省もある)。独学コースと違い、日々の学習予定と実施を記録して、毎週の講義の日に提出するという「管理」がされているからってのもあるのだろうけど、意外と苦にならず続けられそうだ。元々記録やメモはしまくる性格だしね(笑)。
 ともかく、当面は「目標」があり、それに向けての学習をしているので、それを軸に充実した日々を送っている。


受験生ブルース

 受験するのは学校ではなく国家試験なんだけど(笑)。

 明日は、久し振りに資格学校の講義に行く。11月の超初級向け講座は(当初からの予定で)欠席したが、今月の準備講座はなるべく出席したいと思う。色々と誘惑が多い時期だけどね(笑)。
 昨夜、学校の教務担当者さんから電話があり「先週の(俺が欠席した)講義で配布した予習ワークブックを至急(自宅に)送るので、余裕があればやって明日提出するように」と言われた(´・ω・`)。
 まぁ、そんなに難しい問題でもないし、テキストを見ながら理解度をあげるのが目的だからいいんだけどね。

 ってことで、日曜の朝早起きが、しばらく続くの巻。


書家・俵越山さん

 元タレント、書家で再出発 城陽で2月、子ども向け講座 (2008.01.05 京都新聞)

 越前屋俵太さん、確かにヘンテコな字を書くネタで一時期ブレイク寸前だったが、21世紀になって突然消えたと思ったら、書家として活躍してたのか。

かつてタレント越前屋俵太として活躍した京都出身の書家・俵越山さん(46)が、今年から「書」を通じて子どもたちの感性を伸ばす教育活動を始める。書家としての再出発の地に思春期を過ごした京都府城陽市を選び、自らの経験を基に思いのままを書で表現する小中学生向けの講座を2月3日に催す。

 安易に「書ブーム」に便乗しての売名行為ではない事を期待しているよ。


ガンプラDVDカタログ

 特別限定特典DVDガンプラカタログ付のキットが発売された。
 特典DVDは2種類あり、「ジオン公国編」が付属するのは、シャア専用ザク、グフ、ドム、シャア専用ズゴックの4つ。「地球連邦編」が付属するのは、ガンダム、ガンキャノン、ガンタンク、ジムの4つ。全て、既に発売されているHGUCキットで、通常品とは箱のカラーが違う。キットそのものはまったく同じ(だと思う)。

 一応持っていないキットであるシャアザクとジムを購入。ガンタンクも持ってないんだけど、ジムの方が安いから(笑)。
20061201-HGUC_with_DVD-2.jpg
 パッケージにはこんなマークがついている。まぁ箱の色が通常品とはまったく違うので、区別は容易だけど。
20061201-HGUC_with_DVD-3.jpg
 箱を空けると、底に紙スリーブに収められたDVDが両面テープで貼り付けられている。雑誌付録DVD/CDみたいな感じで。

 DVDの内容は、その名の通り、HGUCの映像カタログ。前述の8キットは、特別カタログとして、1980年代の旧キットとの比較もされている。
 それと、川口名人のガンプラ講座。講座といっても、極初級の素組説明だが、川口名人自らのご指導をいただけるというだけで、価値がある(笑)。

 コレクターズアイテムとして、購入すべし。

HGUC 1/144 MSー06S ザク2 DVDカタログ付き HGUC 1/144 MSー06S ザク2 DVDカタログ付き

バンダイ 2006-11-30
売り上げランキング : 469

Amazonで詳しく見る by G-Tools

HGUC 1/144 シャア専用ズゴック DVDカタログ付き HGUC 1/144 シャア専用ズゴック DVDカタログ付き

バンダイ 2006-11-30
売り上げランキング : 2036
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

HGUC 1/144 MS-07B グフ DVDカタログ付き HGUC 1/144 MS-07B グフ DVDカタログ付き

バンダイ 2006-11-30
売り上げランキング : 976

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1/144 HGUC MS-09 ドム/MS-09R リック・ドム DVDカタログ付き 1/144 HGUC MS-09 ドム/MS-09R リック・ドム DVDカタログ付き

バンダイ 2006-11-30
売り上げランキング : 3595

Amazonで詳しく見る by G-Tools

HGUC 1/144 RX-78-2 ガンダム DVDカタログ付き HGUC 1/144 RX-78-2 ガンダム DVDカタログ付き

バンダイ 2006-11-30
売り上げランキング : 322

Amazonで詳しく見る by G-Tools

HGUC 1/144 RX-77 ガンキャノン DVDカタログ付き HGUC 1/144 RX-77 ガンキャノン DVDカタログ付き

バンダイ 2006-11-30
売り上げランキング : 3923

Amazonで詳しく見る by G-Tools

HGUC 1/144 RX-75 ガンタンク DVDカタログ付き HGUC 1/144 RX-75 ガンタンク DVDカタログ付き

バンダイ 2006-11-30
売り上げランキング : 2825

Amazonで詳しく見る by G-Tools

HGUC 1/144 RGM-79 ジム DVDカタログ付き HGUC 1/144 RGM-79 ジム DVDカタログ付き

バンダイ 2006-11-30
売り上げランキング : 254

Amazonで詳しく見る by G-Tools


テンプレートを作るのは意外とアナログ作業

 えっと、以下は、テンプレート作成の方法とか入門講座とかではない、ただの雑記であることを念のため申し添えておく。しかも、支離滅裂なひとりごと(笑)。

 俺は、創作を始める時は、ほとんどの場合、まずブレーンストーミングを行う。小説や詩を書こうと思ったら、テキストエディタに思いつく言葉や単語などを列記して、並べ替えたり、繋げたり。紙にメモしたり。
 というか、正確には、日常の何気ないメモ(俺はかなりのメモ魔だ)から小説の断片になったり、さらに文章になったりするのだが。

060111.jpg ブログのテンプレートを作るのもそう。街中でケータイに撮った立体物や記号や看板という広義でのメモを元にしたり、作成テーマに則って、思いつく事を書き出す。
 そして、ある程度方向性が決まったら、方眼紙に大ざっぱにレイアウトし、さらに細部のパーツを作っていく。
 共同作業者がいる場合には、とりあえずドローソフトでレイアウトを作って提示してみたり。

 基本的には試行錯誤の果ての「現地微調整」なんだけど、とにかく、組立てはじめたらその都度、数値化されていないと不安になる。物なら寸法。文章なら分量や段落のバランス。
 Mac上の作業で修正した数値も、方眼紙に転記したりすることもある。
 もしかしたら、俺がいきなりドローソフトを駆使したり、ドット絵を描いていたりというのを想像していた人がいるかもしれないけど、結局、紙とペンで作業している時間が意外と長い。
 やっぱりアナログが落ち着く、っつーか、線を引くのが好き。

 そんな事を考えた四十の夜。


カルチューンが呼び覚まされているのです……50万周期の時を越えて……

 以前、「LDでマクロスを見る」という記事を掲載し、多くの反響をいただいた。
 もちろん、「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますが」が、いまだ色あせない名作アニメだという証だろう。
 で、唐突だが、俺自身がよく言っている事だが、俺は、劇中のゼントラーディ語が好きだ。
 所有している本に掲載されているゼントラーディ語辞典を手入力して掲載しようかと思ったが、一応googleで検索してみた。
 そしたら、やっぱりあった。さらに、ゼントラ語のフォントも発見!

 君ならわかるゼントラーディ語講座

 ゼントラーディ語TTフォント(Mac/Win)

 いやぁ、感動だなぁ。
 この勢いで、Googleの言語ツールにもぜひ、ゼントラーディ語を(笑)。クリンゴン語もあるんだからさぁ。

超時空要塞マクロス 〜愛・おぼえていますか〜
スタジオぬえ 河森正治 長谷有洋 飯島真理

バンダイビジュアル 1999-08-25
売り上げランキング : 1,547
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools