俺とほぼ同じか

 坂本竜馬の身長は169センチ? (2007.11.06 スポニチ)

 幕末の志士、坂本竜馬の身長は1メートル69、武田信玄は1メートル62?肖像画などで人物とともに描かれている着衣や所持品をヒントに、解剖学的に身長を推定する手法を、北里大の平本嘉助講師(解剖学、10月死去)と山梨県甲州市の郷土史研究家、矢崎勝巳さんが5日までに開発した。2人は、ほとんどの和服の襟幅が当時から6センチか6・5センチのいずれかであることに着目。竜馬の全身写真で身長を計算したところ、1メートル56〜1メートル69となった。竜馬はかなり身長が高かったともいわれているが、平本さんが計算した江戸時代の男性の平均1メートル60弱より、やや高い程度だったようだ。

 俺の身長は170センチ。龍馬も、このくらいだったんだね。
 龍馬はかなりの長身だったと言われているが、俺はまぁ、その(170センチ)くらいだったのかなぁと思ってたな。京都の霊山歴史館に展示してある龍馬が着たとされる服を見ても、ちょうど俺に合いそうなサイズだったし。それでも当時としては大きくみえたのだろうと。
 それよりもむしろ驚いたのは、江戸時代の男性の平均身長が160センチ弱という説。意外に大きいな、と思った。
 それだと、当時の龍馬は、ずば抜けた長身というほどじゃなく、ちょっと大きいなって感じで、今でいえば180センチちょっとの人ということかね。確かに並ぶと大きいけども、街中では特に珍しくないと。
 6へぇ。

ネコの日

 たぶん、彼女には、日付なんかどうでもいいのだろう。
 ネコは、大きな変化には敏感で、日々変わりなく平穏に暮らせれば幸せなのだ、というような説を聴いたことがある。もちろん、俺はネコじゃないから、真意はわからない。
にゃあ
 でも、こうやってトレードマークの左腹のハート型のブチを見せて安心して寝ている君を見ると、俺もひとまず安心するよ。
 もう10歳だもんなぁ。

 そんなネコの日。

中村獅童さんの小野田少尉

 フジテレビの終戦60年記念スペシャルドラマ「実録・小野田少尉 遅すぎた帰還」を見た。
 中村獅童さんは、好きな役者なので、という単純な気持ちだけだったんだけどね。
 ドラマ的には楽しめたし、獅童さんの熱演も、心地よかった。

 だが、帰国の時に「天皇陛下バンザイ!」と言った件や、ジャングル潜伏中の部下は地元警察との戦闘の時に不用意に抵抗して射殺されたとか、小野田さんの手記でも書かれている重要事項が曖昧になってたのが、ドラマ放送の限界かな、と感じた。
 実父と不仲だったという説は、まぁ、父役の中村嘉寿男さん(漢字、まちがってるかもしれません)が、一言もセリフがなかったってので表現してたのかな。

 あ!終盤は50歳という役なのに特殊メイクもせずに演じた獅童さんが、なぜか違和感なかったな。たぶんこれは演出意図として狙っての上だろうけどね。

 ラストシーンで、「30年間のジャングル生活で、楽しかった事はありますか?」「なにもありませんね」ってやりとりは、当然の事だけど、小野田さんに言われると、インパクトあるよね。
 経緯や結果はともかくとして、敗戦から30年間もジャングルに潜伏して戦っていた小野田さんに、もしも些細なことでも楽しかった事があったら、すげーやだ。

古い流行

 ドーナツの芯については、色々な説があるようだ。
 かつて、ミスドで子供に「ドーナツの真ん中のくり貫いたのはどうするんだろ」と聞かれた嫁さんは「Dポップにするんじゃないの?」と答えたらしい。
 ってことを先程言ってたが、ナイスな回答だな。

 ところで、ろぷさんも書いてるけど、ミスドのドーナツの名称。覚え切れないよね。俺は、かろうじて「オールドファッション」と「ホームカット」は覚えたが、毎回それを注文するからだ。他のは知らん。
 なんかカウンターの端で飲茶メニューも売っているが、あんなのは言語道断。節操ないぞ!ドーナツで勝負しろよ!
 男はだまってオールドファッションだ!
 いや、どんなのを食おうと、ドーナツのみ千円以上をお持ち帰りしないで食うってのは間違いなく漢だと認めるが。

 結局、何がいいたいのか解らなくなった。
 オチなしで、ごめん。

スーに逢いに行く(国立科学博物館・恐竜博2005)

 昼間のモブログのとおり、開催前から行きたくてしょうがなかった、国立科学博物館(科博)恐竜博2005を、家族で見てきた。
 天気も良かったし、凄く込んでいて入場制限がかかり、チケット購入列に30分、その後入場列に10分並んだ。
 家族連れが多かったけど、客の年代は様々だったね。やっぱり恐竜は人気があるな。
「恐竜から鳥への進化」がテーマ。そのとおり、近年支持されている「恐竜は絶滅したのではなく、鳥へ進化して現代に続いている」という説に沿って、その進化の過程を追うような形で化石や模型が展示されている。
 そして、今年のメイン。世界でもっとも有名な恐竜、ティラノサウルスの「スー」の複製全身骨格。さすがに大きい。1ショットには納まらなかったので、2枚をパノラマ合成。
 数日前まで、てっきり本物が来日するのかと思っていたが、本物はアメリカのフィールド博物館から門外不出らしい。
 でも、複製とはいえ、すごい迫力。これだけの物(の全身の90%以上)が発掘され、フィールド博物館には実在するんだと思うと、感慨深い。
 記念グッズをいろいろと購入。公式カタログと、スーの頭がい骨ピンズ。そしてもちろん、海洋堂製のスーのフィギュア。復元模型と骨格模型。海洋堂は、やっぱりいい仕事してるね。
 その後、常設展示へ。科博は今、本館を改修工事中で、常設展示は新館のみと告知されていたので、物足りないかなと思っていたが、まぁ、以前よりもだいぶ展示物が増えていた(本館にあった物をいくらか移動してきたのだろう)。
 でも、入っていきなり、クジラの腸に住む寄生虫だとか、牛の内蔵だとかの模型があって、気色わるかった(笑)。
 途中で、こんなのもあったので、くろおびさんへ写メールを送る。
 いやぁ、楽しかったな。
 今後、7/3までの科博の後、名古屋・大阪・北九州と巡回するそうなので、機会があったらぜひ見て欲しい。オススメだよぉ。

アムロもゼータプラスに乗っていたらしい

 MSZ-006A1ゼータプラス地上型。
 アムロも、これに乗っていたって? それどころか、ゼータプラスをメインに編成された「カラバ戦術飛行隊」の隊長だったとか。
 いや、実はこのガンプラ(MG)、3年前くらいに作って、ずっと飾ってあったんだけど、組立て説明書の設定資料部分はろくに読まずにしまいこんでいた訳だ。
 久し振りにウェーブライダーに変形させようと思い、説明書を出して、じっくり読んでみたら、上記の設定というか、説が記述されていた。
 きっと、今ではすっかりこれがバンダイサンライズの公式設定なのだろうな。
 しかしね、肩の「A」マーク。これは、A1型を示すものだったんだけど、テストパイロットを買って出たアムロが「気に入った。俺のマークにしてもいいかな?」と言ったとか。相変わらずわがままだな。
 まぁ、一年戦争後7年間も危険人物扱いで軟禁状態だった所から復活したばかりだからね。許してやろう。というか、良く言えば小市民的で、親近感持てるエピソードかも(笑)。

Tag(s) [ガンダム]

新選組! 最終回

 いや、先週の記事で全て言い切ったつもりでいたし、ほとんどそうなんだけど、やっぱり、少し書く。

 近藤の打ち首シーンでいきなり「完」ってのは予想外だった。
 で、その後に主要幹部隊士の末路をさらっと紹介して、フラッシュバックシーン。
 上京時のシーンで「京では何が俺たちを待っているんだろうか」ってセリフ。一番純粋でやる気に満ちていた場面を持ってきて、番組終了。
 面白かったな。

 最終回は、原田も何気なく活躍してたね。そういえば、以前、嫁さんに「戦に負けたら大陸に行って山賊をやる」というシーンがあったので、そっちの説で描くのかと期待していたんだけど、やらなかったな(笑)。
 原田といえば、龍馬暗殺現場に出向いて「こなくそ」と言わせたあたりは、うまい演出だな、と思った。
 いや、何度も書いてるけど、どんどん芝居が上手くなるなぁ、メロリンキュー。

 捨助も、最後には、ズレてはいたけども彼なりに男気を見せたし。
 ぐっさんの永倉は最高だったし。
(最後まで香取近藤については語らない俺(笑))

 総集編は、録画保存しとこ。

 
ねこぱんち!
東京人の東京観光・諸国漫遊記: 新撰組最終回
ブログってなあに?:新撰組、最終回。
巣窟日誌:2004年の大河ドラマ「新選組!」(追加2004.12.14)


“新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX” ()


“新選組 ! 完全版 第弐集 DVD-BOX” ()

びと辞苑「おととい」(こうさぎ)

きのう、尊とか感動しなかったよ。
betweenは、

おととい[一昨日]昨日の前の日。
おとつい。
いっさくじつ。
古語の「ヲチツヒ(遠つ日)」が転じた語との説あり。
「ユウコ2004」第2話「ねぇ、ちょっと、聞いてくれる?」 ユウコは、親友のマキに、昨

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「晋作」が書きました。

びと辞苑「おととい」

おととい[一昨日]
昨日の前の日。おとつい。いっさくじつ。古語の「ヲチツヒ(遠つ日)」が転じた語との説あり。

「ユウコ2004」第2話

「ねぇ、ちょっと、聞いてくれる?」
 ユウコは、親友のマキに、昨日あった出来事を披露した。
 うらみつらみを込めて、訴える。
「その電介ってのが、なんかシンキくさいのよ」
「でもさぁ、本当に、そんなのが出たの? しんじらんなーい」
「う、うーん。私だって、信じたくないわよ。でも、見た物はしょうがない。でも、いきなりだったよ。ばぁーっと地面が割れて、ヤツが飛び出したんだ。寝耳に水って感じ。っきゃぁ!」
 ユウコが、突然しゃがむ。
「どうしたの、ユウコ!?」
 マキが心配そうに、のぞき込む。
「な、なんか……。耳元に、水をかけられた!」
「え? 誰もいないし、私はなにもしてないよ。ユウコ、なんか、疲れてる?」
「あ、マキってば、信用してないな!」
「ごめんね。正直いって、信じてない……。いや、ユウコの事は信じてるけど……今日は、早く帰って、ゆっくりしなよ」
「……うん、そうする。じゃぁね」
 ユウコは、帰宅して、夕食もそこそこに、ベッドに入った。

 翌朝。すがすがしい目覚め……と思いきや。
「おはよう、ユウコ」
「げっ!」
 目の前には、電介が立っていた。
「どうだい、不条理な世界は」
「どうもこうもないわよ! あんたのせいでね……」
「おっと、まぁ、待った待った! 今日はね、私の実力を解ってもらおうと思ってさ。何か、希望を言ってよ」
「うるさい! おとといきやがれ!」
「簡単さ。了解!」

→びと辞宛