箱根に行ってきた

 先日の9月21〜23日で、嫁さんと出かけてきた。本当は今年も北海道釧路とかに行きたかったんだけど、資格学校に金をかけてしまったし、準備期間もあまりなかったので、色々な意味で余裕がなく(笑)、箱根へ。

 台風15号が上陸、日本列島を直撃したその日に出発。午前中はなんとかなったものの、正午前にはさすがに怪しくなってきて、小田原に着いた時には大雨。
 まぁ、その日はそんなに出歩く予定ではなく、昼飯を食ってから宿泊先に行くくらいなので、行程的には問題なかったが、さすがに大雨には参ったね。事前に調べておいた、箱根湯本の老舗そば屋さんにはどうしても行きたくて、大雨の中歩いて行ったよ。確かに旨かった。
 ずぶ濡れになりながら箱根湯本駅に戻り、そこから登山鉄道で強羅へ。台風のため、強羅から先のケーブルカーやロープウェイは運休。宿泊先は中強羅駅の近くにあるのだが、幸い、当初から強羅駅からの送迎車に乗せてもらう事になっていたので、なんとか宿にたどり着けた。
 大変だったけれども、過ぎてしまえば、これはこれで想い出のひとつだな。

 二日目は、台風一過の晴天。手びねり陶芸体験をしたり、無事運行されているケーブルカーとロープウェイに乗って大涌谷や芦ノ湖まで行き、そこから——芦ノ湖の海賊船は運休だったので——バスで強羅方面へ戻りつつ、周遊観光を満喫。

 ここ半年ちょっとの間、毎週日曜に資格学校に通って——土曜日には宿題をやって——いて、自分にも余裕はなかったが、もちろんそれは俺の勝手な都合以外のなにものでもない。嫁さんと出かけることができなかった事をとても申し訳なく思っていた。
 今回の旅行は、8月末に「近場で悪いけど」と急に決めたものだが(もちろん、行程距離=満足度の高さ、ではないのだろうけど)、嫁さんに「今年はどこにも行けないと思っていたから嬉しい」と言ってもらえて、俺も嬉しかった。

 陶芸体験で作った作品は、焼いてもらって2ヶ月後くらいに届くらしい。楽しみだな。
陶芸体験


無事、帰還

「東京よ、私は帰ってきたぁっっ!」ってタイトルは去年使ったしな(笑)。

 高知もやっぱり暑かった。
 天候が良くなくて、あまり多くの観光はできなかったけど、それはパックツアーと違う、フリープランの良い面・悪い面であるので、何もいうまい。
 家族4人が元気で、今年も一緒に旅が出来た。それが一番だ。
 楽しかった!

 旅行記は、近日中に書き上げる。


新選組! 最終回

 いや、先週の記事で全て言い切ったつもりでいたし、ほとんどそうなんだけど、やっぱり、少し書く。

 近藤の打ち首シーンでいきなり「完」ってのは予想外だった。
 で、その後に主要幹部隊士の末路をさらっと紹介して、フラッシュバックシーン。
 上京時のシーンで「京では何が俺たちを待っているんだろうか」ってセリフ。一番純粋でやる気に満ちていた場面を持ってきて、番組終了。
 面白かったな。

 最終回は、原田も何気なく活躍してたね。そういえば、以前、嫁さんに「戦に負けたら大陸に行って山賊をやる」というシーンがあったので、そっちの説で描くのかと期待していたんだけど、やらなかったな(笑)。
 原田といえば、龍馬暗殺現場に出向いて「こなくそ」と言わせたあたりは、うまい演出だな、と思った。
 いや、何度も書いてるけど、どんどん芝居が上手くなるなぁ、メロリンキュー。

 捨助も、最後には、ズレてはいたけども彼なりに男気を見せたし。
 ぐっさんの永倉は最高だったし。
(最後まで香取近藤については語らない俺(笑))

 総集編は、録画保存しとこ。

 
ねこぱんち!
東京人の東京観光・諸国漫遊記: 新撰組最終回
ブログってなあに?:新撰組、最終回。
巣窟日誌:2004年の大河ドラマ「新選組!」(追加2004.12.14)


“新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX” ()


“新選組 ! 完全版 第弐集 DVD-BOX” ()