二級建築士免許証が届いた

 試験に合格し、12月中旬に登録申請していた二級建築士免許証(免許証明書カード)が、やっと届いた。

 きつかった受験期間を思い出したり、改めて、身の引き締まる思いがする。

 しかし、カードだけじゃなく、従来の紙の賞状タイプ(現在は廃止)も欲しかったなぁ。それと、これ、東京都知事の名前は入ってないんだけど、他府県も指定登録機関だけなの?

トラブルの時は慌てずに

 今朝。上野駅で、いつものように20番線に止まっていた新潟行新幹線に乗った。
 が、様子が変。帰省ラッシュなみの混み方だ。しかも一向に発車しない。
 一旦ホームに降りてみると。これ、7:06発じゃないか。高崎は通過する便だよ! 危なかった!

 そうこうしていると構内アナウンスが。
 上越新幹線・高崎〜上毛高原間で信号機トラブルが発生し、上下線とも運行を見合わせているとのこと。
 で、俺が毎朝乗っている7:14発の新潟行は運休だって。
 運転再開まではもうしばらくかかるが、7:38発高崎行は、通常通り運行するって。まぁ、高崎の先での事故だしな。
 俺は高崎下車なので、これでなんとか問題なし。
 15分程度の遅刻で済みそうだ。

 高崎駅に着いて、職場に状況連絡した後、改札口で遅延証明書をもらう。


 職場について、証明書を提出しようとしたら……え?
 駅長印がないよ。さらに、日付が「18.7.29」になってるけど!?
 明日も遅延しちゃうってのを証明してるのか!!
 高崎駅係員、慌て過ぎ!

 うちの職場は新幹線通勤者がたくさんいるので、この証明書(笑)でも認めてもらえたけどね。みんなこれを提出していたから(笑)。

防止策は?

 JR東日本、障害時のイライラ解消に70億円投資 (2006.07.04 Yahoo!ニュース[社会]) というニュース。

 相次ぐトラブルにも、「原因はそれぞれ異なっていて一概に論じられない」との構えだった同社だが、利用者からの批判を重く見て、対策に本腰を入れる。

 へぇ……。その内容は?
 事故や故障などで列車がトラブルを起こした時に、係員の現場到着までの時間を短くするために待機拠点や人員を増やす。情報入力を行う端末の増設。遅延証明書をHPからも発行できるようにする、等々。
 って、どれも事後対策ばかりじゃん。

 事故防止についての対策も、具体案を示して、早急に進めろ。